2010.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2010.10.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
お誘い?
昨晩のことだ。


お酒も入って眠くなったぜんじーが先に布団に入ってウトウトしていたら、

隣にイッチーが飛び込んできた。


イッチーは、ぜんじーに抱きつくと

自分の唇をぜんじーの頬に、触れるか触れないかという感じで

何度も何度もキスしてきた。


ぜんじー:「何?どうしたの?」

くすぐったいような気持ちいいような感覚の中で尋ねたが、

イッチーは答えることなく、なおも優しいキスを続けてきた。


まさか、これってお誘い?

ついにイッチーから、ぜんじーのことを誘ってきた?


あと1分待ったらイッチーを押し倒そう・・・

そう心に決めた途端、

イッチーが笑って言った。


イッチー:「あ~。ぜんじーのほっぺた、桃みたいに毛が生えてて気持ちいいわぁ~♪」

ぜんじー:「あはは・・・。どうせ産毛生えてるよ・・・。」




期待したけど、また空振りに終わったぜんじーなのでありました。


★↑1日1回、優しく押してね☆
スポンサーサイト
2010.09.26 (Sun) 18:39
心の洗濯
この間の3連休は仕事が残っていて精神的にゆっくり休めなかったので

火曜日・水曜日もなんだか疲れが残ったままだった。


特に心に水アカのような汚れがこびりついている気がしたから、

あえて仕事は持ち帰らず、今日はきちんと休むことにした。


朝から天気は大雨で、お出かけにはあまり相応しくはなかったけれど、

イッチーを誘ってマイカーで上野に出かけることに。

とりあえず、上野公園付近に行けば、雨でも楽しめる美術館や博物館があるからだ。

そこで心の洗濯がしたかったんだ。


 
 
2010.09.24 (Fri) 00:20
ムカっときました?
ぜんじーよりひと足先に、iPhone4を手に入れたイッチー。

いろんなアプリをインストールして楽しんでいる。


先日、ぜんじーがイッチーのiPhoneに無理やり入れてもらったのは

星が見えるアプリ。

アプリを起動したまま、iPhoneをいろんな方向にかざすと

実際には見えない星まで見えるんだ。

いろんな星座も表示してくれる。

夜、床に向かってiPhoneをかざしたら、地平線の向こう側に沈んだ太陽の位置が分かったよ。

ロマンチック&ファンタスティックだよね~~~!

イッチー自身は、そのアプリにあまり興味がなさそうだったんだけど、

意外と活用しているみたい。

ぜんじーを迎えに駅まで来てくれたイッチーが

iPhoneを頭の上にかざしながら歩いて来たのにはびっくりしたけど。

イッチーの傍を通り過ぎる家族連れが

「何やってんだろう・・・」

みたいに、イッチーのことを不審な表情で見ていたよね。



今日は、顔写真を撮ってアプリに読みこませると

おデブちゃん画像に変換してくれるという有難迷惑なアプリを入れていた。

そのアプリによって、

「ぜんじーの体重が100kgくらいになったら、こんな顔になるんだろうな~・・・。」

ていう、ひどい画像が出来上がった。

大笑いはしたんだけどね。

調子に乗って、その画像を、イッチーの妹の珊瑚に送って感想を訊いてみたところ

「気持ち悪いし、消したわ。」

と、一言で片づけられてしまった。

大食いには気を付けないと・・・



 
 
2010.09.21 (Tue) 00:39
子どもになった日

先日、姪っ子たちと一緒にディズニーランドに行きました。

今年はイッチーとも行ったばかりだったけど

まさか1年に2回も行くことになろうとは思いもしませんでした。


 
 
 
2010.09.13 (Mon) 00:53
MJへの借り
先日、TVでマイケル・ジャクソン(以降MJと省略)の曲に合わせてダンスしている人達の映像を観ている時のこと。


イッチー:「あたしMJに借りがあるんだよね~。」



ぜんじー:「え?何やらかしたん?」


イッチー:「私が小学生の頃、家でよくMJの音楽がかかってて…」


ぜんじー:「へぇ~。おしゃれやな。うちはさだまさしやわ。」


イッチー:「母親とお兄ちゃんが先ずMJにハマったんだけど、毎日聴いてたら私と妹もめっちゃMJが好きになってん。MJの音楽に合わせて歌ったり踊ったりしててね。」


ぜんじー:「そうなんや~。あはは。」


イッチー:「ある時、MJの来日コンサートがあるってことで、母親が2枚コンサートチケットをゲットしてん。で、お兄ちゃんと一緒に行こうとしてたから、私と妹も『行きたい行きたい~~!!』って超ダダをこねたんだ。」


ぜんじー:「MJのコンサートチケットって高そうだよね。4人はキツイよね~。しかも小学校低学年やろ?」


イッチー:「私と妹がダダこねてたら、母親がこう言ってん。

『イッチーと珊瑚は、どっちに行きたい?

1.MJのコンサート。2.東映まんが祭り。どちらか1つに連れて行ってあげる。』




ぜんじー:「…で、どっちにしたん?」



イッチー:「私も珊瑚も、迷わず

『東映まんが祭り~!!!

って答えてたわ…。」


ぜんじー:「ふふ。


イッチー:「この時、MJよりも、ドラえもんだったかパーマンだったかを選んだことが今でも引っかかってて、MJ見ると切な~い気分になるねん…。」

ぜんじー:「いやいや、小学校低学年やったら、MJよりもドラえもんやパーマンの方がヒーローやろ!大丈夫!!!MJも許してくれるよ。」


…知らんけど。


 
 

2010.09.05 (Sun) 14:09
2人の寝相

イッチーと枕を並べて一緒に寝るようになってから、はや2年以上経った。


今では、お互いの寝相も知りつくす仲である。


冬は寒いから、布団の中で比較的おとなしい。

でも、夏になると動きまくるよね。

特にイッチーが。

冷房入れてるのに動くんだよ、あの子。



ひとたび眠りにつくと、

何もなければ目覚ましが鳴るまで起きることはないぜんじーも、

夏の間は、イッチーからの圧力で起こされてしまう。


圧力って何?

精神的なプレッシャー?


そんなんじゃなくて、物理的な圧力。


朝方になればなるほど、ぜんじー目がけて寝がえりを打ってくるイッチー。

朝6時前あたりには、ぜんじーの身体のどこかがイッチーの下敷きになるほどに寝がえりまくるイッチー。


一昨日と昨日は、被害に遭ったのは脚。

その前は腕。

でも、顔だけは止めてね。

寝起きに顔についた跡が、なかなか取れなくなってきたからw

(ただし、おっ○いの下敷きになれるのなら顔でもOK。)



そんなことを言っているぜんじーも、

今では毎晩のようにイビキをかいているらしい。


デフォルトでイビキである。


イビキはオッサンのかくもの、と思っていたけど、それは間違いだった。

レディー もイビキはかくのだ。


さらには、ここ最近、しばしば寝言も出るらしい。

はっきりとは聞き取れないような寝言らしいが、何やら発しているようだ。



イッチーからは、

「イビキをかき始めても、横にしたり突いたりすると止まるから余り気にしないけど、

突然、話し始めるのは止めてほしい。ドキッとするし。」


と注意を受けた(本気で困った顔ではなかったが)。



一度、自分たちの寝相をビデオカメラに収めてみたいと思うが、

リアルで「パラノーマル・アクティビティ」みたいになったら怖いので、やめておこうw


みなさん、寝相って良いですか?


ちなみにどーでもいいけど、うちのママンの歯ぎしりは最強。



★↑1日1回、優しく押してね☆
2010.09.03 (Fri) 01:05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。