2009.12.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2010.02.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
オーダーしてみました。
ぜんじーは、基本、イッチーが作る料理であれば

何でも美味しい美味しいっ♪と言って食べるんだけど

時々、自分から

「これを作ってほしい!」

とオーダーすることがある。

何を作ろうか…と考えるのも大変みたいなので、概ね、すんなり希望は通る。



 
例えば、休日の朝にホットサンドが食べたくなったりする。

ぜんじー:「ねぇねぇイッチー、ホットサンドが食べたい。」

イッチー:「何を挟むの?」

ぜんじー:「1つは卵で、もう1つはチーズとハム。」


イッチー:「ごめん…ハムないわ…。メンチカツでもいい?」


ぜんじー:「うん♪」

こんな感じでオーダーすれば、淹れたてのコーヒーと一緒にホットサンド2種類を準備してくれるのだ。




ただ、時々、難色を示されることもある。


イッチー:「ぜんじー、晩御飯は何が食べたい?」

ぜんじー:「そうだなぁ~。サムゲタンが食べたい。」

イッチー:「わかった。サムゲタンが何か分からないけど、作ってみるね。」


その日の夜、仕事から帰ってくると、希望どおり食卓にサムゲタンが出てきた。


イッチー:「はじめに言っておくけど、それ、私が作ったものじゃないねん。お店で買ってきてん。」

ぜんじー:「あ、そうなん?それほど思い入れが強かったわけでもないし、たまたま思いついて言っただけだから別に買ってきたものでもいいよ。ありがとう。」


それを聞いて、若干、イッチーの顔がピクピク・・・



実はイッチー、最初はちゃんとレシピを調べて作る気でいてくれたらしい。

でも、レシピを調べてから、「こんなの手作りは無理!!!」と確信し、その料理を「作ってくれ」と気楽に言うぜんじーに、イラッと来たようだ。


イッチーは、まず、サムゲタンの材料のレアさにイラッ

スーパーに高麗人参とか、ひな鶏(しかも1羽まるまる)なんて売ってないない!!


そして、レシピの中で以下のような工程を発見して、イッチーさらにイラッ

"鶏の腹の中をよく洗います。また、お尻のあたりに脂がついているので、それもよく取り除きましょう。"

めっちゃ気合と度胸が必要やん!!ムリムリ!!

こんなの仕事から帰ってきて作れるかい!!

と。


ぜんじーは、外では時々サムゲタンを食べるけど、もちろん自作はしたことが無かったので

そんなに手間がかかるものだとは思っていなかったのよね…。

えへへ。失敗失敗w



今日も、何が食べたい?って聞かれたので、サムゲタンばりの失敗はしないように、

控えめにオーダーしてみた。

何をオーダーしたかと言うと・・・
 
 
 
 
 
 
 
 


スポンサーサイト
2010.01.31 (Sun) 02:01
この頃のイッチーさん
もう1カ月以上も、彼女イッチーのブログ(虎皮ブログ)更新が滞ったままである。


ぜんじー:「そろそろ更新してよ~。ぜんじー楽しみにしてるのに。」

イッチー:「うーん・・・。なんか、書けへんねん。」

そう言ってたのが、2週間以上も前の話。


毎日、更新を急かすのも何なので、しばらく黙っておいて、先日再び話を切り出した。

ぜんじー:「あんなことやこんなこと、書くこといっぱいあるやんか~。ブログ書いてよ~。」

イッチー:「下書きのままにしてる中途半端な記事なら有るけど。」


イッチーのブログ管理画面を見せてもらった。


確かに幾つか下書き記事がある。

どれどれ、どんなこと書いてるのかな?


最初の下書き記事(意外と長文)を、ざっと読んでみた。

感想: 途中までノリに乗って書いたけど、何が書きたいのか分からなくなって迷走してるな…w


次の下書き記事も読んでみた。

感想: 「よいお年を!」とか書いてあって、時期外れも甚だしい。


他の「お蔵入り」記事も同様な感じで、公開するには手直しが必要そうだ。

手直ししてまで公開するまでもない、というのが、イッチーの考えらしい。



イッチー:「しかも、しばらく更新していなかったから、ブログを書き始めると『あれ?私、こんなキャラだっけ~?』『どんなふうに書いてたっけ~?』って、分からなくなるねん。」

ぜんじー:「普通に思ったことを書けばいいやん…。」

イッチー:「私、日常の日記が一番苦手やねん。」

ぜんじー:「そっか…。」


ブログを書く気がイッチーに起きるまでには、もう少し時間がかかりそうだ。



じゃぁ、イッチーの代わりにぜんじーが、普通の日常の日記を書こう。







ぜんじー:「お嬢さん、一緒にお風呂に入りませんか?」


1人で別室に籠ってデザインの作業をしていたイッチーに、ぜんじーは声をかけた。


ぜんじー:「ぜんじーが身体洗ってる頃においでよ。2人同時に洗うより効率良いやん?」

イッチー:「ほ~い♪」


振り返って立ち上がったイッチーを確認し、ぜんじーは先に脱衣場へ行った。


ぜんじーがちょうどスッポンポンになった時、イッチーが脱衣場のドアを開けた。


イッチーはTシャツ&パンツ(下着)姿。

もう脱ぎかけてる!!


ぜんじー:「早い~。まだ私、これから入るところやん。」


イッチー:「(お風呂に入るために脱いだんと)ちゃうで。わざと身体を冷やしてんねん。」


ぜんじー:「え?


イッチー:「身体が冷え切ってた方が、お風呂に浸かったときに気持ち良いやん?」



ぜんじーには、理解出来なかった。


身体が冷えていたら、お湯を身体にかけた時に「アツッッ!!!」ってなるやん?

ぜんじーは、あの、熱いような痒いようなピリピリ感が嫌いで、出来れば避けたいのだが、

イッチーはアレが大好きらしい。



「イッチーの発想って、ドMっぽいなぁ…。」と、ぜんじーはあらためて感じたのであった。






ほらね、イッチー。

ブログって、こんなんでも良いんやでぇ~。



★↑のバナーをぽちっとよろしゅ~。がおー。☆
2010.01.28 (Thu) 01:50
あなた=○○○○○○

あなたと別れたのは数時間前…。

なのに、今もあなたの香りが残る部屋。



あなたの香りは野性的であり、どこか家庭的。



私はワガママだ。

あなたを狂おしいほど求め、

あなたを貪るように吸ったくせに、

自分の心が満ち足りた瞬間、私はあなたを疎ましくさえ思ったの。



そんな私に罰を与えるように

気付かぬうちに、あなたは私の胸元に爪跡を残していった。

その爪跡は"染み"となり、これからも私と共に生き続けるだろう。

 
 
 
2010.01.25 (Mon) 23:50
忍び足
 
ぜんじーより一足先にお風呂から上がったイッチー。

ぜんじーが脱衣場でパジャマを着ていると、イッチーが戻ってきて言った。


イッチー:「うちのお母さんからTELあったみたいやし、ちょっと電話してみるね。」

ぜんじー:「うん。」

ぜんじー:「…あっ!あまり物音立てない方が良い?ドライヤー使わないでおこうか?」


そこまで音が筒抜けではないにしろ、気を遣ってしまう。

だって、ぜんじーとイッチーが2人で暮らしていること、お母さんには内緒だから。


イッチー:「ううん。大丈夫だよ。」


お言葉に甘えて、ドライヤーを使わせてもらうことにした。


髪を乾かし終えた後、お手洗いに行きたくなって忍び足で廊下を歩いてトイレへ。

出来るだけ静かに扉を閉めて、ぜんじーは再び忍び足でリビングへ。

テレビがついていたけど、テレビを観ているようで、頭には入らない。

お母さんが何の用でTELしてきたかが気になるのだ。


娘がいつまでも結婚せず、1人、東京で暮らしていると思っているんだから、お母さんは心配だろう。

あれやこれやとイッチーとイッチー母との会話を思量しながらぜんじーがソワソワしていると、

イッチーが真顔でリビングに戻ってきた。


ぜんじー:「何?何の話だった?」

イッチー:「別に・・・。引越しして、その後どう?みたいな内容だよ。」

ぜんじー:「ふぅ~ん。」


ぜんじー:「遊びに来るとか言ってた?」

イッチー:「温かくなったら遊びに来るね、って言ってたよ。」

ぜんじーはそれを聞いて慌てて居住まいを正した。


ぜんじー:「じゃ、その時はぜんじーが、きちんとお母さんに挨拶しなきゃねっ!」

イッチー:「いや、その時は私が良いホテルを手配するし、ぜんじーはそっちに泊ってくれる?」


…ほな、リッ○・カー○トンでお願いします。



親へのカムアウトが一番怖いもんなぁ…。


★↑のバナーをぽちっとよろしゅ~。がおー。☆

2010.01.24 (Sun) 23:47
幸せな儀式

最近、イッチーが毎朝お弁当を作ってくれるようになった。

朝弱いくせに、寝ぼけながらでも作ってくれるんだ。

嬉しいよね?


 
2010.01.22 (Fri) 00:46
自分を信じられなくなる瞬間

つい先ほど、ぜんじーは一瞬、自分のことが信じられなくなった。


なぜか?


お風呂から出て、サラサラツヤツヤになって然るべき自分の髪の毛が

妙にベタッとしたからである。


しかも、その異状には、ドライヤーで髪を乾かしている途中で気がついた。


なぜ途中ではなく、最初に髪に手を触れたときに気付かなかったか?

ぜんじーのすぐ背後で、ぜんじーの後に続いてお風呂に入るべく、

イッチーが服を脱ごうとしていたからである。

そちらに気を取られていて、気付くのが遅れてしまった。


で、なぜ、ぜんじーの髪はベタッとしているのか?

ひとまず、"コンディショナーを流すのを忘れたのではないか?"という想像に落ちついた。

じゃ、シャワーで流してみればいいじゃん。


いや、私は私を信じよう。


せめて私だけでも、私を信じてあげよう。


毎日流しているんだから、きっと今日だって洗い流したはず。

髪がベタベタなのは、たまたまだ。


きっと今日は、部屋の湿度が高いのだろう。

加湿器に目をやると、湿度51%のデジタル表示。

いつもより確かに湿度が高い。


うん。自分を信じよう。


 
 
2010.01.21 (Thu) 01:41
Youに会いに二丁目に
先日、金曜の晩に、アメリカから一時帰国しているゆうちゃんに会うため

そして創刊されたばかりのPe=Poを入手するために

ぜんじーは仕事上がりに、イッチーと共に新宿二丁目に行ってきました!


ほんまは一度家に帰ってシャワーを浴びて、遊ぶ気マンタンな姿のぜんじーで行きたかったんだけど、

ぜんじースーツですわスーツ…。

しかも化粧直しも出来なくて、カッケー度7割減くらいで、ひっさびさにゆうちゃんに会ったのでした。


一方、ゆうちゃんは、以前会った時よりもセクシーな感じでした。

何がセクシーって、谷間よ谷間!!!

別に、いやらしい目でジトーっと見ていたわけじゃないんだけど、そこに谷間があるから仕方ないよね。

意外とおっぱい大きいやんけ…とは、あえて口には出さずに、時々会話の合間に見守ってました。(←余計やらしいわ)


ブログ仲間のyumeちゃんとも会えて、まず一軒目は、4人で食事と会話を楽しみました。

もちろん、Pe=Poも、イッチーの分とぜんじーの分を1冊ずつ購入させていただきましたよ♪

(感想はまた別のエントリーで書こうと思います。)


食事の後は、ゆうちゃんがバーに雑誌を配りに行くと言うので、

話足りない&飲み足りないのもあり、次のお店にも着いて行きました。

店で3,4杯飲んだ後、さらに次の店へ。


3軒目の店では、ぜんじー、仕事の後だったせいか酔っ払ってしまい、途中から電池切れ。

せっかくゆうちゃんやyumeちゃんと会えたのに残念でした。

もっともっと、はしゃぎまくりたかったなぁ~。


ぜんじーは電池切れだったけど、イッチーの方は元気で元気で・・・。

別のお客さんのところに行って話したりしていたよ。

お酒の量が増えるにつれて、イッチーはしばしば、いろんな人に絡み始めるので、

余計なことを言わないか心配で、目は閉じていても、耳だけは働かせてイッチーが変なことを喋っていないか気にかけていたんだけど、いくつか「ん?」と思うことを言ってたような…。

(もしかしたら、ゆうちゃんやyumeちゃんにもご迷惑を掛けたかもしれませんが、イッチーは2人と会えて話せて嬉しすぎたみたいなので、どうか許してあげてください。)


いつの間にか朝になっていたので、ゆうちゃん&yumeちゃんと別れて、ぜんじーとイッチーはタクシーで帰りました。

4時半なのに行動力抜群のゆうちゃんは、まだお店を回ると言ってたね…。

すごい!


今回、Pe=Poの創刊記念パーティーには参加できませんでしたが、ゆうちゃんにも会えて、Pe=Poもゲット出来て良かったです。

たくさんの方がPe=Poを手にして、活動がさらに盛り上がると良いね!


ぜんじーとイッチーが表紙になることはビジュアル的に無いかと思いますが、イラストか何かで、今度お役に立てればよいな~と思います。


ゆうちゃん、気をつけて帰国してね。

yumeちゃんも、これに懲りずに、ぜんじーとイッチーにまた会ってね。

ありがとうございました!


★↑のバナーをぽちっとよろしゅ~。がおー。☆
2010.01.19 (Tue) 01:58
真剣な顔で

先日、イッチーが真剣な顔で話しかけてきた。


イッチー:「ぜんじーに謝らなきゃいけないことがある。」


イッチーの表情を見て、タダゴトではないと悟ったぜんじーは

何があってもイッチーを許そうと、その時、覚悟を決めた。


ぜんじー:「何?言ってごらんよ。」

 
2010.01.17 (Sun) 04:14
まだ落ちつかないけど

ぜんじーとイッチーの新たな根城が出来ました。


部屋の間取りは3DKなんだけど、現在1DKだけが生活可能な空間。

残り2部屋は、まだ、段ボールから出した衣類や雑貨置き場と化している。

通勤準備のときも、各部屋から、着て行く服や持ち物を探している状態。

イッチーにプレゼントした新品Macも、どデカい箱に入ったまま、靴箱の隣で机の到着を待っている。

中途半端とはこのコトだねw


それでも、ひとまず寛げる部屋は確保できたし、無線LANも使えるようになったので良しとしよう。

イッチーとぜんじー、ここまでよく頑張った!!!


 
2010.01.15 (Fri) 00:10
まだ掃除は続く

昨日までは新居の掃除と入居準備を行ったが、

連休最後の今日は、ほぼ1日、現住まいの整理と掃除に明け暮れた。

使わないものはダンボールに詰め、

物をどかせた後の棚などの拭き掃除。


キッチンまわりや換気扇なども、大掃除よりもさらに徹底的に掃除。


「来た時よりも美しく

普段は片付けも下手で掃除も見えるところをチャチャチャ~なぜんじーだが、

なぜか引越しのときは、住んでいた部屋を去る前に、プロ並み(?)に掃除する。

1人暮らしを始めた学生時代からそうだ。


どうせ退去後は業者さんがクリーニングに入るんだから

そこまで徹底的に掃除しなくても良いのでは?

キレイにしたけど敷金返ってこなかったよ~

という人もいるんだけど

きっと、ぜんじーは見栄っぱりのカッコつけなんだね。


そのあおりを食らって、

イッチーも今日はゴム手袋にマスク姿で掃除を頑張ってくれた。

むしろ、排水溝とか"怖い"ところはイッチーにお任せである(←イッチーかわいそう)。

その代わり、ベランダで蛾の死骸っぽいものを見つけたときは、ぜんじーが必ず処理をする。

これぞチームワーク


さて、身体に溜まってきた乳酸とは反比例して、

部屋は、あらかた片付いた。


これからバスタブにお湯を張って、

イッチーと一緒にあったか~~いお風呂に浸かって疲れを癒した後は、

浴室があたたかいうちに掃除しなくてはw(←湯冷めする~~~)

今度はマジッ○リンがマンチョスに付着しないように気をつけよう・・・。


頑張ってくれたイッチーに、今日もぜんじーがマッサージを(Hな方ちゃうで)してあげようと思う。


次のブログ更新は、新居かも・・・?


★↑のバナーをぽちっとよろしゅ~。がおー。☆
2010.01.11 (Mon) 22:57
お掃除
ぜんじーとイッチーは、この週末を利用して、

2人仲良く新居の掃除と、新しく購入した照明やカーテンの取り付けをしてきた。


部屋に行って掃除をしようと、道具を買い物袋から取り出していたら

間もなく照明が配送されてきた。


照明を取り付けようと思ったけれど、

何も家具が無いので手が届かない・・・。

掃除道具を買ってきた近所のスーパーには、

折りたたみのイスなど踏み台になるようなものが売られていなかったので、

ぜんじーが前もって調べておいた、2駅離れた駅付近にあるドン○ホーテまで

ぜんじー1人で出かけていった。

踏み台になりそうな、かつ、後々も使えそうなイスがあったため、それをゲットした。

その他、不足していると思われる掃除道具もついでに購入。

それらを両手に抱えて汗をかきながら、約1時間後に部屋に戻ってきた。


その間、イッチーが部屋じゅうの窓や建具、

備え付けのクローゼットや棚などの拭き掃除をしてくれていたので

床と風呂場はぜんじー、トイレと洗面所はイッチーで分担して掃除を完了させた。


その後、届いていた照明や、L○FTで買ってきたカーテンやトイレの便座カバー等を取り付け。


予定の作業はすべて終了して、イッチーが買ってきてくれた温かい缶コーヒーを飲みながら一服。


自分たちの作業の成果を噛みしめるように、各部屋を回って自画自賛。

ぜんじー:「なんか素敵やん♪」

イッチー:「うん。早くこっちに住みたいね♪」

ガラーンと殺風景だった部屋に色どりが加わったおかげで、

ずいぶん生活スペースらしくなってきた。


次は、退去側の部屋の掃除が待ってるぞ~。

2人で協力して頑張ります♪


★↑のバナーをぽちっとよろしゅ~。がおー。☆
2010.01.11 (Mon) 01:07
忘れちゃいけない日の前に

引越し前後で忘れちゃいけないのがゴミの日である。


普段はゴミの日なんて意識してない(←しろ)ぜんじーなんだけど

さすがに引越し前後の1カ月は、転居元と先の地区のゴミの日と種類をチェックして

自作スケジュール表に書き入れている。


引っ越す直前に

「これを捨てておけばよかった!」

って思ったり

引っ越した後で箱を開封しながら

「・・・なんでこんなモノ持ってきたんやろ???」

という混乱を出来るだけ避けたいので。



明日は燃えるゴミの日ということで、

あらためて部屋を見渡して、引越し先に持って行かない不要なものをゴミ袋に詰める作業を

イッチーと一緒に実施した。


でも、ぜんじーのチェックは甘かったらしく、

再度イッチーが、ローラー作戦ばりに家じゅうをくまなく調べ始めた。


ゴミなのか?ゴミじゃないのか?は、ここまで来ると判断基準が人それぞれなので、

途中からぜんじーは

「これはゴミである/ゴミでない」

という判定をイッチーに任せることにした(決して飽きたわけではない)。


その結果、けっこう片付けたと思っていたのに45リットルのゴミ袋4つ分のゴミが出たよ~。

「これまでこんなに不要なものに囲まれて生活してたんですか?!」

っていう話である。


あやうくぜんじーの記念品(注)まで捨てられそうになっていたけど・・・(汗)

缶コーヒーやペットボトルのオマケで付いてきたフィギュア的なモノは残されていると言うのに!!

手錠とか大人のToyは持っていくらしい(ムフ)。

注:ピ○チュウが日の光を浴びるとユラユラ首を振るおもちゃ←職場での頂き物(なぜそれをもらったのかは不明)


一人で黙々と、捨てるモノを選別するイッチーの様子をチラッと見ると

捨てようか捨てるまいか迷ったのか、

フロス(歯の間を磨くやつ)の詰め合わせから1本だけ取り出して

床に座り込んでフロスをくわえてゴシゴシしているイッチーの姿があって、ぜんじーは笑ってしまった。


ぜんじー:「何してんの?」

イッチー:「いや・・・こんなところにあったのかぁと思って。」

ぜんじー:「まだそんなに残ってるんなら、持っていけばいいのに!!」

イッチー:「あはは。そうやね。」


・・・なんて、こんなこと書いてたら、明日ぜんじーが捨てられそうなのでこの辺にしておきます。



★↑のバナーをぽちっとよろしゅ~。がおー。☆
2010.01.09 (Sat) 02:17
思い出作り

引越してしまうと、今の家の近所にある店からは足が遠のいてしまうなぁ…と思い、

「ここは是非とも最後(?)に行っておきたい!」

と思う店に行ってみることにした、ぜんじーとイッチー。


この辺には2人のお気に入りの店がいくつかあり

それぞれに思い出もあるんだけど、

「あえて行くなら何処?」

との問いかけに、ぜんじーが選んだのは焼き鳥屋さん。イッチーが選んだのはラーメン屋さん。

イタリアンとかフレンチとか、もっと女子っぽい店を選べばいいものを。


ぜんじーは、今日は朝から焼き鳥焼き鳥焼き鳥…!!!と焼き鳥気分

ぜんじーが行きたいお店は、席数が少なくてすぐに座席が埋まってしまうので、

夕方、お腹が減ってきたのを我慢して帰ってくると、イッチーと一緒に焼き鳥屋に直行。

気合を入れて行ったので、まだ誰もお客さんがいなくて一番ドリ…じゃなくて一番乗り。

カウンターに座り、串焼きコースといくつか小皿料理をオーダーして、食事を楽しみました。

ぜんじーとイッチーは、よく2人でいるせいか、

食事に出かけても比較的会話が少なめで、食べることに集中しすぎてよくシーンとしちゃうんだけど、

そのお店はじっくりゆっくり順番に料理が出てくるので、

普段は会話に上ってこない話題も出来たよ。

(給料は別にして、過去に、どんな仕事をしている時が一番楽しかったか?とか)


楽しみにしていたつくねとレバーもいただき、

最後に、じっくり焼き上げた香ばしいおにぎりで締めて、満足して帰りました。


でもね、ぜんじーは帰り途で、あることを考えていたんだ。

そして、考えていたことをつい口に出して言っちゃった。

ぜんじー:「以前は、ここの店のレバーが一番って思ってたけど・・・。もっと美味しい店を知ってるよね?この間行ったとこの方が美味しくない?」

イッチー:「実は、私もそう思ってたわ。」

ぜんじーが絶対に訪れておきたかったお店だけど、これで、きっともう二度とこのお店に来ることはないんだろうな~と、ある意味、吹っ切れましたw

舌ってどんどん肥えてくるものですね~。こわいこわい。


さて、次は、イッチーご所望のラーメン屋に行かなきゃね!

あ…。

それより、いつか行こうと思ってまだ行ったことのない中華料理のお店にも行きたくなってきた…。

な~んて、一軒消化するたびにもう一軒候補を思いついていたら、いつまでも引越し出来ないよね?



★↑のバナーをぽちっとよろしゅ~。がおー。☆
2010.01.08 (Fri) 00:56
子どもから学ぶこと

「てじなーにゃって言う決めポーズで手品をしていた、かわいい男の子2人は今頃どうしているのかな?

思春期突入でさすがに厳しくなったかな・・・。

なんて、余計なお世話なことが ふと気になってしまったぜんじーです、こんばんは。



実家に帰って以来、姪っ子の笑顔や仕草を反芻しながらニヤニヤしていたおばちゃんですが、

あの可愛さを自分も吸収したいと、年甲斐もなく頑張っております。



どう頑張っているかと言うと、

イッチーと目が合ったときに首をかしげてニコッとほほ笑むとか、

今までのケモノみたいな抱きつき方を少し変化させて

ハニカミながらイッチーをギュッとするとか・・・。



イッチーに「ぜんじーカワイイっ♪」と思わせるのが狙いw。

今はきっと、若干わざとらしく気持ち悪いかもしれないけれど、

毎日やっていれば自然と出来るようになるのかなぁ~と。



いつまで続くか分かりませんが、今年はスマイルをもっと増やしていきたいと思います!

・・・え? 目が笑ってへん?

よく言われんねん(笑)。



話は変わるけど、昨日イッチー、郵便局で子どもに説教されたらしい。

郵便物の転送届を記入していたら書き損じて、カウンターの脇にあったゴミ入れに紙を捨てたところを目撃した子どもが、いきなりイッチーに絡んできた。

子ども:「あ~っ!!!そんなところにゴミを捨てたらいけないんだよ?」

ビビリなイッチーは、ギョッとして何度も自分がゴミを捨てたところを確認したらしいけど、やっぱりちゃんとそこはゴミ入れで・・・。

イッチー:「ここはゴミを捨てて良いところなんだよ。(引きつり笑い)」

子ども:「大人は子どもに見本を見せないといけないのに、そんなことしちゃダメだよー。いけないんだぁ。」

聞いちゃいねぇ・・・。

意味不明な正義を振りかざす子どもが、周りに響き渡る大声でイッチーに注意をするものだから、郵便局にいた人たちの視線がおのずとイッチーに集まり・・・まるで悪い大人の見本みたいになってしまったらしい。

親がいるはずなんだけど、フォローも特になかったようで、かわいそうなイッチー(笑)。


その話を聞いて、ぜんじーは、クラスメイトの悪事を得意気にチクり合うのが盛んだった小学生時代(特に3~5年生)のホームルームを思い出してしまった。

あの頃はイタかったな・・・。



何が言いたかったんだろう。

たとえ自分に子どもがいなくても、他の家の子どもからも、いろいろ学ぶことがありますね~ってことかな。

オチは無いんやけどね。ふふ。(←何?)



★↑のバナーをぽちっとよろしゅ~。がおー。☆
2010.01.06 (Wed) 01:33
心配なんていらないよ!!

いろいろな事情があって、今年は年賀状が出せなかった。

ま、イッチーなんて何年も出したことがないみたいだけど(なんてドライな人)。


 
2010.01.05 (Tue) 01:27
あけましておめでとう&ただいま~
愛する読者のみなさん、あけましておめでとうございます。

そして、ただいま~。


東京に帰ってきました。



実家で食べてばかりいたので

間違いなく見た目が一回り半(半て何?)ほど成長しております。


横じゃなく縦に伸びてくれないものか・・・。


肉でもカニでも寿司でも、食べたいものを食え食え~~~!!!と

家族に大盤振る舞いをして殿様気分に浸っておりました。




2歳になったばかりの姪っ子には、甘えられて大変でしたw

どんだけ私のこと好きやねんって・・・。


ぜんじー:「この中で、一番好きなのは誰?」

と質問すると
周りを見渡した後、ちょっとハニカミ笑顔を見せながら

姪っ子:「○○ちゃんっ♪ (←○○に入るのはぜんじーの名前)」

と、ぜんじーに飛び込んでくる。

ギュッと抱きついた後、こっちを見て満面スマイル。


ほれてまうやろ~~~~!!!!

危うく叫びそうになりました。


ぜんじーのお気に入りの服の、姪っ子が顔を埋めた部分が鼻水でテカテカになっていても、ノー・プロブレム。

むしろその風邪、おばちゃんが成敗しちゃいましょう!メッ!メッ!(←誰やねん)


姪っ子が喜ぶのなら、ブロックだって気合入れて作っちゃいます。

あまりに気合入れ過ぎて、気付くと姪っ子が寝てしまってた・・・ことは良しとしよう。




妹夫婦(&姪っ子)チームと、ぜんじー&友人チームで新春ボウリング大会もしました。

お遊びボウリングかと思いきや、なんと5ゲームも・・・。

(5ゲーム分の前払いで、通常日の3ゲーム分より安いというお得なプランがあったので。)


1ゲーム目は肩慣らしということで、姪っ子も入れてアハハアハハと楽しく練習。


2ゲーム目以降は大人同士の闘いを始めました。

「負けたチームは勝ったチームに諭吉さんのお年玉」という闘い。


練習のときはスペアさえ出なかったのに、いざ勝負が始まると、皆、目の色が変わる変わるw

1人の1ゲームあたりの平均スコアが150という恐ろしい闘いでした。


接戦の結果・・・妹夫婦チームの勝ち。


妹:「これを外したら、一生家を買えないよ!」

妹のダンナ:「ほんま?やばいな…よし、がんばろー!」

妹:「ストライク出したら来月のお小遣いアップ!!」

妹のダンナ:「よっしゃーーー!!!」

と、ピンチの場面で妹がダンナにムチを入れ、まさかのターキーを出しての逆転勝利でした。


ぜんじーと友人チームは負けたけど、悔しくなかったよ。

なんだか夫婦パワーに圧倒されたというかなんというか、がんばれーって思ったしw

でも、さすがに30過ぎて久々に5ゲームはしんどかったw

最後、腕がボロボロになってた。


しかも調子に乗ってボールに回転をかけたりしたせいで、ぜんじーは黄金の中指と薬指をひねってしまいました。


明日はイッチーが帰ってくるけど、使い物になるかなぁ・・・。(←何が?)

えっと、ぜんじーは中指と薬指派です!人差し指より薬指の方が長いから!!(←爽やか~)




そんな感じで、楽しい帰省でした。(←むりやりまとめてない?)



イッチーが先に帰省して1人になったときは、

いっそこのまま冷凍保存してもらって1月3日の昼に解凍してほしい…とも思ったけれど、

生(なま)のままで良かったです♪うんうん。



とりとめもない帰省の思い出報告で2010年の幕を開けた当ブログですが、

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。



★↑のバナーをぽちっとよろしゅ~。がおー。☆
2010.01.03 (Sun) 01:31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。