2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
イッチーとの出会い(4)
(3)の続き。

楽しい時間はすぐに過ぎるもので、
飲んで店を出ると、終電がなくなっていた。


タクシーでイッチーをマンションの前まで送り届け、
手を振ろうとすると、車の外でイッチーが慌てて
何かしゃべってる。
車を発進させようとした運転手を止めて、車の窓を開けた。


イッチーが言った。
「携帯のメアド教えて。連絡先聞いてなかった。」


そうだそうだ。すっかり忘れていた。


いったん車の外に出て、メアドと電話番号をあらためて交換した。
ぜんじーは名刺を渡した(さすがジャパニーズビジネスウーマン)。


ぜんじー:「じゃ、また飲みに行こうね」
イッチー:「うん」
せんじー:「おやすみ」
イッチー:「おやすみ」

バタン。タクシーのドア閉まる。ブーン。タクシー走る。


イッチーのマンションから自宅までは、
15分くらいの距離だった。
自宅に到着して携帯を見るとメールが届いてた。


***********************************
Date: XX/XX/XX XX:XX:XX
From: イッチー
Sub: ありがとう

今日は飲みのお誘いありがとうございました。
とても楽しかったです。



えっと、好きかも。
***********************************


さっと読んで、すぐにメールを閉じた。
・・・
しばらくして、気になってあらためて読んでみた。


す・・・好き・・・好きかも???
好きって何だろう好きって。


久しぶりに見た単語に一瞬うろたえたが、
ここは大人のぜんじー。
***********************************
To: イッチー
Sub: Re:ありがとう

またおいしいもの食べようね。
おやすみなさい。
***********************************


あえて気になる単語には触れないで返信した。
きっと若い人(といってもさほど変わらないが)は、
あんな感じなんだろうな。そうだそうだ。
気にしない気にしない・・・。


シャワーを浴びて寝室へ行くと、タイスケは先に寝ていた。
口を開け、よだれを垂らさんばかりの快眠ぶりだ。

ぜんじーもベッドの隣にもぐりこんだが、その夜は、
なかなか寝付けなかったのであった。


最後にここをポチっとお願いします FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
2007.03.31 (Sat) 22:24


COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。