2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
4月デート-愛ゆえに☆ゆえに愛-(3)
4月デート-愛ゆえに☆ゆえに愛-(2)の続き。



イッチーからの意外な贈り物をもらって、感動したところまでは書いたよね。



そう言えば、ぜんじーがイッチーに指輪を贈ったとき

イッチーも泣いてたよね。

(詳しくは、デートカテゴリーから該当エントリーを探してみてください←めんどくさがり、出た!)

ま、あのときはいろいろありましたが(w




家を出るときは晴れていたのに

ホテルに着いて間もなくすると、雨がぽつぽつ降り始めた。



なので、2人でまったりムードでくつろぐことにした。



ホテルでテレビを見ていると、

ラストフレンズのダイジェスト版みたいなのがたまたま流れてて

ソファでイッチーと一緒にゴロ寝しながら

ドラマ鑑賞をしていたよ。



そしたら第1話の、このブログでも記事に書いたKissシーンが・・・。


イッチーったら、「うっひょ~♪」って萌えてたし(w

単純に美形どうしのチューに萌えるらしい(w


※あ~、またバラしたら怒られちゃうかな。



萌えてるイッチーに、ぜんじーもフザケてちゅーをした。



第2話かな・・・?

ハサミで耳切ろうとするシーンは

ぜんじー見ていられなくて

目をつむって、イッチーのおっ○いに顔を埋めてたよ。

(え?見ていられないフリ?ちゃうちゃう!!)



そんな感じで、部屋でのんびり過ごしていたら

暗くなってきたので、2人で飲みに行くことにしたんだ。



雨降ってるし、傘持ってないし、タクシーにでも乗って行こうかな~と思ったけど、

ホテルを出ようとしたら、さささっとホテルマンが、ぜんじーとイッチーに傘を渡してくれた。

「いつの間に?」

って思うくらい、自然に傘をくれたから

「さすが、プロやね~」

と感心した。


サービスのクオリティって、こういうところなんだよな~と

自分を省みてしまったマジメなぜんじーなのであった。



そんな感心は置いておいて

イッチーと2人、傘をさしつつのお散歩(ぜんじーのいい店探しの旅)は

意外と長くて

結局、20分くらい歩いたかな?



ようやくピーンとくる店を見つけて

入ったんだ。



そこは宮崎地鶏がメインのお店で、

ちょっと場所にしてはお値段が高めな設定だったけど

落ち着いた雰囲気で

料理も美味しくて(そうだね~、こってりよりも繊細な味付けで、ちょっとしたひと手間入ってる感じだったな~)

ぜんじーとイッチーの好きな焼酎もいろいろ揃っていて

「大成功!

だったよ♪




イッチー、最近はお酒をあまり飲んでなかったみたいで

ちょっと酔っててかわいかったな~。


イッチーは酔うと口数が増えて、ちょっと大胆になるんだ。


カウンターで普通に「ぜんじーと付き合ってから・・・」とか言っちゃうから

ぜんじーの方がドキドキしたよ。

「ちゅー」の口とか、ぜんじーに向かってしてるし!!!

(イッチー、コラコラ!! 笑)

でも、本当にイッチーは楽しんでくれてるんやな~、

ぜんじーってイッチーから好かれてるんだな~と思って

嬉しくなっちゃった。



そのままイッチーは口を滑らせて、いろんな話をしてくれたよ。


昔、ものすごい量を飲んだときに

初対面の男の人(だったか、男友達だったか)にホテルに誘われて

そのまま着いていきそうになったけど

直前のところで

「だめ!」

って断って、

でも飲んでるから調子に乗ってて

またハシゴした先がホテルで。


それでも、いい雰囲気になりそうになったら

「やっぱりだめ!」

って断って、

結局3軒くらいホテルのハシゴをしたらしいんだけど

「いくら酔っても、最後のところは貞操を守った!」

なんてことを、ぜんじーに言えちゃってるところが面白かった。




さらには、これは初耳だったんだけど、

イッチーが20歳そこそこの頃は

すっごい量のお酒を飲んでたらしくて

そのままワーーーっと盛り上がると楽しくなっちゃって

お酒の場にいた年上の男の人たちから

チューしよう!って言われて、そのままチューしちゃった

なんていう話を聴かされたり・・・。




ぜんじー:「ねえ、今そんなことしたら、ぜんじー怒るよ~!」


イッチー:「しないよ。ぜんじーがいるもん。」



結局はこれも、ノロケ話やねんけどな~(笑




イッチーの武勇伝(?)を聞きながら、

ぜんじーは内心、ちょっとジェラシーを感じつつも

イッチーと一緒に美味しい料理と美味しいお酒を楽しめて

ほんとうによかったよ。



帰りはタクシーでホテルまで向かったんだけど

そのタクシーの中でも

「こらこら、ぜんじーにじゃれるんじゃない・・・恥ずかしいやろ・・・」と

ぜんじーが言いたくなるほどイッチーは奔放になってて

そんな意外性がまた、好きだな~と思ったんだ。



なんだろね。

何やっても好きなんだよ。イッチーならね。



イッチー:「これまで食べた鳥料理の中で、一番、今日のが美味しかった。」


その一言だけで、ぜんじーは満足なんだ~。

(どうせ、夜になると、ぜんじーがお前を食べてやるんだからさ。へっへっへ←誰?)




つづく。



☆ぽちっとよろしゅー☆



スポンサーサイト
2008.04.25 (Fri) 01:45


COMMENT
大丈夫だよ。
普通でもアイタタな二人やん?
そんなイッチーもすきやで~。
おやすみ。
ちゅっちゅちゅ~♪
FROM ぜんじー 2008.04.25. (Fri) 02:18 URL [EDIT]
飲んでるときの会話シーン…全く覚えてなくて引きました…
イッチー痛い
FROM イッチー 2008.04.25. (Fri) 02:08 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。