2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.07.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
熱すぎる寒い私。
前回のブログ更新から2週間も日が空いてしまったが、

その理由は、イッチーの妹の珊瑚が東京に遊びに来ていたからだ。


さらに珊瑚が東京に遊びに来た理由はと言うと、

ぜんじー、イッチー、珊瑚の3人でAKBの握手会に参加するため。


つまり3姉妹(?)でオタク活動をしていたために、ぜんじーはブログの更新をスキップしてしまったのである。


 
 
 
ぜんじー達が今回参加したのは、

「Everyday、カチューシャ」の劇場盤発売記念個別握手会@東京ビッグサイト。


個別握手会は、CD予約購入の際に握手したいメンバー、日付、時間帯を指名出来るシステムとなっている。


人気のあるメンバーの握手券付きCD(CD付き握手券か)は、すぐに売り切れてしまう。


抽選でのハズレを見越して多めに予約した結果、

ぜんじーは今回、あっちゃん(前田敦子)の握手券×1と、たかみな(高橋みなみ)の握手券×3をゲットすることが出来た。


一方、イッチーは梅ちゃん(梅田彩佳)とあっちゃんの握手券、珊瑚はあっちゃんときたりえ(北原里英)の握手券を持っていた。



朝が苦手なぜんじー達は、土曜の夕方~夜の時間帯の部を予約しており、車でゆったりと15時過ぎに出かけて行った。


会場は大変横に長く(握手の列が50レーン以上あるため)、人混みの中、目当てのメンバーがいるレーンを探すのが大変だった。


最初は、3人とも被っているあっちゃんのレーンに並んだ。


あっちゃんは疲れが溜まっているのか眠いのか、心ここに在らずという感じだったので

ぜんじーは、「初めまして。今日も朝から握手会お疲れさま。」で会話を始め、

「応援しているね。」で話を締めくくった。

くしゃっとする笑顔は見られなかったが、可愛かったから良いのである。


イッチーは「あっちゃん可愛い!」と話しかけたようだが、

もはやリアルQ10(ロボット)化していたあっちゃんに

「はい。ありがとう。」と返されて笑っていた。


珊瑚は後で、「今日のあっちゃんは『真摯でひたむき』というより『瀕死で下向き』だった。」と上手い事を言っていた。

それでも握手出来て嬉しいのが、不思議なファン心理である。




後は3人とも行動を別にし、各々目的とするメンバーのレーンへ。


ぜんじーが3回握手したたかみなは、

やはりキャプテンらしく丁寧な対応(神対応と言います。)だった。


その日、Twitterでnicoさんから「好きだよ、って言って!」とたかみなにお願いする提案をいただいたけど、たかみなを目の前にすると、どうも真面目なことしか言えなくてダメだ。



<1回目>

ぜんじー:「こんにちは~。」

--- 握手開始 ---

たかみな:「こんにちは~。」

ぜんじー:「たかみなとは、2回目の握手だよ。」

たかみな:「ありがとうございまス。」

ぜんじー:「たかみなの夢は、ソロの歌手になることだよね。夢叶えられるように頑張ってね。」

たかみな:「はい、がんばりまス!」

(背後からスタッフの「時間で~す」の声)

--- 握手終了 ---

ぜんじー:「また後で。ばいばい。」

たかみな:「ばいば~い。」



<2回目>

ぜんじー:「こんにちは、また来たよ。」

--- 握手開始 ---

たかみな:「ありがとう。」

ぜんじー:「たかみなが将来ソロ歌手になれたら、具体的にはどんな歌手になりたいの?」

たかみな:「そうですね~...中森明菜さんと浜崎あゆみさんを足して2で割ったような歌手になりたいです。」

ぜんじー:「!!!(まっすぐな眼差しにドキッとして一瞬言葉を失う)」

(背後から「時間で~す」の声)

ぜんじー:「な、なるほど。その日まで応援してるね。」

たかみな:「ありがとうございまス。」

--- 握手終了 ---

たかみな:「ばいば~い。」

質問しておいて、「なるほど」は返しとして無いだろうと反省しつつ、おじぎをして去るぜんじー。(笑)



<3回目>

ぜんじー:「お疲れさま。またまた来たよ。」

--- 握手開始 ---

たかみな:「おぉ!」

ぜんじー:「私、○○才やねん。」

たかみな:「えぇー!見えないっス。全然若いっスね!!!」

ぜんじー:「いやいやありがと。40になっても50になっても、たかみなのこと応援してるんで、夢叶えて活躍してね。」

たかみな:「ありがとう~。」

ぜんじー:「あ、ノースリーブスのシングル、たかみなバージョン買ったよ。」

(背後から「時間で~す」の声)

たかみな:「ありがとうございまス。」

ぜんじー:「今日はこれで最後。」

たかみな:「また遊びに来てね。」

--- 握手終了 ---

ぜんじー:「うん。またねばいばい。」

たかみな:「ばいば~い。」


ぜんじーはこんな感じであった。


握手した後って、推しメンと会話してたときの嬉しさやら興奮の余韻が残っているせいか、

歩きながら自分の顔が笑顔になっていることに気付き、

我ながら寒い~と思ってしまうぜんじーなのであった。

(こうしてレポ書いている自分も寒い~)



ちなみにイッチーは、推しメンの梅ちゃんとの握手にて、

梅ちゃんから事前に提供されたネタ「梅ちゃんの好きなところ3つ」を言おうとシミュレーションしていたらしいんだけど、

自分の握手の順番が来たところで、Tシャツの襟首にかけていたメガネを床に落としてしまう。

慌ててメガネを拾って梅ちゃんと握手。

既に持ち時間のうちの数秒が、メガネを拾う動作に費やされてしまったことに動揺したイッチーは、頭が真っ白に。

イッチー:「えーと、えーと・・・。」

梅ちゃん:「うんうん。」

イッチー:「えーと・・・。(やばいやばいっ!)」

(スタッフ:「はい、お時間でーす。」)

イッチー:「今度リベンジ!!!

そう言い残して立ち去ったイッチー。

あまりの不甲斐なさにイッチーは凹んでいたけど、私と珊瑚は爆笑していました。

イッチーも十分寒いな。がんばれ。



★↑ぽちっとよろしゅ~☆
スポンサーサイト
2011.07.10 (Sun) 12:24


COMMENT
お返事
○匿名さん
初めまして。コメントありがとう。
傷心が吹き飛ぶような恋をまた見つけられるといいですね。
出会いのコツは、行動するに限ると私は思います。
彼女を見つけることだけを目的にすると疲れるので、
自分が興味を持てるものを外部に見つけて本気で楽しめば良いのではないでしょうか。
何かに本気で打ち込んでいる人、充実している人は素敵に見えます。
そうすると、きっといい出会いがあるんじゃないかなー。^^
(あくまで私の考え方です。)
いつか、いろいろ語れると良いですね☆
FROM ぜんじー 2011.07.10. (Sun) 19:19 URL [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
FROM 2011.07.10. (Sun) 13:40 [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。