2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
寝たフリ

みなさんも1度くらい、寝たフリをしたことがあるだろう。



そして、寝たフリをきめこんだはいいが、

本当に眠ってると思われてしまい、

「ウッソでーす♪まだ起きてるもんね~♪」

と言えるタイミングを逸してしまった経験がある人も いるのではないだろうか?






ぜんじーの場合、苦い経験が3度ほど・・・。



まず1つ目は、子どものとき。

多分、小学校中学年の頃。


どうしても読みたいマンガがあって

「寝なさい」と親から言われていた21時を回っても

ぜんじーは、こっそり「ちっちゃい電気」をつけてマンガを読んでいた。


読んでいると、親が、子ども部屋と寝室のある2階へと

階段を上がってくる音がした。


ぜんじーは慌ててマンガを放り出すと、

布団をかぶって眠ったフリをした。

母親が、ぜんじーの部屋のドアを開けたので

ぜんじーはスースーと寝息を立てるマネをして ごまかした。

いつまでも起きていると、注意されるからだ。



ぜんじーが眠っていることを確認してから寝室に入った親が、

小さな声で会話をしているのが聞こえてきた。


その後、何かタンスを開け閉めする音がして、

しばら~くすると、きしむ音が・・・・・・。

ぜんじーは、なぜか起き上がってはいけない、と察し、息を殺していた。

そのまま寝てしまえばいいのに、寝付けず・・・。

ふとんにもぐっていたせいで、汗だくになった。

何十分も経った後で、父親が階下のトイレに入っていった。


・・・後から思えば、あれは父と母が仲むつまじくしていたのであった。


あれが そうか、と気づいたのは、数年経った後のことだが(w)





2つ目は、大学生のとき。

女友達3人と、少し遠方の友人(女)の家に泊まりに行った。

途中で友人の彼氏が遊びにきて

さんざんお酒を飲んで酔っ払い、いつの間にか みんな雑魚寝で眠ってしまった。

そして朝方、ぜんじーは二日酔いで なんとなく目が覚めた。

目が覚めたら、友人と その彼氏がヒソヒソ話す声が聞こえてきた。

友人が、時々小さな声で笑っている。

ぜんじーは、2人に背を向けて眠っていたため、

「おはよ~」

と振り返ろうとして、ぜんじーは瞬間的に空気を読んで、言葉をひっこめた。

なんと、友人と彼氏が、チュッチュ チュッチュと音をたてて

チューをし始めたのだ。

(音だけだが、まさか朝から、パピコを食べているわけではあるまい・・・)

そのまま、2人はゴソゴソ・・・ゴソゴソ・・・。

ぜんじーは、二日酔いのせいか、究極に気分が悪くなってきて

立ち上がってトイレに駆け込みたかったが

ラブラブな2人を邪魔するのも憚られ、何度もすっぱい唾液がこみあげてくるのを

ぐーーーーっとこらえて

寝たフリをするのであった・・・。

なんと友達思いな ぜんじーだろう(w)


2人が落ち着いた後で 起き上がり、トイレにダッシュした ぜんじーであった。





3つ目も、大学時代である。

当時、ぜんじーには 彼氏がいた。


けっこうイケメン で、頭もよく、スポーツも出来たしユーモアがあったが

ぜんじーは ちょうど 彼女に振られた後で

まだまだ別れを引きずっている、そんな状態だった。

そんな状態だったところを 告白されたので

もう女はいいや・・・と思って 付き合った彼だった。


ぜんじーは、彼とのHが正直面倒くさくて

よく眠ったフリをした。


週に1回くらいはガマンして応じていたのだが

2回以上はガマンできず、寝たフリ・・・。


ある日、いつもの(?)ように寝たフリをしていると

彼氏が ぜんじーの お尻を触ってきた。

触られても気づかないふりをして、目を閉じてジッとしていた。


普通、ぜんじーが熟睡していると 滅多なことでは起きないので

彼氏も安心したのだろうか・・・。


次は、ぜんじーの胸に手を入れてきた。

ぜんじーは、寝返りを打って、彼氏に背を向けたのだった。


しばらくしても、彼は諦めず、ぜんじーのお尻をずっと触っていた。

触りながら、なんか音が聞こえてきた。


シコシコシコ・・・・・・

シコシコシコ・・・・・・


あー、来たよ 来た来た、アルデンテ!!

・・・ちゃうちゃう・・・。


ぜんじーは、またまた 途中で起きづらい状況になってしまい、

彼のオ○ニーが終了するまで 眠ったフリをする羽目に・・・。


きっと、本当に愛していたら許せることなんだろうけど

なんだかイヤ~な気分になって、

その記憶が尾を引き、彼とは その後 1ヶ月もせず別れることとなった。



これら3つが、寝たフリぜんじーの 苦い思い出である。



あ・・・4つ目もあったあった。


クリスマスのときに寝たフリをしていたせいで、

中学1年のときに、サンタが父親だと知ったときも、苦い思い出かな(w)



みなさんも 寝たフリにまつわる ネタってありますか?



これぞ、本当の ねたふり(ネタ振り)・・・・。


お後がよろしいようで。



★ぽちっとよろしゅ~★
スポンサーサイト
2008.12.02 (Tue) 00:09


COMMENT
○テケテケ

節度のある友達で良かったね。
本人が留守のまま寝続けてたのかぁ~。
後でちゃんと、ラブホに行ったことを報告する
友達もオープンな人だね。


○チョコクマ丸

彼氏と上司が・・・???
同じベッドで???
・・・ありえないなぁ~~~(驚)
酔っ払ってるとは言え、やりすぎだね。
チョコクマ丸も、大人になったね~(^^)
今のところ、寝たフリ大賞はチョコクマ丸だね。
FROM ぜんじー 2008.12.03. (Wed) 23:25 URL [EDIT]
チョコクマはもっとにがーい記憶があります(・_・、)

昔、付き合っていた彼氏とチョコクマの上司と三人で飲んでいた時の事。

その日はチョコクマが組織の嫌な部分に巻き込まれて周りからみてもちょっとかわいそうな状態だったので、上司が飲みに誘ってくれたの。

彼氏との付き合いは周囲には内緒だったから、上司は私たちの関係を知らないで彼氏を呼んだんだ←彼氏は既婚の医○ね( ̄▽ ̄;)

チョコクマは泥酔して気がついたらお店ではなく上司の部屋のベッドに寝かせられてた。

それでなくても酔ってグルグルまわってるのに、何だかベッドがゆれていて…

薄目を空けて見たら、隣に彼氏と上司もねていて、上司の上に彼氏が…

普段恐い上司なのに、ギャップのある喘ぎ声を聞いて更に吐き気が(;´・`)

浮気性の噂がある彼氏なのに、当時の私は信じられなくて『私には違う。私は本命』みたいに思い込む阿呆な子供だったから、ショックだったけど結果的にはよかったよ

泣きながら寝たフリもきつかったわー(^-^;

長々とおじゃましましたー(^O^)/
FROM チョコクマ 2008.12.02. (Tue) 17:13 URL [EDIT]
良いネタはないんだけど「寝たふり」すると、なぜか布団ごとかぶってしまい、テケテケも窒息してしまいそうになって、サウナ状態になることが多いよ。
みんなで雑魚寝しているときに、友達の彼氏が興奮しはじめて昨日は大変だったんだよとその日の朝、聞かされた。
みんなの前で、始めないでちゃんとそのカップルは、近所のラブホに行ってた。テケテケも友達も熟睡してたので、二人が抜け出したことも知らない(笑) その子の家だったのに・・・・・
ラブホ代、払うべきだったかなぁ(笑)v-8
FROM テケテケ 2008.12.02. (Tue) 13:02 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。