2009.11.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2010.01.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
しばらくおさらばします
 
おはようございまーす。

ぜんじー、今日から帰省してきますよ~。


こっちに戻ってくるまでは、多分、ネットとは無縁の生活をしてきます。

家族のパソコン借りるの落ちつかないしw

目も休養ということで。

 
スポンサーサイト
2009.12.30 (Wed) 11:12
届け君の想いと・・・
年末年始休暇に入っているのに、仕事用のケータイが鳴った。


やだなぁ・・・誰からだろう?と

ケータイの画面を確認したところ、電話帳にも登録されていないし

番号自体に見おぼえがない。


時々あるんだよね。

こういうコト。


お休みの日に仕事用ケータイに着信が残っていて

留守電まで入っていたりして

ドキドキしながら留守電を聞くと

「ミホちゃーん。おかあさんでーす。今、三越の前です。

ミホちゃんどこにいますか~?」


・・・私も知りたいわ。

いや、知りたない知りたない!!

こんな感じの間違い電話だったりする。


どこかのおばあちゃんと、図らずも長々とやりとりすることもある。

おばあちゃん:「もしもし?」

ぜんじー:「はい。」

おばあちゃん:「○○急便さんですか?」

ぜんじー:「ちがいますよ~。」

おばあちゃん:「あの~、荷物を取りに来てほしいんだけどねぇ。」

ぜんじー:「ここは○○急便じゃないですよ。」

おばあちゃん:「山本さんの娘さん?」

○○急便ちゃうんかい。

ぜんじー:「え?・・・私、○○です。どちらへおかけですか?」

おばあちゃん:「あら。困ったわね。0XX-XXXX-XXX1にかけたんだけど・・・。」

ぜんじー:「こちらは0XX-XXXX-XXX7ですよ。」

おばあちゃん:「間違えちゃったのね。おほほ、すーみーまーせーん。失礼しまーす。

ぜんじー:「あはは、失礼しまーす。」

そして30秒後・・・

おばあちゃん:「もしもし、○○急便さん?」

おーーーーい!

おばあちゃんちの電話、1も7なの???


間違い電話だと面倒だし、

たまに、さらに面倒なセールスの電話もかかってくることがあるので

見覚えのない電話番号のときは

念のためネットでその電話番号を調べてみるようになった。

運が良ければ、どこから電話がかかってきたかが分かる。


 
ぜんじーは、ケータイの着信に表示されている電話番号でググッてみた。


 

2009.12.29 (Tue) 21:58
発見、うなされ、ぶるって100点♪

● 発見

昨晩は、イッチーが一緒にいないことが寂しくて寂しくて

「ぜんじーは寂しいと死んじゃうんだから」的な気分でした。

ついったーで、お仲間さんに相手までしてもらっていました。

イッチーがお休み前に電話をかけてくれて、声を聞いたときは嬉しかったけど、

電話を切った後がまた寂しくて・・・。

歯を磨こうと洗濯機横を通ったとき、

洗濯機のフタの上にイッチーのパジャマのズボンを発見したので

「いいもの見つけた~♪」と

発見!


変態さながら(注1)、布団にまで持って入って、ぎゅっと抱きしめたまま眠りました。


注1:まだ上着なら良かったんだけど、ズボンだと変態っぽいよね



● うなされ

その後、ぜんじーは、ある夢を見ました。

よりによって、トイレに入っている夢です。

いつもならキレが良いはずが、拭いても拭いてもウンが付くという夢。

どれだけ幸運なのでしょう???(ちゃうか?)

うなされ

目が覚めると、抱きしめて眠ったはずのズボンが枕カバーと化しており・・・(注2)

いつもよりも早目に目が覚めてしまいました。


注2:決してイッチーのズボンからウンの匂いがしていたわけではないと、イッチーの名誉のために申し上げておきます。



● ぶるって

寒いなぁ~・・・と思ったけど、とりあえず布団から出てコーヒーを飲みながら思い出した。

そうだ。

今日はビン・カンごみの日!!!

イッチーから頼まれていたんだった。

パジャマの上からブルゾンを羽織り、寝ぐせをニット帽で隠して

両手に缶ごみを持ってゴミ捨て場に行ってきました。

ごみすて


任務が無事完了して良かった良かった。

きっとイッチーの念が、ぜんじーを起こしてくれたのでしょう。

朝っぱらからイッチーに報告のメールを送っておきました。

「おはよう。

カンのごみ捨てた さむい。

いつもありがとう。

起きたらいつの間にか、イッチーのパジャマズボンを枕カバーみたいにしてたよ。


2009年でぜんじーが缶ごみを捨てたのは初めてのこと。(←お嬢か!)

いつもゴミ捨てをしてくれるイッチーに感謝です。



● 100点♪


そして先ほど、ゆっくり起きたらしい実家のイッチーからメールが入りました。


「ぜんたん、おおきに

パジャマにおいかがやんといてな



さすがイッチー。ぜんじーの扱いに慣れてます。

ゴミを捨てただけで100点もらいました。しかもクラッカーでパンパン祝ってくれました。

気分が良かったので、またゴミ捨てをしようと思えました。^^


でも、パジャマのにおいを嗅ぐな・・・それは守れませんでした。

大好きな人のパジャマがここにあるのに

匂いを嗅ぐことを思いつかない人っていないんじゃないか・・・?

大丈夫。

ウンの匂いはしてないから!!!ホントにホント!!!(←何度も言うと逆効果)



今日は大掃除がんばるぞー。


★ぽちっとよろしゅ~↑☆
2009.12.29 (Tue) 10:58
も1つ。

もう1つ、ぜんじーが今年仕込んだサプライズ。


イッチーの妹、珊瑚のところに、秘密でデスクトップPCとモニタをプレゼントで送っておいた。


それが一昨日到着したらしく、帰省したイッチーにセットアップをお願いした。


珊瑚、喜んでくれてたみたいで、おねーちゃん良かった!!(←勝手にお姉ちゃん気取り)


実家に帰ったら、自分の妹にも何かしてあげないとな~♪



★ぽちっとよろしゅ~↑☆
2009.12.29 (Tue) 01:10
今年もありがとう
 
ぜんじーよりも一足先に、イッチーが実家に帰っていった。



新居の契約も済ませたし

引っ越し予定も決めて手続きも済ませたし

家電も買って配送予約をしたし

プロバイダの申し込みもした。


今年の2人のTodoは全て完了したから

スッキリしているはずなんだけど

イッチーがここにいないから、スッキリしすぎて寂しいよ。



イッチーが出かけるときに玄関先で今年最後のハグとキスをしたね。

今年1年、1月から12月まで、ほとんど毎日一緒にいたくせに

ぜんじーの目に涙が溜まってきちゃった。

「なんでそんな顔してるの?」

イッチーが困った顔で笑ったね。

自分だって困るよ。

これくらいで涙が出るなんて・・・。

本当は駅まで見送ろうかと思っていたのに

1人でここまで戻ってくることを想像したら寂しすぎて、玄関先まででごめんなさい。



イッチーから言われた

・火の元に気をつけてね

・カンごみの日を忘れないでね

この2点は、ちゃんと守るから、安心してゆっくり過ごしてね。



ぜんじーは2日に東京に帰ってくるよ。

イッチーは3日だよね。

元気な姿で、また会おうね。


今年も幸せをありがとう。

来年もよろしくね。


2010年で待ってるよ~!!!

早く帰ってきてね




★ぽちっとよろしゅ~↑☆
2009.12.28 (Mon) 00:00
こんなクリスマス。
クリスマスも終わり、まだ仕事日は残っているけれど、ぜんじーの気分は正月に向かって一直線・・・

でもその前に、今年のクリスマスを振り返りたいと思います。



12月25日の晩、ぜんじーとイッチーは、とあるお店で

ブログ読者さん(Fカップなので(←ホンマかいなw)Fさんということにします。)と一緒に過ごしていました。


Fさんと最初に会ったのは、今年の春に開いたオフ会。

その後、イッチーが小説中毒だった夏に大量の本をいただいちゃったりして。

そしてこの冬、お久しぶりの再会でした。



仕事後の待ち合わせだったので、食事を開始したのは21時過ぎ。


おしゃれなレストラン&バーを、忙しい中にも関わらず、Fさんが予約してくれていました。

しかも、お付き合いを開始して約1カ月という彼女さん(ここではFカノさんと呼びます)と一緒。

クリスマスをWカップルで過ごすことになりました。

Fさん・Fカノさん、本当はクリスマスくらい2人きりで過ごしたかったのかもしれませんが、予定が合わず…すみません(汗)


Fカノさんは、ぜんじー・イッチーと会うことが決まってから急遽、

当ブログを少々予習したみたいなのですが、お会いしていきなり、ぜんじーとイッチーを間違えていましたw

ぜんじーの今の髪型、イッチーよりフェミニーナやからね(←軟膏か)♪



ソファの個室で、Fさん・Fカノさんの馴れ初め話などをお聞きしながら食事をしました。

ぜんじーとイッチーは、Fさんには男前でクールなイメージを持っていたのですが、

Fカノさんと一緒のときはFカノさんの方が強そうだったので、そのギャップが面白かったです。


野性的(?)なお2人が、会話のところどころでチュッチュチュッチュするので

ぜんじーとイッチーは、どこを見て良いやら、かな~り目が泳いでおりました。

テーブルの下で、ぜんじーとイッチー、お互いの太ももをつねり合い。(←何でやねん)

イッチーの心の中:「ぜんじーは調子に乗ってチューしたらあかんで」

ぜんじーの心の中:「わかってるし。今我慢するから後でさせろや」

ほんまにF&Fカップルはラブラブで、当てられちゃいましたよぉ~w


Fさんが会の終盤でコッソリ、ピンク色のシャンパンとデザート盛り合わせをオーダーしてくれて、

クリスマスな気分も味わうことが出来ました。


さらにサプライズで、大きな爆弾みたいな入浴剤(お湯に入れると花弁が出てくるみたい)までいただいてしまい、ありがとうございます。

ばくだん入浴剤


Fさん:「自宅で使うと詰まっちゃうかもしれないから、ラ●ホテルで使ってくださいね」

と、アドバイスまで賜りました。

そうですねー。

来年こそは勇気を出して、生まれて初めてのラ●ホに行ってみたいなぁ。

(イッチー、連れて行ってね…w


遅めに食事を開始したので、すぐに終電の時間が近づいてきた。

話もまだ半ばだった気がするけど、1回のオーダーで2杯ずつくらいお酒を頼んでいたので気分は酔っ払い。

最後にお会計を済ませようとしたら、Fさんはスーっとレジ前を通り過ぎる。

ぜんじーとイッチーは訳が分からず…

え?食い逃げっすか???

…ちゃうちゃう。

いつの間にか、Fさんが会計を済ませていたようだ。

ぜんじー:「あの…払います。」

Fさん:「あぁ、いいっすいいっす。」

ぜんじー:「いや…そんな…」

Fさんは、酔ったFカノさんの肩を抱いて、オタオタするぜんじー達をスルーして店の外へ…。

カカカカ…カッケー!!!

ぜんじーとイッチーは目を見合わせた後、Fさんを追って外に出ると、

ぜんじー:「ごちそうさまです!」

イッチー:「Fさん、ごちそうさまです!」

車が走る大通りの歩道で、Fさんの舎弟のように深々とお辞儀をする2人であった…。


その後はタクシーで駅まで行き、慌ただしくお別れしたけれど、

思い出深いクリスマスを過ごすことが出来ました。

FさんとFカノさん、ありがとうございました。

良いお年をお迎えくださいね。



 
2009.12.27 (Sun) 21:04
フライング気味のサプライズ

12月22日の晩、何がキッカケかは定かではないが、イッチーが突然ぜんじーに質問してきた。


イッチー:「ぜんじー、クリスマスプレゼント何が欲しい?

ぜんじー:「先日、言ったよ~。名刺入れが古くなってきたから名刺入れが欲しいって。」


すると、イッチーがクローゼットの中から紙袋をおもむろに取り出した。


イッチー:「はい。ぜんじーにクリスマスプレゼント~♪」


ぜんじービックリした。

まさか22日の晩にプレゼントをもらうなんて思わなかったし、

イッチーがプレゼントを既に準備していたとは知らなかったからだ。

2重のサプライズである。


イッチー:「この袋、数日前は普通に部屋に転がってたんだけどね。」

ぜんじー:「うっそー!全然気付かなかった!!」


ぜんじーはどれだけニブいんだ?という話だけど、サプライズする側にとっては楽だろう…。



イッチーからもらった紙袋を開けると、欲しかった名刺入れの他に、パンツ(ズボンね)とベルトまで入っていた。

こんなにもらえるなんて、ぜんじー感激である。


早速、名刺を新しいケースに移し替え、パジャマを脱いで新しい服に着替えた。


イッチー:「ぜんじー、かわいいよ。似合ってる。」

ぜんじー:「えへへ。かわいいのは知ってる(←コラ)。イッチーおおきに~♪



まさかクリスマスの3日前に、こんなにサプライズ感を味わえるとは思ってもみなかった。

鏡を観ながら喜んだ後、ふと我に返る。



ぜんじー:「ごめんね、イッチー。ぜんじーの方は、プレゼントを準備出来てないや…。」

イッチー:「私はいいよ。確か前倒しでもらったような気がするし。」



そうか…。

先日イッチーにバッグをプレゼントしたんだった…。

クリスマスプレゼントやでーって言ってた。

そっかそっか…。

前倒したんだ。

サプライズゼロやん。



ぜんじー:「高級レストランのディナーも予約できてないけど、ごめんね。」

イッチー:「ううん。別にそういうの、そんなに興味ないし。」

ぜんじー:「…じゃぁ、24日の仕事上がりに美味しそうなチョコレートケーキ買って帰るね。一緒に食べようね。」

イッチー:「うん。



そして、翌日になった。

まだクリスマスイブでもない、天皇誕生日。


イッチーと一緒に

引越しに向けて軽く部屋の掃除などをしたり

Newスーパーマリオをしたりして(まだ7面までしか到達していないんだけど)過ごした。


夕方になると眠くなり、2人で本気の昼寝(夕寝?)をしていた時

部屋のインターフォンが鳴った。


ここはイッチーの部屋なので、ぜんじーはイッチーをつついて起こし、玄関まで出てもらった。

宅配便が届いたようだった。



ぜんじー:「…何だろうね?」

イッチー:「ぜんじーからって伝票に書いてあるよ。」

ぜんじー:「開けてみて?」


イッチーは箱を開けた。

まず、白い紙の束が2種類出てきた。


イッチー:「何これ?紙?プリンター用紙?」

ぜんじー:「まあまあ、これは良いとして、そっちの包みを開けてみてよ。」

イッチー:「うん…。」



包みを開けて中身を取り出すと、イッチーに嬉しそうな笑みが浮かんだ。


ぜんじー:「イッチーが何年か前に欲しいって言ってたやん?まだプレゼント出来ずにいたし。」


イラストを描くときに使うカラーペン。

コピックスケッチの72色セットだ。

イッチー:「わ~!ありがとう!!」

ぜんじー:「嬉しい?すぐに何か描けるように、紙もあるしな♪」

イッチー:「うん♪」



喜ぶ顔が見られて良かった。

本当はプレゼントが届くって知ってたけど、言ったらサプライズにならないと思ってね。

いかにも「準備してませんよー」的な小芝居が成功して良かった。^^

イブの夜に渡そうかとも思ったが、配送にしてしまったので、

24日の仕事中に届いたりするとイッチーの喜ぶ顔が見られないもんね。


イッチーが、ぜんじーからのプレゼントのペンを使って

早速イラストを描き始めた。


どんな素敵な絵を描いてくれるんだろう…と思ったら、ちょっと変なドラえもん と ゴシック体の「橘」だった。

…なにゆえ に 橘…???

愛とかじゃないんや。


(以下、イメージ)
snap_zenzzy_20091241364.png
注:イッチーが描いたものを思い出して、ぜんじーが描いたものです。



まぁ、これを手始めとして、

新居にも飾れるような作品を今後作ってくれることを願いたい。



そんなフライング気味の、2人のサプライズ・プレゼント交換会でした。



さて、クリスマス・イブになりましたね。


恋人と過ごす方、家族や友人と過ごす方、おひとり様のあなたにも

ぜんじーサンタから、ハッピーメリークリ○○ス!

snap_zenzzy_200912415527.png



★↑メリークリスマース!
2009.12.24 (Thu) 02:02
新技?

休日の昼下がり。

外でのランチを終えて家に帰ってきた2人。


しばらく部屋で一緒にテレビを見ていたが、

退屈になってきたぜんじーは、イッチーをゴロ~ンと押し倒して上に乗ってみる。


イッチーの手足に自分の手足を絡めて押さえてから

「ちゅ~」

っとタコさん口でキスしようとしたら、

イッチーは頭を左右に振って逃げようとした。

唇を狙うが、ぜんじーはなかなかそれを仕留めることが出来ない。


ぜんじーはプゥッとふくれっ面をして彼女の上から降り、隣に寝転んだ。


ぜんじー:「つまんないの。」

イッチー:「テレビ見てる時くらい、おとなしくしなさい。」


ぜんじーが拗ねたフリしてイッチーに背を向けると、

今度はイッチーがぜんじーの上に乗ってきた。


イッチー:「ぜんじー、さっき私がやったみたいに逃げてみて?」

ぜんじー:「いいよ。」


今度はぜんじーが逃げ、イッチーがぜんじーを狙う。

それを1分ほど続けるとイッチーが言った。


イッチー:「はぁ・・・。疲れるわー。なんでこんなに疲れるのに、毎回逃げる私を襲おうとするん?」

ぜんじーは2人で部屋にいると、1日に何回もイッチーの唇を狙ってこういうことをするのだ。

ぜんじー:「だって好きやもん。」

イッチー:「ちょっと落ちついてくれる?」

ぜんじー:「じゃぁ、チューしよう?」

「はい。」

これで満足やろ?と言わんばかりに、イッチーは、唇をギュッとすぼめてぜんじーにキスをした。

ぜんじー:「唇が固いよ。」

軽くクレームしてから、目を閉じイッチーを待った。


・・・ぷにっ


柔らかく少し冷たい感触が気持ちよくて、ぜんじーは、イッチーに向かってニッコリ。


ぜんじー:「満足した♪」

イッチーは呆れたような表情をしたが、口元には少し笑みが浮かんでいた。




そんな熱い2人であるが、

時にはさらに熱い、むしろ"バトル"と言っても過言ではない技の繰り出し合いが行われることもある。


たまたま今日は、ぜんじーの新技が登場した素敵な日だった。


どんな新技かと言うとだね…


 
 
2009.12.21 (Mon) 00:14
あれこれあれこれ

先日、Twitterでもつぶやきましたが、

ぜんじーとイッチー2人の部屋が決まりました。

「気に入った」と言っていた例の物件です♪


フォローでお祝いの言葉もいただき、本当にありがとうございます。

いろんな仲間に見守ってもらっているんだなーと思うと

本当にうれしい限りです。

全員新居に呼んで、ヤミ鍋パーティーしたいくらいです!(←なんでヤミ…)

いやー、めでたいめでたい!


 
2009.12.17 (Thu) 23:43
いただいちゃいました♪

昨日は、コソコソと仕事を早く上がって都内某所まで。

まずイッチーと待ち合わせて、ある人を待ってました。


ある人とは…。


 
2009.12.16 (Wed) 18:00
2人のお部屋

この週末、イッチーと一緒に、不動産屋さんからの紹介物件を幾つか見に行ってきました。


平日は仕事もあるので、

基本的にはメールで、ぜんじーと不動産屋の担当者さんとで情報交換をしています。


不動産屋さんからの物件情報は

概ね路線別に複数の添付ファイル(PDF形式)として届くので

ぜんじーは、そこから必要な情報をピックアップしてExcelに入力し(25件程度なので大した労力ではない)、

複数物件のデータを比較出来るようにしています。

特に"築年"は物件によって表記が和暦だったり西暦だったりするので、全部西暦に変換してから入力。

(ぜんじーは昭和生まれなので、和暦で"平成"と表記されているとウッカリ新しいと勘違いしてしまうのだw)

その自分オリジナルのExcelデータのうち、実際に見てみたい物件として「○」を付けていたものを、今回見に行くことにしたんだ。


Googleマップのストリートビューも併用すると、

実際に現地に行かなくても、

駅からどんな道を通るのか?とか、外見がどんな感じなのか?など

自分の家にいながらにして写真画像で把握できるため、

物件探しにも便利だなーと、あらためて感じたよ。

実際に見てみたけど、やっぱり外見は、ほぼストリートビューで見たまんまだったしね。


いくつか物件を見て、早速、「ここなら住みたいな~」というものを

見つけてしまいました♪

まだそこに住めるかどうかは決まっていないけれど、

自分達の希望に近い物件を見つけることが出来て良かったです。


まぁ、家賃や管理費という制約がある中で、

賃貸でパーフェクトな(自分達の望みが全て叶えられる)物件というのも難しいので

どこまで妥協できるかが重要だろうと思います。


 
 
 
物件を見て夢が膨らんだ後、

自分達のお腹が減っていることに気付いたので

ぜんじーとイッチーは、その後、築地まで足を延ばしました。

前回は鶏料理だったので、今回は海鮮にしてみたよ♪

感想は、値段の割に「普通においしい!★★★☆☆」くらいだったので、お店の紹介は省きますw

ぜんじーが連れて行きたかったお店が閉まっていたのが残念!

ついでに場外のお店で、ボイルしたカニと卵焼きを買って帰ろうかと思っていたのですが、

満腹になった後は、どうも食指が伸びず…

後から「買って帰ればよかったー!」って思うんだろうな…と思いながら

築地を後にしました。



その後は、新しい部屋に引っ越したら、いくつか家電も新しくしたいね~ということで

有楽町のビックカメラに寄りました。

この冷蔵庫は、あの部屋に置けるかな~?とか、洗濯機もこの際買い替えようか?とか

いろいろ眺めてて、とても楽しかったです♪

でも、家電は引越しが決まらないと買っても意味がないので、

とりあえず、WiiのNewスーパーマリオだけ買って帰りましたw


来月には引越しをして、本格的に2人の生活を始めたいな~と思っている

ぜんじーとイッチーです。


そんな近況のご報告でした^^



☆↑ぽちっとよろしゅー☆

WiiのNewスーパーマリオ、もしぜんじーとイッチーが小学生だったら絶対ケンカしそう。

協力プレイのつもりが、実際、足ひっぱり合いになることが多いんだ…(w)

でも、やっぱりスーパーマリオは面白い♪
2009.12.14 (Mon) 01:29
【告知】1月17日に京都に行ける人~!
ゆうちゃんがブログでも告知していましたが、

待ちに待ったpe=poが出版されるそうですよ~!

(pe=poってなぁに?と気になる方は、オフィシャルサイトをご覧ください。

pe=poオフィシャルサイト
へは、このブログのリンクからも飛べますので興味のある方は、ぜひチェックしてみてください)


さらにさらに、関西にお住まいの方は運が良い!

なんと創刊記念パーティーなるものが京都で催されるそうなんです。


雑誌作りってどんな感じなのか訊いてみたいとか

どんな方たちが作っているのか興味があるとか

自分も雑誌作りに参加したいとか

初回はカミングアウト特集だったけど、他にもこういうネタに興味があるな~とか

実際に雑誌を手にしてみての感想などを

直接見たり訊いたり伝えたり出来る貴重な機会なので

お近くの方や都合の付く方は、参加してみてはいかがでしょうか???


Colori Caffeに行ったことがない方にとっても良い機会かもしれませんね。

(ぜんじーもまだ行ったことがないけど、京都に行く機会があれば訪れてみたいなーと密かに思ってます。)




↑東京でも開催されたら参加するぞー♪
2009.12.13 (Sun) 01:54
ドキッとする仕草
そろそろ眠ろうと、ぜんじーとイッチーは一緒に布団に入った。


ぜんじーは横になるとすぐに寝付けるのだが、

イッチーは寝つきがあまり良くないので

それが悔しいのか、眠る間際に、決まって厳しい提案をしてくる。


イッチー:「今日は、ぜんじーが先に眠ったらあかんルールにしよう。」

ぜんじー:「えぇ~!無理やわ。シーンとしたら眠ってまうし。」

イッチー:「じゃぁ、お話ししよう♪」

ぜんじー:「何の?」

イッチー:「…じゃ、マッサージして?」


半分目が閉じかけていたぜんじーは、

起きあがる気力がなく、とりあえずイッチーの手の平をマッサージ。


でも、マッサージしながら眠ってしまいそうだったので、話題を振ってみた。

ぜんじー:「では質問です。彼女の仕草で、ドキッとする仕草は何?」

イッチー:「真剣な表情をしている時とか…。」

ぜんじー:「それは顔が怖くて"ドキッ"の間違いやろ。」

イッチー:「他にもあるわ…。お尻を半分出して歩いてるところとか。」

ぜんじー:「えー!!それなの?」


次は、ぜんじーがドキッとするイッチーの仕草を答えようとして…

考えているうちに…

眠ってしまった。

 
 
2009.12.11 (Fri) 01:11
こんなところに!!!

ぜんじーが、いつものように風呂上がりに

おパンチュ一丁でウロウロしていたら

イッチーが走って、ぜんじーの乳を揉みにきた。


 
2009.12.10 (Thu) 02:25
しあわせ

ア○ラックのCMの歌が耳にこびりついているのか、

イッチーが何度も、ま○き猫ダックを歌っている。


途中から替え歌になってきた。


イッチー:「しあわせよ しあわせよ ぜんじーといること♪」



嬉しくなって、ぜんじーもイッチーと目を合わせ、リズムを取りながら一緒に歌った。


イッチー:「しあわせよ しあわせよ ぜんじーといること♪」

ぜんじー:「しあわせよ しあわせよ イッチーといること♪」




調子に乗って、イッチーは2番まで作ったようだ。



イッチー:「しあわせよ

しあわせよ

表向きだけはね♪」



ぜんじー、一瞬固まった。

ぜんじー:「お・・・表向きだけ?

イッチー:「もう、嘘に決まってるやん♪




そんなイッチーが好きで好きでたまらない。



★ぽちっとよろしゅー↑☆
2009.12.08 (Tue) 01:32
やれないから泣いたわけじゃない

週末の夜、ぜんじーは泣いた。


イッチーと一緒に布団に入り、笑顔でイッチーのおっ○いを触ったが、

イッチーが無表情で、むしろ眉間に皴を寄せているのを見て

悲しくなってポロポロ涙を流して泣いた。


  
2009.12.08 (Tue) 01:07
思い違い?
ぜんじーの彼女であるイッチーのブログ、

偽善者物語』というエントリーを読んだことがある方はどれくらいいるだろうか?



 

2009.12.07 (Mon) 00:52
懐かしのノート

ぜんじーとイッチーが遠距離だった頃、

電話やメールだけでなく

ノートに手書きのメッセージやイラストを入れて

デートの度に手渡しする、

今では懐かしき、交換日記めいたことをしていた。


どんだけ話したいことがあるんや?っちゅー話である。


 
2009.12.06 (Sun) 01:21
絡まれデート
このブログでも何度か書いているが

イッチーはお酒の席では、妙にフレンドリーである。


先日、ぜんじーが

「今日、仕事の帰りに "お好み"行かへん?」

とイッチーをお誘いして、晩御飯兼ねて近所のお好み焼き屋さんに行ったときのこと。


店員1:「テーブル席とカウンター、どちらにしますか?」

店員2:「カウンター席がお薦めですよ?」

ぜんじー:「テーブルで。


お薦め無視の、マイペース発揮である。


確かにカウンターは

すぐ目の前で店員がオーダーした料理を作ってくれて、

そのまま同じ鉄板で食べられるし楽しいんだけど、

ぜんじーはその日、イッチーとマッタリしたい気分だったので

あえてのテーブルである。


さらに、カウンターには元気そうな初老のおじさん2人が

既に陣取っており、

ぜんじー達に話しかけてきそうなオーラをプンプン匂わせている。

良い意味でフレンドリー。

悪い意味で空気読めない雰囲気を醸していたので、

それを避けるためにもテーブル席に座ったのだ。

あえてのテーブルである。(2回言ってみた。)



そんなこんなでテーブル席に座り、乾杯をして食事を始めた2人。

毎日一緒にいるためか、特に目新しい話題はないのだが・・・。

とりあえずサラダを頬張りながら話題を探していると、

その少しの沈黙を上書きするようなカウンターのおじさん達の大きな声。

かなり盛り上がっている。

盛り上がっているし、気のせいか、カウンターであればこちらには背中を向けているはずの

2人の身体の向きが、こちら側を向いている。


あ・・・話しかけてきやがるな?


そう感じた途端、やっぱり、おじさんのうちの1人が話しかけてきた。

適当にいなそうと思ったのに

フレンドリーなイッチーが、その話に乗ってしまい、

出身地の話を始めてしまった。


自然と、同席しているぜんじーも、出身地を言うことに。


いつの間にか、店員も混ざってローカル話に花が咲き・・・

ええやんもう・・・と思うのに、どんどん話が続いていって、

好きな音楽の話とか、どこに住んでるのか、とか、

どうでもいい話に移る。

(相手が女性ならまだ違うんだけど、こんな気分の時には男に余計に興味がない・・・)


ぜんじーは、自分的に、どうでもいい話になると

「明らかに興味ないですよー

な表情になるのだが、

イッチーは、そんなぜんじーの気持ちに気付いていないのか

気付きつつも、おじさん達を気遣ってか、笑顔で応対。


さっき、ぜんじーとイッチーが食べ終わったばかりの焼きそばなのに、

初老2人も同じものをオーダーしており、

食べきれそうにないからと、

なぜか小皿に てんこ盛り 分けてもらっているイッチー。

わー・・・いらねーー・・・。

まだあと3品も来るのにw

でも、「助けて」の目線をイッチーから送られて、

ぜんじーもしぶしぶ半分いただくことに。


さらには、

「この後、ショットバーに行きませんか?1杯ずつご馳走しますよ」と誘われ、

さらにさらに、週末に初老2人と一緒にジャズライブにまで誘われてしまった。


ぜんじー必死で

「どうにかせぃ!!たーすーけーてー!!

と、口パクでイッチーに伝える。


さすがにイッチーも この展開に慌てたのか、

しどろもどろになりながら誤魔化して

(もうすぐ2人ともダンナが帰ってくるから、とか苦しいことを…)

おじさん達とのデートは免れる事が出来た。



2人でまったり・・・は、なかなか叶わないんだけど、

イッチーが居るとネタに事欠くことがないので、

これからも2人で楽しい人生が送れるに違いない・・・よね・・・。



★ぽちっとよろしゅー↑☆
2009.12.03 (Thu) 23:27
いろいろありますね~

人生、生きてると色々ありますね~。


ぜんじーは基本、のほほ~んと生きてるけど

時々、事件が起こります。


ある意味、転機っていうのかな?

そんな事件。


同じように、それはイッチーにも起こります。

それぞれの事件が、たまに同じタイミングで起こることもあります。


そうすると、あっちも考えなきゃ、こっちも考えなきゃ…

少しの間、気持ちに余裕がなくなる時もあるけど、

どうせいずれ、落ちつくときが来ると思っています。

思っている、というか、落ちつくときが絶対来ると断言します。

しちゃう。



あの時、まだ起こってもいないことを不安に思ったこともあったけど、

起こってしまえば、意外と度胸って座るものですね。

もっと眠れないくらいドキドキするかと思ったけど、けっこう毎日ぐっすり眠れてます。

痩せるかと思ったけど、体重に変動なし。(くそー)


あの時悩んで、あれこれ考えていたお陰かもしれません。

涙を流したお陰かもしれません。

当時、もやに包まれたり、黒い渦に巻き込まれたりしていたけど、

今になって解ってきます。

仲間の励ましも、まっすぐ届きます。



道が見えると、覚悟を決めると、こんなに楽に前に進めるとは・・・。
 


★ぽちっとよろしゅー↑☆
2009.12.02 (Wed) 00:59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。