2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.07.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
むーすーんーでー
ぜんじーは、土曜日の朝起きると、イッチーをデートに誘った。


ぜんじー:「今日、ポニョ観に行こうよ

と、ケータイにメールを送った。


しばらく待っても返事がこない。

寝てるんかな?


昼前の地震で目が覚めたらしく、返事がかえってきた。

イッチー:「行きたい。今起きた。」



ぜんじー:「じゃ、何か食べ物買って行くから待ってて。」

イッチー:「煮込みハンバーグならあるよ?」

ぜんじー:「やったぁ!食べたい♪ それなら飲み物だけ買って行くね。」


ぜんじーはお店でビールとお茶のペットボトルを購入して、イッチー宅へ。





イッチーの部屋に行くと、イッチーが煮込みハンバーグとポテトフライを作ってくれていた。


煮込みハンバーグは中にチーズが入っていてふわふわだった。

ソースも手作り。

んでもって、ポテトフライも、ちゃんとジャガイモを細く切って揚げてあった。冷凍じゃないんだ。


ぜんじー:「イッチー、天才!!」

おいしくって、ぺろりと平らげてしまった。



そこから少しまったりしたあと、いつもの映画館に出かけたんだ。


映画の中身の話は、ネタバレになるのでしないけど、

簡単なストーリーなだけあって、子どものような気持ちで楽しめたよ。

「きゃわいい~♪」って、すっごく心が癒された。


なんだか、大きな声で、まっすぐに

「ぜんじーはイッチーが大好き!!」

って叫びたくなったなぁ~。

実際は叫べなかったから、イッチーにだけ聞こえるように言ったよ。(*^ー^*)



映画を観たあとは、場所を移動して居酒屋へ・・・。



個室風になってて仕切りがあるところだったから

落ち着いて食事が出来るはずだったんだけど、

隣側の席にいた男女の話し声が、次第に大きくなってきて

途中から、ぜんじーとイッチーはその話に聞き入ってしまったのだった。

(多分、そこらへんの席にいた人たちみんなに聞こえてると思う・・・)



どうやら、その男女は、まだお付き合いをしているわけではなくて、

2人で会うのも2回目?くらいだったのかな~。


2人とも独身で、彼女・彼氏無し(と言っているけど、本当のところは知らない)。


男の人は40近くで、女の人は30半ば???


男の人は、よく話す人で、ずーーーーっと自分のことを話している感じ。

それが、次第に、口説きモードに変わってきた。



「あ、出た!昔の武勇伝を語っちゃってるよ~。」


「お?今、『お泊りしたい』って言っちゃったね。」


「なになに?『僕って実はMなんです』って、いきなりぶっちゃけちゃってるし!!」


「ふむふむ、『私、もうおっ○い垂れちゃってるし』だって~!これって男のテンションを下げようとしてるのかなぁ???」


「・・・へぇ~、この2人、腕枕して寝たことあるんだぁ~。それって、やっちゃったってことかなぁ???」



なんて、しっかり反応してました。


途中でぜんじー達は帰っちゃったので、結局、あの2人がどうなったかは分からないんだけどね。




帰りのタクシーでのこと。


夜中なのに、まるで昼下がりにやっていそうな、不思議なラジオ番組が流れてたんだ。


なんか、自分の親や、それより年上くらいの方、一般人が、なにやらピアノの音に合わせて歌ってる番組。

雰囲気としては、テレビでやってる喉自慢大会のような感じ。

深夜番組としては、似つかわしくないんだよね。



ぜんじーとイッチーは黙ってその番組を聴いてたんだけど、

1番目に歌ったおじさんが、歌の出だしを間違えた挙げ句に

微妙に音程が外れてて・・・・。



シーンとしたタクシー車内で、思わずぜんじーは笑いがこみあげてきて

鼻息が「フフッ」と漏れてしまった。



横目でイッチーを見ると、イッチーも、笑いをこらえてた。

その顔を見て、またもや、ぜんじーは「クックック・・・」(苦しい~!!)

歌ってるおじさんと同年代くらいの、タクシー運転手さんは、黙々と運転してるものだから、

なんとなく大声で笑うのも憚られ・・・。



その微妙な歌が終わって、ようやく「開放された~」と思ったら

次の曲が流れてきた。



50代のおじさんが、淡々と歌い始めた歌が、

「むーすーんーで、ひーらーいーて、てーをーうってーむーすんでー



・・・あかん、あかんでオッサン!!!

ガマンできずに ぜんじーは、

ぜんじー:「何でこの選曲やねん!!!」

・・・と、思わずツッコんでしまった。




家に帰ると、イッチーは疲れたみたいで、お風呂も入らずに寝ちゃってた。

ぜんじーは、そんなイッチーにくっついてるうちに、寝ちゃってた。


(パジャマのパンツに手を入れようとしたら、眠ってるイッチーにまでガードされちゃったので、おとなしく おっ○いだけ触って眠りました)


今回のデートも楽しかったよ♪



★ぽちっとよろしゅ~★
スポンサーサイト
2008.07.20 (Sun) 17:08


COMMENT
なぁなぁ、イッチーって料理人やねぇ。
家で、ポテト揚げるなんて・・・。
煮込みハンバーグなんて、響きは食いしん坊にはたまらん。
ぜんじーがおいしそうに食べるから、作ってあげたくなっちゃうんだろうなぁ。
おーー、早いな、もうポニョ観に行ってきたんだね。
癒されそうな雰囲気たっぷりだよね。
毎日1回は、ポニョの鼻歌をうたってるよ。
最近、ポニョが「魚の子」って知った。
それまでは、ポニョを連呼して、適当に歌ってた。v-342
静かな空間の中で、誰もツッコまないとき我慢できず思わず、ツッコんでいる。
これは、関西人のサガなんだろうか・・・
テレビにもツッコんでる時もあるからなぁ。
FROM テケテケ 2008.07.22. (Tue) 10:12 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。