2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
喜ぶ顔見たさの努力
イッチーは、私のことが大好きなようです。

もちろん私もイッチーのことが大好きです。


お互いがお互いを、何にも増して、いとおしいと感じています。

「きゃんわいい~~」

と、目を細めて高い声が出ちゃうくらいかわいい子猫や子犬よりも、

おならプーな1人の人間のことが大好きなのです。


寝ても覚めても一緒にいて、

毎日顔を合わせていても全然飽きなくて、

相手が喜ぶことが、自分の喜びにつながっている。

そんな毎日が続いていることが、本当に幸せです。


 
 
イッチーは先日、ぜんじーを喜ばせようとして、

ぜんじーのために、あるテレビ番組を録画しておいてくれました。


AKBのあっちゃんが新曲を歌っている映像でした。

写真集まで買ってしまうほどで、過去2回握手したことがある私が喜ぶのは間違いありませんが、

喜びの度合いからすれば、イッチーが私の隣にいてくれるという喜びに比べれば、

2割に満たない程度です。


ぜんじー:「わざわざ録っておいてくれて、ありがとう。うん。」

と、イッチーに、2割の喜びを伝えようとしたときです。


歌い終わったあっちゃんが、お辞儀をして頭を上げるまでのわずかな間に見えたものを、

私の目は逃しませんでした。



谷間!

谷間!

谷間やん!!!

私の喜びが6割まで急上昇しました。



その間は1秒ほどだったのですが、

私が食いついたのを確認すると、イッチーは映像を巻き戻して、それを再び見せてくれました。


ぜんじー:「おお!」

喜びが8割までアップしました。

残像の余韻とともに、喜びがじわじわ上がってきます。


9割近くまで上がってきたところをダメ押しで、

イッチーは、映像を巻き戻した後にコマ送りで再生しつつ、

ちょうど谷間の縦のラインが最長になったタイミングで、ピタッと静止する技を見せたのでした。


ところが、

ぜんじー:「それはやり過ぎ。なんだか罪悪感を覚えるわ。」

チラリ感が無くなった瞬間に、サーっと冷静になった私でした。


イッチー:「そっかー。男はチラリじゃないとダメなんだね。」

女ですが。



人を本当に喜ばせることって、相手のことをよく理解していないと難しいけれど、

喜ばせようと努力している者の姿は、それはそれで素敵で、いとおしいものですね。



一番言いたかったことは、あっちゃんの谷間いいね!という話なのですが、

それメインだと気持ち悪いな~と思って

無理矢理きれいにまとめてみようとした結果がこれです。




↑ぽちっとよろしゅ~★
スポンサーサイト
2012.07.01 (Sun) 15:23


COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。