2011.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2011.10.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
真剣勝負
先日、珊瑚から電話がかかってきた。


なぜ、こんな流れになったのかは忘れてしまったが、

珊瑚:「ぜんじーとイッチーは、どっちの方が面白い文章書けるの?」

と質問された。


負けず嫌いのぜんじーとイッチーは、

ぜんじー:「そりゃぜんじーやろ。」

イッチー:「いや~、やっぱり私やわ。」

と、お互いに負けを認めない。


珊瑚:「じゃ、私も参加するし、これから3時間以内に短い小説を書いて、誰の文章が1番面白いか競争しよう。」

と提案されたので、受けて立つことにした。


 
ぜんじーとイッチーは、その後別々の部屋にひきこもって文章を一気に書き上げると、珊瑚にメールした。
 
 
2人の文章(似非短編小説)を読んだ珊瑚から返事が来た。

珊瑚:「読んだけど、私が書いた文章が一番おもしろいわ。」

 
 
2人が送った文章は、次のとおりである(フィクションです)。
  
 
 
 
スポンサーサイト
2011.09.19 (Mon) 01:22
付き添い
今日は、イッチーが仕事でお客様のオフィスに初訪問するということで、

徒歩で駅から15分以上かかりそうな場所なだけに、

イッチーが迷子にならないかが心配なぜんじーは、イッチーについて行くことにしました。


さすがにお客様のところまでは行けないので、

(アシスタントっていうことにして着いて行こうかと思ったけどw)

イッチーを途中まで案内した後、ぜんじーは1人で街をブラブラしながら待つことに。


ブラブラって言ってもそこは住宅街だったので、

暇つぶし出来る場所もなかなか無くて、

商店街にあった本屋で2冊ほど本をゲットした後はマクドで時間をつぶしていました。


40~50分ほど経過したところで飽きてきたので、

もうそろそろ打ち合わせも終わるんじゃないか?と

イッチーがいるであろう場所まで迎えに行くことにした。


ゆっくり歩いて25分後、目的地にたどり着いた。


オフィスのショーウインドウを覗くと、立っているイッチーの後ろ姿が見えた!


ぜんじーが思わずニヤけたところを歩道の向こう側を歩いていたおばちゃんに目撃され、怪訝な顔をされた。


イッチーのいる建物を通り過ぎながら横目で見ていると、

イッチーがおじさん2人におじぎをして、

そのうちの1人のおじさんと一緒に建物から出て来そうな様子に。


ぜんじー:「わーい、イッチー待ってたよぉ~。お疲れさま~!」

なんて、すかさず駆け寄ることは出来ず、

ぜんじーは通行人を装って通り過ぎた後、くるりと回れ右してイッチーの背中を見ていた。

いきなり回れ右も怪しいので、電話がかかってきたフリをして、耳に電話を当てながら。


イッチーは全くぜんじーには気付いておらず、おじさんと2人で駅の方角に歩き始めた。

ぜんじーは、その20メートルくらい後ろを尾行。

傍目から見ると、本当に怪しい私。



途中、後ろから自転車が来たので、避けようとしてちょっと目を離した隙に、

イッチー達の姿が消えた。

ぜんじーは驚いた。



あれ?

駅までは、しばらく直線のハズなのに。


早足になってイッチーを探していたら、

駐車場にあった白い車の後部座席にイッチーが座っているのを発見した。

おじさんは運転席に乗り込んでいる。

呆然としているぜんじーをよそに、車はブーンと走り去ってしまった。


そっかそっか、ここって駅から離れているもんね。

帰りはさすがに車で送ってもらえるよね。



ぜんじーは、半泣きになりながら駅に向かって歩いたね。

まさか置いて行かれることになるとは!!!

おとなしく駅付近で待っていればよかったヌーン!(←誰)



グズりながら歩いていると、イッチーから電話がかかってきた。


イッチー:「仕事終わって駅まで来たよ~。ぜんじーはどこ?」

ぜんじー:「あたしはイッチーが仕事してた場所から歩いて駅に向かってるよ。」

イッチー:「え~~~?なんで?」



こんな感じで最後はすれ違いになってしまったけど、

約15分後、ぜんじーはようやくイッチーに会うことができました。


イッチーは今回、お客さんから仕事をいっぱいいただいてきたみたいで

良かった良かった。



しかし私って、どんだけイッチーのことが心配やねん、と。

イッチーに振られたら、私ってばストーカーになるんじゃないかと、逆に自分のことが心配になってきました。


なんつって。



★↑ぽちっとよろしゅ~☆
2011.09.17 (Sat) 23:50
東京へようこそ飲み会
昨晩は仕事の後で、女子会…ならぬ、婦人会…もしっくり来ないな…

えーーーと、要は飲み会に参加してきました。(←諦めた)


ブログで長年リンクさせていただいていた"ゆき"さんと、やっと会うことが出来たんだよ。

エモさんに誘っていただきました。感謝です。


ゆきさんのお友達も一緒に、4人で飲みました。



初対面の人と会うのって、ワクワクする。


当日も朝から

「今日は絶対早帰りするぞー!」

と楽しみにしていたんだけど、

帰り際1時間前くらいから打ち合わせが始まって

予定の時刻よりも逃げ遅れ(?)てしまい、15分遅刻。

お待たせして申し訳ありませんでした。(←主役ちゃうし)


初対面のゆきさんは、色白でキレイでした

おっ○い好きな人には見えなかったなぁー。

お友達も笑顔がとってもかわいらしくて、

向かいに座った2人の顔を交互に眺めながら、ぜんじーは終始楽しかったです。

ぜんじーの右隣にはエモさんが座っていたんだけど、

エモさんに少しでも近づくために、自分の荷物を座席の端に置いてジワジワ近寄っていたことは内緒です。

はい。女大好きなオッサンですみません!



ところで今回は、イッチーが仕事の都合で参加出来なかったのが残念でした。

でも、イッチーがいると、ぜんじーは間違いなくデレデレしちゃうから、

時には単独行動も良いかもね。



短い時間ということもあり、

飲み会での話題は、自己紹介も兼ねつつ浅く広くな感じだったので、

いつかまた機会があれば、じっくり話してみたいなぁと思いました。



いや~、ぜんじーが出会った女子好き女子(あ、婦人?)は良い人ばかりだ。

類は友を呼ぶって、まさにこういうことだよね。うんうん。(←ここで自慢入りました~。)




楽しい会が終わり、酔っぱらって家に帰ってきたぜんじー。

仕事中のイッチーに絡んで、やっぱりウザかったみたい。


土曜の朝、イッチーに飲み会での出来事を報告したら、

イッチー:「まるで今初めて話すかのように勿体ぶってるけど、それ昨日の夜、何度も聞いたしな。」

と言われてしまいました。



きゃはっ☆☆ (゚∀゚) ☆☆(←やだこんな大人。)



★↑ぽちっとよろしゅ~☆
2011.09.17 (Sat) 22:53
旅の思い出(心折れた後)
5泊6日の旅のことを思い出しながら

2時間以上かけて記事を書いたのに

途中でブラウザの挙動がおかしなことになったせいで

長文がすべて消えてしまいました。

久々に心が折れるわ~~~~~~~~(泣ける)。



申し訳ありませんが、

続きは、夏の思い出を写真と、少々やっつけ気味なコメントでお楽しみください。。。
 
 
 
2011.09.05 (Mon) 01:30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。