2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
イッチーとの恋?(2)
(1)の続き。


イッチーと毎日メールのやりとりをするようになってから
約1ヶ月後、再度2人で飲みに行くことになった。


店はぜんじーが予約した。


普段、飲みに行くときは、自分で予約などはしない。
ぜんじーは男友達と飲むことが多く、適当に空いている店に
入るか、もしくは友達が店を予約してくれている。


イッチーより年上だから格好をつけたい自分がいるのか、
いつもの10倍(適当)の機動力を発揮した。


ネットで店を探す、歩いて気になる店の名刺をゲットする、
同僚への聞き込み調査など、ただの店選びに時間をかけた。
さらにイッチーと来る前に、ぜんじーはその店を視察がてら
女友達と訪れており、酒や料理の種類と味を確認していた。

(「ちょっとイタくない?」と、今のぜんじーは、昔の自分に
ツッコミを入れたい・・・。)



イッチーとは夜9時に待ち合わせた。

その日は夕方から急に会議が入ったのだが、
早く帰りたいがために、議論が発散すれば収束に向かわせ、
進んでホワイトボードを使い、
会議のファシリテーターとしていつもの10倍(適当)の
調整力を発揮し、ぜんじーの予定通りに会議を終わらせた。


会議が終わるや否や、いつもの10倍(適当)の速さでダッシュし、
電車に乗り(電車は普段の速度だったのが残念)、
待ち合わせの駅に到着した。


改札を出て周りを見渡した。
イッチー発見!


テンションがいつもの10倍(適当)上がった瞬間だった。


続く。


最後にここをポチっとお願いします FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
2007.04.05 (Thu) 12:05


COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。