2012.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2012.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
最期の音
我が家のティッシュペーパーがなくなりそうになっていることに

昨日の夜、気付いた。

コンビニに買い出しに行くのも面倒だったので、

翌日買い物に行くまでは、限りある資源を大切に使うことにした。


休日出勤だったぜんじーは、へとへとに疲れていたので

早めに就寝しようと思っていたのに

イッチーがテレビのチャンネルを変えていたときに

アニメでワンピースを放映していることを知り、

途中からであるが、イッチーと一緒に観てしまった。

ちょうど、マンガでも何度か読んでいるストーリーをアニメ化したものだった。


観ながら、

「これはヤバいな。」

と、ぜんじーは思った。

絶対に、泣いてしまうパターンのやつやん!


しばらくして、案の定、心を揺り動かされる波がやってきた。

深呼吸して目を見開き、やり過ごした。

しかし、その後、どうしても我慢できない大波が来た。

ふとイッチーと目が合ったら

イッチーも私と同じような表情をしていた。

 
スポンサーサイト
2012.08.26 (Sun) 13:53
そういうこと?
(この記事は、背後に誰も居ないことを確認してから読むことをおススメします。)


ぜんじーの夏休み最終日は、まったりと家で過ごそうかな~と思っていたら、

出不精のイッチーが珍しく、ぜんじーをドライブに誘ってきた。


いつの間にか着替えて化粧も終えている。

それを見て、ぜんじーも慌てて身支度を整えた。



マンションの駐車場へ向かいながら尋ねた。

ぜんじー:「今からどこへ行くの?」

イッチー:「豊洲のららぽーとにでも行ってみない?」

ぜんじー:「いいよ~。何か買うの?」

イッチー:「え?食材とか。いつも行ってる近くのスーパーでもいいけど、たまには少し遠出して買うのもいいかなと思って。その方が、ぜんじーも気分転換になるでしょ?」

ぜんじー:「それもそうだね



イッチーの運転で、ららぽーとに到着した。


食材を買うなら1Fかな?と思っていると、

イッチーが店内のガイドマップを見て、

「3Fに行ってみよう。」

と誘ってきた。

イッチーが自分から地図を見ることなんて殆ど無いのに、珍しいこともあるものだ。



3Fに到着すると、イッチーは真っ直ぐにHMVに向かって行った。

HMVの入り口に、AKBの大島優子のパネルがあるのが見えた。

近づくとその隣には、梅ちゃんのパネルもあった。

(梅ちゃんのパネルなんて珍しい。まさか、このパネルを見るためだけに、ここに来たのでは・・・ )


ぜんじーは一瞬、嫌な予感がしたが、イッチーはそのパネルを一瞥すると店の奥に入っていったので、その予感は気のせいだと知った。

イッチーが洋楽のアルバムを手に取り、レジに向かったからだ。

「なんだ。ほしいCDがあったのか。」



会計を終えたイッチーが、ぜんじーのところに笑顔で駆けてきた。

イッチー:「これ、もらえたよ♪」

イッチーが、丸い厚紙のようなものをHMVの袋から取り出して、ぜんじーに見せてきた。

           ↓ ↓ ↓

2012.08.12 (Sun) 22:24
ちょい旅
こんばんは。

夏休み中のぜんじーです。


夏休みなので調子づいて、PC版のブログのトップ画像やプロフィールを更新してしまいました。

クオリティからも察しがつくように、ぜんじーの作でございます


脳内イメージと実際に出来上がるものの質が違うのですが、違うからこそ面白いですw

いつか、もっと凄いものを作れるようになりたいな~。

センスも磨かないとな~。

私は何を目指しているんだろう?(笑)

 
 
2012.08.07 (Tue) 23:38
イッチーのお母さん
昨日、イッチーのお母さんから電話がかかってきた。


イッチー母:「お母さん最近、体がだるくてしんどいわ。」

イッチー:「大丈夫?」

イッチー母:「夜も全然眠れなくてね。」

イッチー:「どうしたの?何かあったの?」


暑い日が続くし、母親が体調を崩したのではないかと心配して尋ねると

どうやらオリンピックを朝方まで観ているので

眠れないだけのようで。。。


イッチー:「もう今日は無理せず、早く寝た方がいいよ。」

イッチー母:「ダメ!だってバタフライ観ないと。」


心配するだけムダだったようです。

 
 
2012.08.01 (Wed) 01:11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。