2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
二日酔いから始めよう(8)~気合で完結~
二日酔いから始めよう(7)の続き。



デート3日目。ついに最終日。

ぜんじーは目を覚ました。午前3時半のことだ。







あれ?・・・まだ1時間半しか眠ってへんやん~!!! ><


普段の生活ではアラームが鳴るまで起きないのに不思議だね。

時間がもったいないと、無意識に思っているのだろうか・・・。



スヤスヤと眠るイッチーに寄り添って、浴衣をめくってサワサワサワサワしてたら

1人でまたムラムラはなぢしてしまった。

ぜんじー再始動!(←寝なさい!!)



イッチーの○○○を触ってたら、イッチーの息遣いが変わってきて

濡れてきたのが分かったので、始まっちゃったよ~・・・。

テレテレ。(←おだやかな性格だけど、急に野獣になっちゃうんだ。やだなぁ。)


ごめんよ。

疲れて眠ってるイッチーを起こしてもーた。


ひとしきり運動して、水飲んで、またコトッと眠りに落ちたぜんじー。

さっすがマイペース。。。




朝がきて、荷物をまとめてホテルの部屋を出る前にドアの手前でいつものチュー。

1回チュッってして、顔を離して・・・。

さて、出ようか・・・。

でもやっぱり振り返ってチュッってした。んで、ニッコリ笑ってもう1回。

・・・切りがないね。

気合を入れて、さあ、出かけよう!!!



まずは腹ごしらえで名物料理(あのウナギのやつね)を食べた後

ロッカーに荷物を預けて、城を見に行った。


お城の中でぜんじーは、いろいろ書いてある説明書きを声に出して読んでたら(←黙読せんかい!)

読んでる途中で、気づくとイッチーがいなくなっていて、何メートルか先の、別のものを眺めてる。


ぜんじーはイッチーの後を追いかけて、一緒に展示物を眺める。


ぜんじーが、その展示物の説明書きを読んでると、またイッチーはいつの間にか移動(w

イッチーを追いかけるのが大変だった~!!

お陰で歴史の勉強も出来なかったよ~(笑


イッチーはお城の雰囲気を楽しむ派。

ぜんじーは雰囲気だけじゃなくて成り立ちとか説明とか読みたい派だった~。



イッチー:「ねえ、ぜんじー。このお城、何階まであるの?」

ぜんじー:「知らないよ~。初めて来たんだから(笑)」


イッチーもマイペースだね



そうして2人、ひととおり見終わって(7階まであったかな? 6階?ま、いっか。)

暑かったし(半そでの人もいたくらい)、地上に降りて、仲良く抹茶ソフトをほおばってたよ~。



イッチーは城の写真を3枚も撮ってたね。

ぜんじーは、そんなイッチーを動画に収めました。(えへえへ。きゃ~わいい。



そこから元の駅に戻ってきた。

ぜんじーはイッチーを連れて、デパートや地下街などを歩き回った。


みんな~!!

ぜんじーが前回のデートで、失敗した理由を覚えてる?

※忘れた方は、カテゴリー「デート」にある、10月のエントリーを読んでみてね。


ぜんじーね、イッチーと一緒にアクセサリーを探してたんだ。


先月のデートの後、「ごめんね。ぜんじー、イッチーの思いに気づかなくて・・・。」って謝ったんだけど

イッチーは 「もういらないよ。わがままでごめんね。」 と言っていた。


でも、ぜんじーは、どうしても気持ちが収まらなくて、今回もいろいろとお店を探してたんだ。


百貨店を3つ?? ほかに、ショップも回ったかな。

(2日目の晩、飲みに行くお店を見つける間も、ぜんじーはアクセサリーショップを探してたんだけどね。だから歩き回ってたんだ・・・。)

老舗のデパートでは、ぜんじーがオカンくらいの年頃の店員さんに接客されて、抱いてるイメージと全く違うブランドのリングを勧められて、しょっぼぼ~~~んってなっちゃうシーンもあったね。(←イッチーは遠くで見物してた(笑) ぜんじーは腋に冷や汗かいてた(笑))


あちこち回ったんだけど、さぁ、購入!とまでは至らなかった。


いい感じのものは、見つけた!

でも、イッチーが気を使ってるのか、 「こういうデザインと、こういうデザインだったらどっちがいい?」 ってたずねても、ちゃんと答えてくれないんだもん。


イッチー:「ぜんじーは、こういうのが良いんじゃない?」


ぜんじー:「どれどれ?」


見たらクロ○ハーツの、ごっついデザインのやつで・・・。

イッチー、笑いながら言ってるから、本気で探してないよね。

ぜんじー1人でつけるならまだいいけどさ・・・。

結局、また2人で選ぶことができなくて、時間だけが過ぎていった。。。



イッチー、また無言になってきた。


ぜんじー:「イッチー、また足痛くなっちゃった?」


イッチー:「うん・・・。でも大丈夫。」


ぜんじー:「イッチー、元気?」


イッチー:「元気だよ。」



でも会話は弾まない。



また前回と同じような展開だ。

空気が重くなってきた。


ぜんじーはガッカリしたけど、ひとまずイッチーを休ませてあげたい・・・。

それなのに、3連休の最終日。

人がめっちゃ多い。

カフェも満席だ・・・。



ぜんじーは、前回デートのことを思い出して焦ってた。

またイッチーを泣かせちゃうのかな・・・。

せっかく楽しいデートだったのに・・・。



でもイッチーを座らせてあげなくては。

ぜんじーも少し落ち着いて、気分を換えたい。


ぜんじーは、 「あそこなら、席が空いてるかもしれない!とひらめいた店があったので

そこにイッチーを連れて行こうと思った。



でも、場所がうろ覚えだったために、少し迷ってしまった。

あれ???あれれ????




ぜんじーは焦ってたせいか、いつの間にか無口になっていたらしい。



イッチーは、そんなぜんじーを見て

イッチー:「ぜんじー、大丈夫? 疲れたの?」

と、優しく声をかけていたようなんだけど、ぜんじーには届いていなかった。



ぜんじーは、 「どうしてデートの最後に、こうなっちゃうの・・・?」 と悲しい気持ちになっていた。

泣き虫ぜんじー。目に涙が溜まってきた。

人もたくさんいるし、イッチーにも気づかれたくなくて、こぼれそうな涙をなんとかひっこめようと、目をパチパチさせて懸命に堪えていた。



イッチーに声をかけられたけど、イッチーの顔を見ることができなかった。

見たら涙がこぼれてしまうから・・・。

そんな顔、イッチーに見せたくないよ。



イッチーはイッチーで、にわかに機嫌が悪くなったぜんじーに、何度も無視されたと思っていた。

ぜんじーは、イッチーの歩くスピードも考えずに、1人でサッサと歩き回っている。




イッチーは思った。

ぜんじーに嫌われたのかも・・・。帰りたい。もういやだ・・・。

あと1回、声をかけても無視されるようだったら、家に帰ろう。

予定の時間よりは早いけど・・・・。

こんな雰囲気のまま、一緒にいるのは辛すぎる・・・。


イッチーはそう決めて、ぜんじーに最後の声をかけようとした。

気づくとぜんじーは遠くにいた。


イッチーが・・・もういいや、 と思ったとき

ぜんじーが振り返った。

ぜんじーが探してたお店が見つかったらしい。





ぜんじーは、振り返るとイッチーがいないのに驚いた。

あれ????イッチー、どこ?

見ると、イッチーは離れたところに立っていた。


ぜんじーが得意満面で、「お店見つけたよ!!イッチー、座って休めるよ!!」

と声をかけようとしたら、イッチーが今にも泣きそうな顔をした。



ぜんじー:「・・・あれ???イッチー、どうしたん? (゜o゜i)」

イッチーの目に、涙が溜まってた。



2人が店内に入ると、奥の座席に案内された。

ちょうど人から見えにくい位置にあり、イッチーが泣いているのを他人に見られることはなかった・・・と思う。



ぜんじーは、なぜイッチーが泣いてるのか、全く分かっていなかった。(←まただよ、コイツ!)


ぜんじーは、イッチーを無視したなんて1つも感じていなかったから。

ただ、イッチーを早く座らせてあげたい、それだけだったのだ。



2人は喫茶店で向き合ったまま、ぎこちない時間を過ごした。


ぜんじーが声をかけても、イッチーの反応は芳しくない・・・。

きっと、声を出そうとすると、泣いてしまいそうだったのだろう。

お別れの時間まで、あと1時間を切った。

時間が過ぎるのは早いね。



ぜんじー:「ちょっと、トイレに行ってくるね・・・。」


ぜんじーは席を立つと、店の外に出た。







しばらくして、ぜんじーが店内に戻ると、イッチーはまだ浮かない顔をしていた。



ぜんじー:「ねえ、イッチー。ぜんじーのバッグ、そっちに置いてくれる?」


ぜんじーは、バッグをイッチーに手渡した。


イッチーは、隣の椅子にバッグを置いた。


ぜんじー:「そうじゃなくて、イッチーの膝の上に置いてよ。」


イッチーは素直にバッグを膝の上へ。


ぜんじー:「手前のファスナーを開けたら何が見える?」




イッチー:「・・・・・・・。」




ぜんじー:「初めに見えたものを、イッチーにあげるよ。」


イッチー:「ありがとう・・・。グスン。ぜんじーの財布。」



ぜんじー:「ちゃうって!!!!」




ぜんじー:「財布より目立つ紙袋、入ってるやろ?」



イッチー:「うん。」



ぜんじー:「それをあげる。」



イッチー:「・・・開けていい?」



ぜんじー:「いいよ。



イッチーは紙袋から小さな箱 を取り出すと、リボンを解き、ゆっくり蓋を開いた。


そこには、リングが収まっていた。




ぜんじーが、イッチーと歩き回ってる間に見つけていたもの。


イッチーにあげたいと思った。


ぜんじーはトイレに行く振りをして、イッチーへのプレゼントを買いに走ったんだ。


イッチーの分しか買えなかったけど・・・。




イッチーが涙をぽろっとこぼした。


あ~あ、ぜんじーったら、またイッチーを泣かせちゃったよぉぉぉぉ。。。。



イッチーは泣き笑いの顔で言った。



イッチー:「人からプレゼントをもらって、泣いたの初めてかも・・・。 ぜんじー、ありがとう。」




ぜんじーはこれまで、リングに想いをこめたことなかった。

初めてだよ、こんな気持ち。

それにね、イッチーがこんなに喜んでくれるなんて、思いもしなかった。。。


イッチーの顔を見て、心の底から、イッチーにプレゼントして良かったって思ったんだ。



これでもう、離れてても、寂しくなんかないよね?

大切にするんやで!!

しばらく買わへんからなー!!!(w






イッチーーーーー!!! あいらびゅ~~~♪





おわり!!!





★↑ぽちっとよろしゅー! ヘタレで終わらずにすんだよ~・・・。かなりやばかったけどね(笑)★

スポンサーサイト
2007.12.02 (Sun) 04:53


COMMENT
○柚子
基本的に、女子の涙は理由は何であれ苦手っていうか
対処に困ってドギマギ焦ってしまうぜんじーです。
ほら、クールやからな(w
でも、ぜんじー自身も、いったん涙が出ると
止めるのに苦労するほうだよ。
うーん、恋するまでは、目にゴミが入ったときしか
泣かなかったのにねえ。
FROM ぜんじー 2007.12.05. (Wed) 00:29 URL [EDIT]
好き過ぎて、すれ違って、
涙が込上げてきちゃうこと、あるある!!!
なんか自分を重ね合わせて、
途中から、鼻がツーんってしちゃいました。

あ、でもアタシは一旦、涙があふれ出しちゃうと
止まらなくって、周りにどんなに人が居ようとも、
ガン泣きして、鼻水もダッラーって垂れて、
マスカラとアイラインも溶け出して、
ダーさまをキュンキュンさせるハズのシーンが、
完全に台無しですたいv-40
FROM 柚子 2007.12.04. (Tue) 01:28 URL [EDIT]
○ゆかちゃん
いやいや、涙無しには語れないよ(w
今度こそ、マジで振られる5秒前だったね~。
セーフ!!

○おっちー
プレゼントを発見したときの
イッチーのあのときの表情と涙。
ぜんじーは一生忘れないだろうね。
本当に嬉しかったよ。

○2520yen
最後はぜんじーもホッと笑顔で帰れたよ。
ベスト・カッポー2007に選出されるといいなー。

○④様
イッチーが続きを早く読みたがってたので
気合で書いちゃいました。
平日をまたがるとゆっくり書けないしね。
また今月のデートをお楽しみに(w

○あららっきょ
らっきょも雰囲気悪くなったことあるの?
リングはサイズだけ確認して、後はこっそり
準備しておくほうがいいってことかな??

○けんすけくん
おー。体調大丈夫?
泣いてるくせに、ナイスボケだったので
ぜんじーもすかさずツッコミ入れちゃったよ(w
やっぱりデートはハッピーエンドが一番だね。

○優先座席
イッチーは、なかなか表には出さないけど
センスばっちりだよ(w
ぜんじーが想像つかないこと言ったりするしね。
その驚きがまた、いいんですわ~。テレテレ
「もーやめよーやー」って、寂しいね。
でも、ウッカリ自分でも言っちゃいそうだから気をつけよ・・・。

○イッチー
ガンバレ自分の歌じゃなくて、ビック○メラの歌でしょーが(w
気を使ってるわけじゃないよ。
大好きやから、悲しませたくなくて喜ばせたいだけやで。(ひゅ~♪)v-414

○コモ助
別れ際は、いろんなプランをやり遂げて
ホッとするタイミングでもあるから
気を引き締めないとね~。
家に帰るまでがデートです!!・・・とはよく言ったもんだ。
(それ遠足・・・)

○葉の茶んペ
財布のシーンで笑うのは
ぜんじー&イッチーとツボが同じってことですな(w
イッチー、自分で「財布」って言った後、自分でウケて
ハナ出そうになってたで~。(←きゃーわいい)
次はクリスマスやね~。体で勘弁してもらおう(w

○さめちゃん
人を好きになると、なぜあんなに涙もろく
なるのでせうね・・・。
イッチーの指には、ピッカーンとちっちゃいぜんじー付リングが
輝いてるはずだよ。
ぜんじーの指には、イッチーの感触が(えへえへ浴衣ばんざい←コラコラ)

○アニキ
あはは、ありがとう。
これで堂々とアニキにも会えるよ(w
忘年会が反省会になったらイヤだもんね~。
FROM ぜんじー 2007.12.04. (Tue) 00:57 URL [EDIT]
お~ よかった よかったv-410

またイッチー泣かせちゃってどうなることかと
思ったぞ
FROM 清志 2007.12.03. (Mon) 10:31 URL [EDIT]
もお~~ もお~~ もお~~
二人とも 優しすぎるのね。

一生懸命 相手の事を 考えて
涙が出ちゃったりするんだもんね。

胸が 熱くなっちゃった。

「足 イテ~~よ」って 平気で 言っちゃう 私・・・
反省しなくっちゃ・・・って 思ったよ。

今頃 イッチーさんの指には 「輝くぜんじーさん」が
光ってるんだよね。
FROM さめ 2007.12.03. (Mon) 02:14 URL [EDIT]
なかなかアクセを見つけるのって難しいだろうね。
でも、ぜんたんよく頑張ったよ。
イッチーがサイフをもらおうとした瞬間は、真夜中だって言うのに
大笑いしてしまった。
イッチー、笑いとりすぎやん!

ぜんたん、ひとまずはプレゼントできたから安心だね。
次はクリスマスかな。。
がんばれ!

FROM 葉の茶んぺ 2007.12.03. (Mon) 01:25 URL [EDIT]
朝読んでコメントする時間なかったけど・・・
ぜんじーの心の動き?痛いほど伝わってきた。
別れ際にヘンな感じになるの本当に辛いもん。
ハッピーエンドでよかったよ~。

いっちーへ
ぜんじーの顔が怖い時は「怖い」言ってやれ~(笑)
コモ助なんか「コモチャン怖い」ってレイに泣かれたことも
あるんだぞー!!(注)お腹が空いた時です・・・
FROM コモ 2007.12.03. (Mon) 01:16 URL [EDIT]
今回は本当にブーツで足が痛くて、ガンバレ自分の歌を心の中で熱唱してたんだけど・・・
気づいたらぜんじーの様子がおかしくて焦りました・・・テレテレ

声かけても怖い顔して返事してくれないから
どうしようかと思った。
帰らなくてよかったv-414
いつも気を使わせてごめんね。
ありがとう
FROM イッチー 2007.12.03. (Mon) 00:34 URL [EDIT]
めっちゃどきどきしました。 財布で爆笑したけど。笑。
いっちーさん、なかなか笑いのセンスありますね。
 おそろいのものかおうって決めて買うの逆に難しいですよね。
 好みとか色々あるし、指輪じゃないけど経験あります。
 もーやめよーやーで片付けられたけど。涙。
 あぁ、なんか読んでて幸せになりましたよー☆ 
 おめでとーございます。笑。
FROM 優先座席 2007.12.02. (Sun) 23:19 URL [EDIT]
またまたおひさしぶりでーす
んーからだの調子が戻らなくて、しばらくこれませんでしたー


財布をもらおうとしてしたイッチーさんがおもしろかったですw

お店を見つけているとき、このまま終わっちゃうのかな・・・とおもったんですが、ハッピーエンドでよかったですw
FROM けんすけ 2007.12.02. (Sun) 22:51 URL [EDIT]
ヨカッタ(o^-^o)

確かにアクセサリーを一緒に
探して回るのは難しいよ~。
おいらもそれで雰囲気悪ってなったことあるよ。

アクセサリーはコッソリ買っておくかな(笑)
FROM あらら 2007.12.02. (Sun) 11:50 URL [EDIT]
完結してる!
うれしいけど、もすこし読んでいたかったなぁhttp://blog96.fc2.com/image/icon/i/F9C6.gif" alt="" width="12" height="12">
FROM ④ 2007.12.02. (Sun) 11:48 URL [EDIT]
最後にほんわかしました。

まじでお2人はナイスなカップルです。

でら憧れます。
FROM 2520yen 2007.12.02. (Sun) 10:12 URL [EDIT]
今回は読んでいて、胸が苦しくなるエントリーでした(/∀\*)
イッチーさん喜んでくれて良かったですね(o^_^o)
FROM おっちー 2007.12.02. (Sun) 06:50 URL [EDIT]
感動して 泣けちゃった(ノ_・、)
ぜんじーさん イッチーさん。  よかったぁ。。。
本当に とっても 素敵な 2人だなって あらためて 思ったよぉ^^*
FROM ゆか 2007.12.02. (Sun) 05:25 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。