2012.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2012.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
癒されたい
この休日は、のんびりしつつ、心を癒そうと思って

猫が登場するDVDを借りてきた。


猫アレルギーだが、猫のことは大好きな私。

平日の深夜にも、猫の動画を観て楽しんでいたりするのだ。


借りて来たDVDをセットして、リビングの椅子に座り、

かわいい猫たちがテレビに映るのを楽しみに待っていると、

いきなり(人間の)おばさんが登場した。


ところどころ、猫も数匹映ったが、猫用トイレの砂のブレンドの仕方や

キャットフードの栄養バランスの良い与え方、

猫の運動特性を活かせるような家具の配置、

猫じゃらしの動かし方のバリエーションなど・・・・・・。

DVDのタイトルをよく見ると、猫の飼い方マニュアルだった。

映像のうち、猫が映ったのは3割、おばさんと猫用グッズが7割だった。

びっくりしたー。

やってもーたー。

一応、猫アレルギーを克服したときのために、私は最後まで観たけれど、

イッチーは私の隣で目を閉じて、どこか遠くへ行ってしまっていたよ。



私以上に、イッチーも猫が大好きなのだが、

猫を飼えないせいか、私のことをペット扱いしているように思えることが多々ある。

この間も、ぜんじーが寝ていたときに、ふと目を覚ましたら

イッチーが私の頬に自分の頬をくっつけて、スリスリしていた。

寝ぼけつつも、おかしなシチュエーションだったので笑ってしまった。

(その後、すぐ眠ってしまったが。)


起きているときも、突然鼻息を荒くして私の髪の毛をワシャワシャっと勢いよく撫でたり

片手で私の胴回りを抱えて、無理やり運ぼうとしたりする。

「かわいいね〜〜〜〜〜。あーかわいい!!!」

と言ってくれるのは嬉しいけれど、なんだかレディに対する褒め言葉ではない気がするのだ。


イッチーも、私に癒しを求めているのかな?

もう少し一緒にいられる時間が取れるといいなぁ。



↑ぽちっとよろしゅ~★
スポンサーサイト
2012.10.21 (Sun) 23:23
長い沈黙
ぜんじーが子どもの頃、よく親から注意を受けたことがある。

それは、

・戸や引き出しなどを、開けたら開けっぱなし(閉め忘れ)

・物を出したら出しっ放し(しまい忘れ)

・服を脱いだら脱ぎっぱなし(脱衣かごに入れ忘れ)

などの、「○○っぱなし」系である。

これらについては、思いつく限り、ひととおり注意された経験がある。

要するに、だらしないのだ。


仕事の時は、"ぱなし名人"にならないよう、頑張って気をつけているのだが、

家に帰ると気が抜けてしまうのか、"ぱなし名人"が、ちょいちょい出てしまう。


イッチーも一時期は気になっていたようで、

例えば、ぜんじーの脱いだ服が100パーセント裏返っていることなどを

たまに見かねて注意してくれていたのだが、

ある日、こんなことを言ってきた。


イッチー:「親からよく怒られたようなことは、大人になってもキチンとしようとしてきたつもりだけど、ぜんじーと一緒に住むようになってからは、あまりにもぜんじーが何も出来ない(正しくできない)ものだから、前ほど細かいことが気にならなくなってきたんやけど・・・。」



まるで、うちの親のしつけの仕方が悪いみたいじゃないか。

私の親は、私をしつけようとしてくれたけど、子どもである私が、言うことを聞かない問題児だったのだ。


イッチー:「2人で住むようになって、だらしなくなった例なら何個も見つかるんだけど、逆に、お互いがお互いを高め合っている例ってあったっけ?」


その後、長い沈黙が訪れた。


高層階行きのエレベーターに、私とイッチーの他に、もう1人知らない誰かが乗っていて、

目的の階まで、階数を示すランプをひたすら見つめている時のように、

私もイッチーも、少し上を見ながら沈黙し続けた。



お互い考えてみたが、高め合っていることなんて、1つも見つからなかった。


私がまだ20代前半の頃は、

「恋人との関係は、一緒にいて、お互いを高め合うことが出来るような関係が理想だ!」

なんて言っていたこともあったけれど、

やはり、理想と現実は違うのだ。



がんばらなくてもええねんで〜、だ。

そりゃービール腹にもなりますわ〜、だ。(←誰)



ちなみにぜんじーは、イッチーのおっ○いを出した時だけは、

出しっぱなしにせず、キチンと元に戻している。(キラーン



↑ぽちっとよろしゅ~★
2012.10.08 (Mon) 22:13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。