2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
ゆる~い話
ゆる~い話を いくつか ご紹介しよう。




1.「こら~!」


イッチーが、キッチンの換気扇に向かって、右腕を振り上げている。


イッチー:「こら~~!!!


ぜんじー:「(やばい・・・。ぜんじーが換気扇つけっぱなしにしているのを、怒ってるのかな???)」


ぜんじー、慌ててキッチンに行き、換気扇のスイッチをOFFにすると

気をつけ、の姿勢で イッチーの反応をうかがう・・・。


まるで お座り している犬のように。




よく見ると、イッチーの視線は、換気扇ではなく壁の方に向かっていた。




視線の先には、小さな クモ。 くも



イッチー:「こら~~!!勝手にうちに入ってくるな~!!『勝手に家の中に、家を作ろうとしてます~!』って、おまわりさんに連絡しようかな。」


ぜんじー:「スズメバチならともかく、虫くらいで おまわりさんは来てくれないよ。」


イッチー:「じゃあ、クモを赤く塗って、『うちに セ ア カ コ ケ グ モ 、いますぅ~~~っっ!!』って連絡しようかな?」


イッチー:「赤~く塗って、『セ ア カ コ ケ グ モ 、いますぅ~~~っっ!!』」


イッチー:「・・・って、赤く塗ることが出来るんやったら、つかまえて自分で外に出せっちゅー話やな!あははは



ひとりでボケて、ひとりで突っ込んでいるイッチーなのであった。


そして、自分の口から、「セ ア カ コ ケ グ モ」 という単語が図らずも出てきたことに満足して、2度も言っちゃってるイッチーなのであった。



イッチーは、壁にいるクモの2cm下側に、壁と垂直な角度で手のひらをあてたが、

クモが「カサッ」と微妙に歩いたため、手のひらをはずした。



何か 被せることが出来るものは ・・・・・・・。



イッチーの目にとまったのが、透明なプラスチックのタッパーである。



イッチーは、タッパーをクモに近づけると、

パカッと壁に被せてクモを閉じ込めた。



その後、すばやい動きでタッパーに軽く蓋をすると、

玄関のドアを開け、手だけを外に出して蓋を開き、2度腕を振った。



どうやらクモを屋外に追い出すことに、無事、成功したらしい。

満足そうな顔でドアを閉めると、タッパーをシンクに置いた。

後で洗うつもりだろう。




イッチー、グッジョブ!!

ぜんじーは、イッチーを抱きしめた。



彼女であるイッチーの勇姿を目の当たりにして、ぜんじーは少し誇らしい気持ちになった。




・・・・・・わけはない(w)



くも←かわいいもんやん・・・笑










2.「 浮 気 」



イッチーがPCに向かいながら言った。


イッチー:「ぜんじー、浮気したなぁ!!!」


ぜんじー:「なんで???」



出 会 い 掲示板 に 、 「恋 人 募 集 中 」って書き込んだのがバレたのだろうか。

・・・・・・書いてへん、書いてへん・・・・。



心当たりがないので、不思議に思って液晶モニタを覗き込むと、

そこには、犬の背中に しっかりとしがみつく、猿の赤ちゃんの画像が・・・・・・。



イッチー:「ぜんじー、めっちゃ抱きついてるやん・・・。手、ちょっとおっ○い触ってへん?」


ぜんじー:「これ、ぜんじーちゃうわ。しかもこの犬、オスって書いてるし。おっ○いついてへんわ~!!」



ぜんじーがイッチーに抱きつくと、イッチーはよく、ぜんじーの頭や背中をなでながら

「動物みたい・・・」

と言うんだ。



癒し系動物になってしまったらしい。(w)



でも、やる事はやってるしな!!!(←何のフォロー???)






3.「 殺 意 」



イッチーが、閉じた唇の隙間から息を吐いて、くちびるをブルブル・・・と震わせていた。

ぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶる・・・・・・・




イッチー:「ぜんじー、どっちが長くブルブルできるか、競争しよう!」


イッチーは、唇ブルブルを長く続けられることに、ちょっとした自信を持っているようだ。



ぜんじー:「いいよ」


ぜんじー、受けて立った。



負けるわけにはいかない。



イッチー:「せーの、、、」



お互い、思いっきり息を吸い込んだ。



イッチー:「ぶるぶるぶる・・・・・・」


ぜんじー:「ブルブルブルブルブルブルぶるぶる



ぜんじーは、吸った息を、惜しげもなく唇の隙間から吹き出した。



イッチー:「ぎゃ~~~!!!信じられへん!!!さ・・・殺意覚えるわ~!!!」




ぜんじーは、口の中に ピーチ味のキャンディーを隠し持っていたのである。


ぜんじーがブルブルしたことによって、口の中で溶けたキャンディー&ぜんじーの唾液 が ほどよくミックスされたものが、イッチーの顔面に思いっきり飛び散ったのだった・・・。



イッチー:「わ~~~~!!!めっちゃベタベタする!!屈辱やわ~、殺意やわ~。きゃははは!!」


ぜんじー:「えへへ。」




ぜんじーがイッチーにペシペシされたのは、言うまでもない。





★ぽちっとよろしゅ~★





どうでしょう、こんな2人・・・。こんなオトナたち・・・。



ゆる~り、出来ましたか?


みなさま、よい休日を♪




スポンサーサイト
2008.10.18 (Sat) 13:37


COMMENT
○匿名さん

仲直りできたようで、よかったですね。
ぜんじーとイッチー、付き合って数年、
ケンカというケンカは1回もしたことがありません。
(ブログに書いてあるレベルが全て。)

衝突することがないんだ。
機嫌がわるいと、お互いどちらかというと無口になるタイプで、
時間が経てば自然と治る感じで。
相手に対して機嫌を損ねるというよりは、
眠い、腹減った、自分の思い通りに事が運ばない、
原因がそういうことだからかもしれないけど。
なんだろ・・・イッチーと2人でいると、
心がめっちゃおだやかになれるんだよね。
イッチーのこと100パーセント信じてるし。

いつかケンカするのかな???
そう言い続けてるけど、兆しはないなぁ・・・。
FROM ぜんじー 2008.10.25. (Sat) 12:48 URL [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
FROM 2008.10.19. (Sun) 22:00 [EDIT]
○monicaさん

虫1匹で、イッチー 人が変わるからね~。
仕事中も虫を見つけたことが
あったらしくて、
同じように、何かフタ的なものをかぶせてたら、
「○○さん(イッチーのこと)、何してるの???」
って上司に驚かれたらしいよ。


○テケテケ

ぜんじーは無駄に力入りすぎるみたいで
ツバ飛ばしまくるので、
人前では唇ブルブル出来まへん。

あと、ソバをすするのも出来ないんだ~。

乳首転がすのと吸うのは得意なのに。
(↑コラコラ)
FROM ぜんじー 2008.10.19. (Sun) 20:45 URL [EDIT]
テケテケも「ブルブルブルブルブルブル」得意やで。
テケテケは、グレープ味なぁ。
ぜんじーは、ピーチ味やろ。
イッチーは、何味にする?
イチゴにする?
ブルーハワイ?
真ん中にカキ氷を置いて
じゃあ、3人でスタート♪
蟻さん、いらっしゃーい。
FROM テケテケ 2008.10.19. (Sun) 01:29 URL [EDIT]
いつも可愛く 仲良く いいなあ~♥

ホッとするわ~(*^_^*)

せあかごけぐも 学術的なイッチーである♪
FROM monica 2008.10.19. (Sun) 00:05 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。