2017.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.10.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
デート報告(1日目)
みなさんこんばんは。
自分大好きアイタタ・・・の、ぜんじーです。

お待たせしました!

今回のデート報告でございます。

その前に、みなさんにどーーーしてもお願いしておきたいことがある。

【お願い事項
デートの場所を表す名称などを記事ではハッキリとは書かないが、
これはクイズではないので、コメントでも、ズバリの名称を書かないでほしいのです。
もう一度言うね。
「これはデートの場所あてクイズではありません。」


・・・なぜなら、イッチーはこのブログを読んではいないし、
ぜんじーの知らないところで偶然、検索エンジン等で発見されるようなことは避けたいのだ。
このお調子ブログを読んで、イッチーに不安や誤解の気持ちを生じさせたら本末転倒だ。
もちろん、ぜんじーがブログを書いていることはイッチーには話しており、けっこう本音ベースで書いていることも伝えている。

もしイッチーが「読みたい」と言ったら、ぜんじーと一緒にいるときに読んでもらいたいと思っている。

ちょっと堅苦しくなったけど(ごめんね)、ご理解いただけたら続きをどーぞ♪

○デート1日目

天気は予報どおりの雨。けっこう降っていた。
それでもぜんじーは、めちゃめちゃ元気だった。

イッチーの最寄り駅そばのカフェで待ち合わせ。
気合が入ってたせいで気がはやり、待ち合わせ場所に早めに到着した。
2泊3日なので荷物が多い。
カフェでボストンバッグを開き、忘れ物がないかの持ち物チェックをしていると、イッチーが登場。

「動きやすい服装で、かつファッショナブルに!」

という指定を事前にしていたので、
ぜんじーとお揃いのピンクのジャージ上下(ラメ入り)を身に着けている。
↑ウソである・・・

イッチーが家を出た頃にちょうど雨が強く降ったらしく、服もバッグも濡れている。
こんな天気なのに来てくれてありがとう・・・。
嬉しいよ。

カフェを出て、2人で電車に乗って移動。
顔が自然にほころんでくる。

イッチーに「何、にやにやしてるの?」とつっこまれていた。
だって嬉しいんだからしょうがないよね???
そういうイッチーだって、にやけてるし。

1日目のデートは、○本木。
まずは2人で腹ごしらえ。
イッチーをレストラン(夜はバーになる)に誘導し、ランチを食べた。
2人ともお腹がぺこぺこに空いていたので、最初は食事に集中。
目配せ以外の会話がなかった・・・


食事を済ませ、次は映画館へ。

イッチーが公開前から「観たい」と言っていた映画のチケットを事前にWebで購入しておいた。
イッチーが映画のグッズを眺めている間に、ぜんじーはささっと発券手続きをする。

「あれ、ぜんじーチケット買わないの?今日は何見るの?」

と聞かれて初めて、ぜんじーはシュピーンとチケットを渡す。
このときチケットを挟む指は、人差し指と中指のみ。(←アホ)
イッチーに「ぜんじーかっこいい~」とおだてられて、
得意満面の単純ぜんじーであった。

映画を観ていたら、途中でイッチーの手がぜんじーの手の上に・・・。
ドキドキして映画の内容が途中から頭に入らなかったよ。


映画を見終わって感想を話しながら、2日目デートの場所に近いホテルに移動した。

チェックインの手続きをして部屋へ。
ポーターに荷物を運んでもらうのだが、気の利かないポーターがエレベーターでいろいろ話しかけてくる。
「今日はどちらから?」「ご旅行ですか?」
(え~い。2人の世界に入らせてくれ~。)
さすがにそうは言えず、ぜんじーはにっこり微笑んで、大人の対応をしましたとも!

とりあえず荷物を置いて、夕食のためにホテル内のレストランへ。
ちょっとかしこまった感じの雰囲気に、イッチーは少々緊張しているようだ。

ぜんじー:「イッチー、嫌いなものないよね」
イッチー:「うん」
ぜんじー:「じゃ、ぜんじーの食べたいもの注文していい?」
イッチー:「うん」


あとはぜんじーに任せやがれぃ!

アラカルトのメニューから、料理をいくつか注文した。
この日、イッチーに食べさせたかったものはフォ○グラである。
どんな味か忘れたって言ってたから。

ぜんじーがナイフでフォ○グラを食べやすいサイズに切り、イッチーのお皿に載せる。

イッチー:「ぜんじーの方が小さいよ・・・」
ぜんじー:「いいんだって。イッチーに食べさせたいんだから。」


またまたぜんじーの自己満足炸裂だけど、イッチーも喜んでくれたからいいんだ。


食事を終えて部屋に戻る。


2日目に備え、シャワーを浴びて早めにベッドに入った。

「イッチー、明日は早起きするから0時までには寝ようね!」

これは自分に対する誓いでもあった。
おっぱいへの執着を、わずか2時間で断ち切るのはつらかった~。


デート2日目に続く・・・。


よろしければポチっと応援したってくだされ。
    ↓

スポンサーサイト
2007.05.28 (Mon) 21:57


COMMENT
ゆかさん
いつもコメントありがとね。
ちょっとやばいオトナだよね・・・。
まだ青春してる自分がこわいよ。
ま、読んでる人が「気持ちわる~」って思わなけりゃいいか(汗)。
FROM ぜんじー 2007.05.29. (Tue) 01:31 URL [EDIT]
あぁ~~o(> <)o  なんか、、、 

こそばゆいよぉ~~ん(*ノ∇)ゝ
2人とも かわいすぎぃ~~~♪

読んでて ゆかの顔が ほころびました^^*   
続きが o(^-^)o ワクワクッ
FROM ゆか 2007.05.28. (Mon) 22:35 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。