2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
長い沈黙
ぜんじーが子どもの頃、よく親から注意を受けたことがある。

それは、

・戸や引き出しなどを、開けたら開けっぱなし(閉め忘れ)

・物を出したら出しっ放し(しまい忘れ)

・服を脱いだら脱ぎっぱなし(脱衣かごに入れ忘れ)

などの、「○○っぱなし」系である。

これらについては、思いつく限り、ひととおり注意された経験がある。

要するに、だらしないのだ。


仕事の時は、"ぱなし名人"にならないよう、頑張って気をつけているのだが、

家に帰ると気が抜けてしまうのか、"ぱなし名人"が、ちょいちょい出てしまう。


イッチーも一時期は気になっていたようで、

例えば、ぜんじーの脱いだ服が100パーセント裏返っていることなどを

たまに見かねて注意してくれていたのだが、

ある日、こんなことを言ってきた。


イッチー:「親からよく怒られたようなことは、大人になってもキチンとしようとしてきたつもりだけど、ぜんじーと一緒に住むようになってからは、あまりにもぜんじーが何も出来ない(正しくできない)ものだから、前ほど細かいことが気にならなくなってきたんやけど・・・。」



まるで、うちの親のしつけの仕方が悪いみたいじゃないか。

私の親は、私をしつけようとしてくれたけど、子どもである私が、言うことを聞かない問題児だったのだ。


イッチー:「2人で住むようになって、だらしなくなった例なら何個も見つかるんだけど、逆に、お互いがお互いを高め合っている例ってあったっけ?」


その後、長い沈黙が訪れた。


高層階行きのエレベーターに、私とイッチーの他に、もう1人知らない誰かが乗っていて、

目的の階まで、階数を示すランプをひたすら見つめている時のように、

私もイッチーも、少し上を見ながら沈黙し続けた。



お互い考えてみたが、高め合っていることなんて、1つも見つからなかった。


私がまだ20代前半の頃は、

「恋人との関係は、一緒にいて、お互いを高め合うことが出来るような関係が理想だ!」

なんて言っていたこともあったけれど、

やはり、理想と現実は違うのだ。



がんばらなくてもええねんで〜、だ。

そりゃービール腹にもなりますわ〜、だ。(←誰)



ちなみにぜんじーは、イッチーのおっ○いを出した時だけは、

出しっぱなしにせず、キチンと元に戻している。(キラーン



↑ぽちっとよろしゅ~★
スポンサーサイト
2012.10.08 (Mon) 22:13


COMMENT
お返事
○ふらら
大抵のことは許せる気がするからスゴいよね〜。
何だったら許せないのか、考える方が大変だ。

○バニラさん
今が幸せすぎて、離婚とか家のこととか、当時の鬱々しい日々のことをすっかり忘れていましたw
おっしゃるとおり、仕事の面や生活の面で、お互いサポートし合えているのは良い関係だなぁと思います。
子どもがいるといいなぁと考えたことはありますが、ジャンケンで私が産むことになっているので難しいかも(汗)
本当に2人の遺伝子を半分ずつ受け継いだ子どもがいたら、たとえ「ぱなし名人」に似たとしても、相当かわいがると思います。
FROM ぜんじー 2012.10.21. (Sun) 23:35 URL [EDIT]
お二人の子供が見てみたい・・・?
こんにちは。
イッチーさん、きんちゃん応援イベントにて ハードな運転お疲れ様でした。(ぜんじーさんのブログをお借りしてますが・・失礼(汗

素朴な質問なのですが、ぜんじーさんが あまりにもお忙しいので、お寂しくはないのかな・・・と
思ってしまいまして。
ips細胞が ノーベル賞を受賞しましたが、ならば イッチーさんとぜんじーさんの子供を是非 イッチーさんに生んで欲しい・・・等と考えている私がいまして(何故に?)
単純に、お二人にお子さんがいたら優しく 賢い魅力ある人に成長される気がして(+_+)
あくまでも、私の勝手な願望なんです・・・。(妄想コメと思われかねませんね^_^;

ですが、あり得ない?でしょうか。。。
衝撃的なコメントになっておりましたら心から「ごめんなさい!」(汗、汗、汗・・・
FROM バニラ 2012.10.18. (Thu) 17:01 URL [EDIT]
「恋や情熱だけでは・・・」
高めあって生きるって 超難しいような・・・
でも、ハードワークのぜんじーさんを イッチーさんがサポートして、イッチーさんのクリエイティブな才能をぜんじーさんが応援するっていう関係が成立されている気がしてます。

ぜんじーさんが お気に入りの家を売却し 離婚をされてまで決意された「お二人の生活」
ブログではサラッと書かれてますが、情熱だけでは とても決断できない大変な事だったのではないでしょうか
ブログから信頼関係がみえてくる気がします
・・・偉そうでごめんなさい(+_+)
FROM バニラ 2012.10.12. (Fri) 01:04 URL [EDIT]
NO TITLE
>だらしなくなった例なら何個も・・・
笑っちゃった。
ふららも一緒。

そうそう、許しあえる相手じゃないとこんなに長い間一緒にいれないよね。
FROM ふらら 2012.10.09. (Tue) 17:31 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
管理人の承認後に表示されます
2012.11.04 Sun 10:23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。