2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
さくらとコロッケとロカビリー
4月になり、東京ではあちらこちらで桜が満開。

家の近くの国道沿いに桜並木があって、とてもキレイに咲いています。


せっかくなので、土曜日はイッチーと、食事がてら車で出かけて花見をしてきました。

桜1

隅田川沿いで、意外と風が冷たかったのでびっくりしました。

桜2

あまりの寒さに20分くらいで音を上げて、お寿司を食べて帰ってきましたw



日曜の今日は、2人で部屋の掃除をして、スーパーに買い物に行き、

帰ってきて一緒にコロッケを作りました。

イッチーの指示の下、手を動かしたのはほとんど私でしたが、

イッチーが作ったのと同じくらい美味しいものが出来て嬉しかった~。

1人で5、6個ずつ食べて満腹になりました。

ころっけー

 
 
 
このままだと、単に寿司とコロッケを食べた話になってしまうので、

もう1つくらい話題を追加しますね。


土曜の夜、ダイニングで焼酎を飲みながらイッチーといろんな話をしていた中で、

イッチーの昔の彼氏の話題になりました。


彼氏の1人は、めっちゃロカビリーな人だったらしい。

服装はビンテージものの皮ジャンにビンテージジーンズ、靴はコンバースやブーツ。


ロカビリー好きが集まるライブだかパーティーだかの予定があるときは、リーゼントで決めていたそうです。


イッチー自身は、特にロカビリーには興味ないんだけど、

ドライブデートの時に、常に彼のカーオーディオからロカビリーが流れており、

イッチーがよく聴く音楽と全く異なるために退屈だったと聞きました。


イッチーにもロカビリーに興味を持ってほしいと思ったからか、

ある日、彼氏がイッチーに、

「一緒に踊りに行こう。服買ってあげるし。」

と誘ってきたそうですが、

イッチーは、自分が頭をポニーテールやツインテールにしてリボンとかつけて、

スカートを履いて踊る姿を想像して

「ないない!」

と、断っていたようです。


あるデートの日に、広場みたいなところで彼がいきなりラジカセを車から持ち出して、

「今から踊るし、見ててくれる?」

と頼んできたそうです。

「う、、、うん。」

イッチーが断れなくてうなずくと、

ラジカセで音楽を鳴らし、ツイストを踊り始めた彼氏。

時折イッチーに目配せをしてくる。


え?手拍子すればいい?

このシチュエーションは何?

イッチーはどうして良いか分からず、ひたすら突っ立って、遠い目をしていたらしい。


話を聞きながら、ぜんじーの頭の中には、1人でノリノリでツイストを踊るリーゼント男と、所在なく突っ立っているクールなイッチーの絵が浮かんできて、爆笑してしまいました。


やっぱりイッチーって面白いなぁと思います。



↑ぽちっとよろしゅ~★
スポンサーサイト
2012.04.08 (Sun) 23:29


COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。