2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.07.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
フラッシュバックした話
先日、所用により、イッチーに区役所まで車で連れていってもらった。


ぜんじーが区役所の待ち合い席に座って順番を待っていると、

イッチーが隣に座ってきた。


ぜんじーの顔をのぞきこんだイッチーが、突然ハッとした表情で言った。

イッチー:「ぜんじー、1本鼻毛でてる。」

ぜんじー:「え、ほんま?」

ぜんじーは慌てて、手の形を牛の鼻輪(もしくは90度傾けたOK)風にして、鼻毛を押し込もうとした。

ぜんじー:「ねぇ、隠れた?」

イッチー:「1本だけピーンってしてるわ。ちょっと待って。」

いきなり指を人の鼻の穴に入れて、無理矢理抜こうとするイッチー。

ぜんじー:「ちょ・・・待って待って、こんなところで恥ずかしい。」


そんなことをしている間に自分の受付番号が呼ばれたので、

鼻毛の佇まいを気にしつつも窓口に向かった。

窓口担当者は若い女性だったけど、

日頃からいろんな方を相手にしているのだから、

右の鼻の穴から1本見えるか見えないかの鼻毛程度は気にしないだろうと、ぜんじーは諦めた。

諦めたらスッカリ鼻毛のことは忘れてしまった。

イッチーは、ぜんじーが呼ばれた後、間もなく車に戻っていった。


約30分後、ぜんじーは無事に用事を済ませて車に戻り、助手席に座った。

ぜんじー:「ごめんね待たせて。」

イッチー:「ううん。お腹空いたからコンビニで買ってきたおにぎり食べててん。ぜんじーにもサンドイッチ買ってきたけど食べる?」

ぜんじー:「この後すぐ仕事行くし、職場でランチとして食べるわ。ありがとう。」

イッチー:「そうそう、毛抜きも買ってきてん。ほんまはハサミが良かったんやけど。ちょっとこっち向いてじっとしてて。」


イッチーがキラリと光る毛抜きをぜんじーの鼻に近づけてきた。

そう言えば鼻毛が1本出ていたのだ。私は。


ぜんじー:「え、ちょっと待って待って!!!私、鼻毛抜いたことないねん。こわいこわい!!!」

我ながら、ヘイポーばりの怖がりようである(分かる?)。

イッチー:「大丈夫。一瞬だから。」

心の準備もさせないまま、イッチーは左手をぜんじーのおでこに当てて頭を固定し、

毛抜きを右手に持つと、カチカチしながらぜんじーの鼻の穴に近づけてきた。

ぜんじー:「こわいー!!やだやだやだ!!!じ・・・自分でやるから!!」

イッチー:「多分、自分だと見えへんし。じっとして動かないで。」

2度ほど抵抗した後、ぜんじーは"1本なら"と覚悟を決め、目を閉じた。


ぷちっ


鼻の内側にある毛穴が1つ引っ張られ、

鋭い痛みの後に、解放感が訪れた。


やった、やったのだ。


左目から涙を出しつつ目を開けると、

信じられない言葉が聞こえた。

イッチー:「あっ、間違えた。ごめんもう1回我慢して。」


"てへっ"って言いそうな表情のイッチーが、鬼に見えた。


再び毛抜きを近づけようとするイッチーに向かって、

ぜんじー:「めっちゃ痛いしほんまに怖い!!

やだやだやだ、これ拷問やん!!うわ~~~~ん。


と、ぜんじーは久しぶりに恐怖で泣いた。



その瞬間、幼少時代の映像がフラッシュバックした。


3歳か4歳のぜんじーが風邪をひいて、

鼻の穴の周りが、乾いた鼻水やら何やらでカリカリになっていたところを

母親(まだ20代)に湿ったガーゼで拭われた時の映像が・・・。

そのときのぜんじーも、痛い痛いと泣いていたのだ。


ふと我に返り、車の窓が開いていることに気付いた。

外を歩く作業着姿のおじいさんが、こちらを見ていた。

鼻毛ごときで泣きわめく私(どっぷり30代)って一体・・・。



でも、毛抜きはどうしても怖かったので、

その日はそのまま仕事に行って、夜にハサミでちゃんと切りましたとさ。



★↑ぽちっとよろしゅ~☆


ちなみに上の文章だと、イッチーが間違えて抜いた本数は1本だけど、

実際は2回連続で間違えられたんだよ~(泣)

涙も出たけど、汗でびっしょりになりました。

痛みにはめっぽう弱い私です。
スポンサーサイト
2011.10.02 (Sun) 14:13


COMMENT
お返事
○匿名さん

個人的な相談であればメールでも良いですよ^^
PC使える環境なら、ブログにメールフォームが付いているので、それをお使いください。

いろんな人に意見が聞きたいのであれば、
個人を特定可能な情報を除いて、このブログに記事として載せるのも良いしね。

匿名さんが書いているとおり、
まずは受験が終わって落ち着いてから、ブログ等を書いてみるのも良いかもしれません。
受験と恋愛って、個人的には、両立は難しかったからね。
FROM ぜんじー 2011.10.30. (Sun) 22:41 URL [EDIT]
お返事嬉しかったです
すごく嬉しかったです

ありがとうございます


相談に乗っていただきたいこと
山のようにあるんです(*_*)


母よりずっと若いので
もちろんお姉さん感覚です(笑)



でも私の個人的な相談を
コメント欄にしてしまっても
よいのでしょうか…?

気が引けてしまいます

受験うまくいったら
ブログ始めてみようかな…

FROM 匿名さん 2011.10.23. (Sun) 23:02 URL [EDIT]
お返事遅くなりました
○らっきょ
痛かった><
あれ以来、鼻毛チェックをこれまでより念入りにしています。

○ゴン太さん
弁慶の泣き所をぶつけた時、足の小指をぶつけた時、
足の指の間にコードをひっかけた時、
それらに匹敵する、いやそれらに勝る痛みでした。

○匿名さん
はじめまして^^
読破をきっかけにコメントくださってありがとうございます。
高校生にも楽しんでいただけて何よりです。
私は匿名さんのお母さんでもおかしくないくらいなので
何か悩むことや迷うことがあれば相談には乗れると思いますよ♩
(周りに色んな経験を積んでるおじおばさん・・・じゃなくてお兄さんお姉さんもいるしね。)
これからもよろしくね。
FROM ぜんじー 2011.10.23. (Sun) 15:21 URL [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
FROM 2011.10.16. (Sun) 10:07 [EDIT]
NO TITLE
自分、打撲系はそこそこ大丈夫ですが、そっち系はまったくダメです。
。・°°・(>_<)・°°・。

鼻毛、抜いた事ないですけどむっちゃ痛そうですね、、、
FROM ゴン太 2011.10.03. (Mon) 08:13 URL [EDIT]
NO TITLE
鼻毛は、痛い。
うんうん。

FROM あらら 2011.10.02. (Sun) 21:37 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。