2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
あけましておめデート・・・(5)
あけましておめデート・・・(4)のつづき。



天国から戻ってきたぜんじーは

ミネラルウォーターを飲んで水分を補給し、ベッドを移動した。



一度バスルームに消えて戻ってきたイッチーも、ぜんじーと同じ側のベッドに入ってきた。

そしてイッチー、さっき脱がせたパジャマをまた着ている。



あれ?

イッチーはん、いっぱいイチャイチャできるんちゃうんかったっけ???

えーと・・・。

ぜんじーまだいけるんですけど???

(*^▼^*)ゞ テレテレ・・・。




しかし、またあのボタンと格闘せなあかん・・・?

そう思いながら、ぜんじーは、イッチーのおっ○いに手を滑らせた。


なんと、ボタン2つ目と3つ目の隙間から、余裕で手を入れることができた。

らららら~ん♪



  ぽっちー  ぽっちー  ぽっちー(←え?3つ???)




ぜんじー:「ねえ、イッチー、ドアにちっちゃい犬・ネコ用の扉がついてるみたいに、ぜんじー専用おっ○い行きのドアを見つけたよ。」


イッチー:「あはは



ウフフフ・・・・アハハハ・・・



・・・なーんて、少しの間、ほのぼのムードになってたけど



眠って起きたら今日が終わってしまうんや・・・と思って

ぜんじーはまたイッチーのパジャマを脱がせ、

自分も脱いで、イッチーにぎゅ~~~~~って抱きついたのだった・・・。




まもなく頭がコーフン状態になって、ぜんじー思わずつぶやいた。


ぜんじー:「・・・またイッチーのこと、食べていい?」
(そういうことを聞くな!)



イッチー:「・・・うん。」

(きゅんきゅんきゅ~~~ん!!!←アホ)





めちゃ熱くなった体を重ねてぐったりした後も

イッチーに抱きついてチューしたりいろんなところを撫でているうちに

ぜんじーはイッチーに絡んだまま、意識を失うように眠ってしまった・・・。

ZZZ・・・。




ま~た、パンツ一丁で眠ってしまったよ(汗

「風邪ひくよ~っ!」って怒らんといてや。

それが、全くひいてへんねん。テレテレ・・・・。





イッチーは夜中に目が覚めたらしい。



その時、眠ってるぜんじーが、軽くグーグーいびきをかいていたことや

ぜんじーの鼻の奥だかどこかの場所から

ときどきキューだかクーだか、表現しがたい音を出していたことを

翌朝、ぜんじーに笑顔で報告してくれた。



ぜんじーはイッチーより早く目覚めたので

イッチーも朝方、グ~~~と小さいいびきをかいていたのを

ぜんじーの聴覚がキャッチしたことを

イッチーに笑顔で報告してあげた(お返しだい)。



からかい合いつつ

眠ってる間の、自分も知らない自分を、イッチーに知られちゃってるってことが

ぜんじーを、こそばゆいような幸せな気分にしてくれた。



さあ、デート2日目が始まるんだ。



つづく。



★↑のバナーをぽちっとよろしゅー

スポンサーサイト
2008.01.26 (Sat) 21:14


COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。