2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
付き添い
今日は、イッチーが仕事でお客様のオフィスに初訪問するということで、

徒歩で駅から15分以上かかりそうな場所なだけに、

イッチーが迷子にならないかが心配なぜんじーは、イッチーについて行くことにしました。


さすがにお客様のところまでは行けないので、

(アシスタントっていうことにして着いて行こうかと思ったけどw)

イッチーを途中まで案内した後、ぜんじーは1人で街をブラブラしながら待つことに。


ブラブラって言ってもそこは住宅街だったので、

暇つぶし出来る場所もなかなか無くて、

商店街にあった本屋で2冊ほど本をゲットした後はマクドで時間をつぶしていました。


40~50分ほど経過したところで飽きてきたので、

もうそろそろ打ち合わせも終わるんじゃないか?と

イッチーがいるであろう場所まで迎えに行くことにした。


ゆっくり歩いて25分後、目的地にたどり着いた。


オフィスのショーウインドウを覗くと、立っているイッチーの後ろ姿が見えた!


ぜんじーが思わずニヤけたところを歩道の向こう側を歩いていたおばちゃんに目撃され、怪訝な顔をされた。


イッチーのいる建物を通り過ぎながら横目で見ていると、

イッチーがおじさん2人におじぎをして、

そのうちの1人のおじさんと一緒に建物から出て来そうな様子に。


ぜんじー:「わーい、イッチー待ってたよぉ~。お疲れさま~!」

なんて、すかさず駆け寄ることは出来ず、

ぜんじーは通行人を装って通り過ぎた後、くるりと回れ右してイッチーの背中を見ていた。

いきなり回れ右も怪しいので、電話がかかってきたフリをして、耳に電話を当てながら。


イッチーは全くぜんじーには気付いておらず、おじさんと2人で駅の方角に歩き始めた。

ぜんじーは、その20メートルくらい後ろを尾行。

傍目から見ると、本当に怪しい私。



途中、後ろから自転車が来たので、避けようとしてちょっと目を離した隙に、

イッチー達の姿が消えた。

ぜんじーは驚いた。



あれ?

駅までは、しばらく直線のハズなのに。


早足になってイッチーを探していたら、

駐車場にあった白い車の後部座席にイッチーが座っているのを発見した。

おじさんは運転席に乗り込んでいる。

呆然としているぜんじーをよそに、車はブーンと走り去ってしまった。


そっかそっか、ここって駅から離れているもんね。

帰りはさすがに車で送ってもらえるよね。



ぜんじーは、半泣きになりながら駅に向かって歩いたね。

まさか置いて行かれることになるとは!!!

おとなしく駅付近で待っていればよかったヌーン!(←誰)



グズりながら歩いていると、イッチーから電話がかかってきた。


イッチー:「仕事終わって駅まで来たよ~。ぜんじーはどこ?」

ぜんじー:「あたしはイッチーが仕事してた場所から歩いて駅に向かってるよ。」

イッチー:「え~~~?なんで?」



こんな感じで最後はすれ違いになってしまったけど、

約15分後、ぜんじーはようやくイッチーに会うことができました。


イッチーは今回、お客さんから仕事をいっぱいいただいてきたみたいで

良かった良かった。



しかし私って、どんだけイッチーのことが心配やねん、と。

イッチーに振られたら、私ってばストーカーになるんじゃないかと、逆に自分のことが心配になってきました。


なんつって。



★↑ぽちっとよろしゅ~☆
スポンサーサイト
2011.09.17 (Sat) 23:50


COMMENT
お返事
○ふらら

ほんとコントみたいだったよ。
「ええ~~~!」
って声あげそうになった。
FROM ぜんじー 2011.09.19. (Mon) 00:10 URL [EDIT]
NO TITLE
うわぁ、コントみたいだ。
笑っちゃった。
ストーカーぜんじーかわいいなぁ。
FROM ふらら 2011.09.18. (Sun) 02:05 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。