2008.11.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2009.01.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
コメントの返信は年明けになるかと思います。いつもありがとう。よいお年を。(本文なし)
スポンサーサイト
2008.12.31 (Wed) 00:12
いらない笑顔は配れ気を。(倒置で強調)


たっただいまぁ~。

へろへろり~ん。



電車の座席の向かい側で、

恋人つなぎで手ぇつなぎーの、頭くっつけあって眠りーの、な

カップルに

めっちゃ当てられて、

2008年残り少ないエネルギーを吸収されてもーた

ぜんじーでございます。



いやぁ~~、年も暮れだね、TOSHIもグレたね~。(←誰)



2008.12.31 (Wed) 00:09
行ってらっしゃい。


イッチーが帰省した。


今頃は、もう関西の空気をスハスハ吸っていることだろう。


今夜は家族団らんかな?





2008.12.29 (Mon) 18:08
半分の冷たさ。半分の優しさ。


イッチーは尿意を催していた。

急ぎ足で、とある建物のトイレに入った。



入ったはいいが、なぜか個室の壁がなく

オープンである。



2つ隣の便座には、すでに先客が腰掛けている。




背に腹は変えられない。


イッチーは意を決してジーンズを下ろすと

便座に腰掛けた。





あ~・・・、出そう・・・。




思ったとたんに、ドヤドヤと若い女子がトイレに入ってきた。




イッチー、集中!集中!!!




今は用を足すことだけに専念し、雑念を払おうとしたが

どうしても落ち着かない。




出したい・・・でも、出ない。

あなたに会いたい、でも、会えない的な、切ない気分になり、


ハッ!!!

と目覚めた。





夢だった。




イッチーがいたのは、布団の中だったのだ。




危ない危ない。

あれで気持ちよ~くなってたら、今頃、布団が不快指数120%になるところだった。




イッチーは、あわてて布団から飛び出すと、

裸足でフローリングの床をつたい、トイレに入った。



これまで堰きとめられていたものが解放され、ひとときの幸福感を味わったのだった。

あなたに会えてよかった。



でも、さようなら・・・。




イッチーは、白いタンクの前方にあるレバーを、右斜め45度傾けた。



大量の水が便器の内側で渦をなし、

透き通ったブルーグリーンの水は

見る見る間に、もとのクリアブルーに戻っていった(・・・ブルー○ット、置くだけ・・・)。





2008.12.29 (Mon) 16:49
「付き合ってないことにしよう・・・。」


イッチーがキッチンのほうに行ったので


ぜんじーも、イッチーの後を追っていった。





追っていって、驚いた。




2008.12.28 (Sun) 01:21
さささ・・・さむ~~!

チョコクマ丸の住む、北○道は、たくさん雪が降ったようだねー。



東京も、今日はさらに冷え込んだね。



電車の座席下の暖房も、活躍してました。



寒い地域では、駅で電車が停車する間も、ドアは閉まったままで

手で開けたり閉めたりするんだと聞いたことがあります。



数分間隔で電車が駅に到着する東京で

それ(ドアの手動開け閉め)をやってたら、遅延が続出だろうね。



・・・って、こんなことが言いたいのでは全くなく・・・。


2008.12.27 (Sat) 00:52
ぜんじーは めいたんてい


みなさーん、ちわっす!(師走!)




イッチーのエントリーに、いつもながら、あったかーいコメントをありがとう。




ぜんじー自身も、イッチーのエントリーを楽しみにしていたので

嬉しくて何回も繰り返して読んじゃったよ~。

あの子、4~5時間くらいかけて書いてたからね・・・(w)




「愛してます」だってー!!!

ぜんじーのこと、「愛してます」だってー!!!(嬉)

アンダーラインしなきゃっ。付箋貼らなきゃっ。拡大コピーしなきゃっっ!(←何)




ぜんじーも、イッチーのこと、最上級に愛してるよぉ~っ!!

アイシテルの特盛、生卵8個のっけちゃう~♪(←ズルズルですやん)




2008.12.26 (Fri) 01:15
祝80万とんで420HIT
こんばんは、イッチーです。


こんばんは、イッチーです。





何を書いていいかわからないので

2度あいさつをしてみました。



80万とんで420HITおめでとう~



というわけで



文章書くのは苦手なのですが


ぜんじーに背中を押されたので


がんばって記事を書こうと思います。





挙手!


じゃなくて


拍手!



(しーん・・・)




2008.12.24 (Wed) 02:15
2人のクリスマスは・・・

クリスマス・イブですね~。



ねぇ、なぜだろう。

クリスマス・イブに1人だと「さびしい人」になっちゃうのは。

いつから恋人たちのクリスマスになっちゃったんだろう???

誰かの戦略に違いないな。




そんでもって、イブの日に、女2人でオシャレな店に

飲みに行ったりすると、

周りが男女のカップルだらけで、

なぜか、優越感のこもった視線をチラリと向けられたりする。




2008.12.24 (Wed) 00:21
ふたりで。


昨日はイッチーと 焼肉に行ってきた!(^▽^)



前、たまたま イッチーと散歩をしていたときに

入ってみたら

「今、満席なんですよ」

と断られたところ。



人気店なのかなぁ~?と、ネットで検索したら

テレビやグルメ本にも紹介されてる有名店だった。



メニューの写真を見ているうちに

食べたい願望が大きくなり

「絶対行ってみたいっ!」になってしまったのだ。



あ~~~、いろいろ食べたいっ!!!



イッチーと、予約した時間めがけて、ウキウキダッシュしながら店に行った。



店内に入ると、芸能人のサインとか写真がいっぱい飾ってあったけど

やっぱりメニューの肉写真が一番そそられた。



並の肉でも、柔らかくて美味しかった。

でも、ぜんじーのお気に入りは、上ハラミと特上カルビかなぁ~♪♪

2人でお腹いっぱい食べたけど、15,000前後で収まったから

お値段的にもお手ごろかな~。



また行きたいニャ。



2008.12.22 (Mon) 00:59
朝、ロボ。


イッチーが、朝、ごみを捨てに出たあと

ふたたび布団に入ってきた。




ぜんじーの方を向いて、

イッチー:「目が冴えてもーたー。」

と。



ぜんじーもイッチーのほうを向いて、

ぜんじー:「じゃ、起きよっか~。」




2人で向き合って仲良く両手をつないで、キッチンへ。



2008.12.20 (Sat) 14:50
なんだか匂いづいてます。
昨日は、イッチーが職場の忘年会で、

ぜんじーも忘年会・・・と言いたいところだが、単なる残業であった。



電車に乗り、座って帰っていると

途中の駅から わらわらと 忘年会帰りの人々が乗ってきて、すぐに満席。



ぜんじーの隣には、どすーん と おじさんが座り

座ったとたんに眠ってしまった。



まもなく、振り子のように バーコード頭が 揺れ始めた。



体重がぜんじーの方に乗ってきたので、落ち着いて読書が出来なくなったので

タクシーで帰ることにした。



ぶらり(?)途中下車した駅前のロータリーにある

タクシー乗り場に向かったら、

やっぱりそこでも乗車を待つ人の列。



足元がふらふらしているのは、おじさんが多い。



笑顔が微妙に引き気味の若いサラリーマンを

無理やりタクシーに乗せて

次の店に向かおうと頑張ってる 上司(?)。でも目は、いっちゃってる。

きっと次の店では爆睡確定!(w)



ほかにも、不満そうな面持ちで、人ごみを眺めているおじさん。

今にも座り込みそうな雰囲気で、足ガックンガックンしてる。



みんな、仕事でストレスが溜まっているのか、飲みすぎだろーーーー。



タクシー待ちの列で、ぜんじーの前にいたおじさんも、

ぜんじーの後ろにいた外国人の女の子2人組が英語で話しているのをガン見してた。



あまりにもガン見しているので 気持ち悪いなぁ~と思っていたら

女の子たちも 自分たちが 見られていることに気づいたらしく、



「この人、さっきから うちらのこと見てるし。超うざいんですけどー!!!(ぜんじー超意訳)」


「これだけ言っても まだ見てるし、きもっっ!!!(ぜんじー超意訳)」

・・・なんて言っちゃって。


あぁ・・・。




10分ほど待って、やっとタクシーに乗れた。


後は帰るだけや~♪




タクシーの後方左側のドアが 開いて乗り込んだ0.5秒後に

そのタクシーに乗ったことを後悔。


く・・・・・くっさ~~~~~!!!!(きっと 運転手の足)



ムンムンムレムレな臭いが、

タクシー内に まんべんなく 漂っていた。



しばらく、呼吸が苦しくなるほどだったが、人間の嗅覚とはすばらしいもので

乗っているうちに マヒしてきて、気にならなくなってきた。


ぜんじーの嗅覚、GJ!



20分ほどで 家の近くに到着。



コンビニの前でタクシーを止めて、お支払い・・・。



財布をバッグから取り出そうとしているところで、タクシーのドアが開いた。

なんとなく、「あれ、この運転手さん、ドア開けるの早くない?」と思ったら

ちょうどお札を 料金トレーに 置こうとした時に その理由が分かった。



ムレムレな臭いに慣れきってた ぜんじーの嗅覚が

また 新たな臭いを感知した。。。。。。



屁・屁・屁屁屁の屁~♪



運転手に、すかしっ屁 されたに違いないのだ。




なんだか、最近、匂い(臭い)づいてますなぁ~。




★ぽちっとよろしゅ~★

2008.12.20 (Sat) 11:11
またオナラかよっ(w)

ぜんじーがアイム ハングリー状態で

仕事から帰ってきて

早速 出された カルボナーラにがっついてると、イッチーが話しかけてきた。



イッチー:「ぜんじーが昨日書いてた、視力検査の話、ちょうどテレビで某お笑い芸人がやってたネタと微妙にかぶってたよ。」


ぜんじー:「えぇ~~~!!!ぜんじーの実話にもとづくネタなのに・・・。パクリと思う人がいるかもしれへんから、消すわ・・・。」


イッチー:「いや、コメント書いてくれてる人もいるし、消さなくていいって・・・。」


イッチーに止められて、削除はやめておいた。



ぜんじーって、自分Loveやん?

それが、ネタをぱくってブログに投稿、って、最悪やん???

あ~~~~・・・・。偶然ってこわっ。

てか、テレビ見る時間ないしな・・・。(←まだ言い訳してる。けっこう読者は「どうでもいい」のにw)




さて、話を変えよう。




2008.12.19 (Fri) 01:27
まだまだトキメキ
髪を切ったイッチーがきゃわいくてキュ~ン♪

出かけるときの、いつものキス。

ぜんじーは歯ブラシをくわえてて、出来なくて。

人差し指だけ彼女の唇にあてた。

いってらっしゃい!

イッチーが微笑んで、ぜんじーの頬にチュッ。

こんなことだけで、今日も頑張れてるよ。


★ぽちっとよろしゅ~★
2008.12.18 (Thu) 09:18
おじーちゃん、おじーーーーちゃん!!

ぜんじーが、免許の更新のために警察署に行ったときのことだが、

視力検査の列、ぜんじーの前に、おじーちゃんが並んでいた。




ぜんじーが、自分の番が来るまで ぼーっとしていたら、

おじーちゃん、かなり気合が入った大きな声で、「C」の向きを答えてた。





おじーちゃん:「む・・右っ!




おじーちゃん:「う・・・う・・上っ!




検査官:「はい。いいですよ~。これはどうですか?」





おじーちゃん:「・・・・て・・・手前っ!!




検査官:「はい?」




おじーちゃん:「・・・・てーまーえっ!!







手前って、どっちだよ・・・・・。


心の中でツッコミを入れた。


snap_zenzzy_200812411642.png







今日の電車での おじーちゃん。



すでに混雑した電車に乗り込んできた。



ぜんじーは扉のそばだったのだが、おじーちゃん、顔 めっさ 近っっ!!!



近すぎるゆえに、「おじーちゃん、お口くさーい」とウッカリ言ってしまいそうな

言葉に表せないけど どこかで嗅いだことのある にほひ が・・・。



あうあうあう・・・・・・。



2駅過ぎたら、ようやく周りが空いてきて、ぜんじーも おじーちゃんから退避。


なのに、気づいたら、また ぜんじーの方を向いて、

めっちゃ、近っっ!!!近っ、近っ、近っ!!!

んで、くっさ!!!

snap_zenzzy_200812413151.png


なんだったんだろう。




いろんなおじーちゃんがいるね。




ちなみに、うちの おじーちゃんは、超ダンディー。大好き。





★ぽちっとよろしゅ~★
2008.12.18 (Thu) 01:33
天国にいる日々

つの間にか、今年ももうすぐ終わりだね~。


に「忙しい~」って感じの1年だったよ。飲み会の幹事もできなかったしね(汗)



ょっと振り返っただけでも、公私にわたっていろんなことがあった


2008年-。



高に嬉しかったこと、自分の中での今年の1番ステキな出来事は、


ッチーが東京に来てくれたことだ。



人が近くにいてくれるって、こんなにシアワセなことなんだ、


しいことなんだって、あらためて感じたよ・・・。



ままでの恋愛では、たとえ遠距離になったって平気だよ~って、


がりじゃなくて


ジで信じてたんだよ。彼氏がいなくても友達がいるからいいや~とか、ね。




も、イッチーとは違った。



し、一生このまま遠距離になってしまったら、離れ離れだったらって


う想像しただけで、気が遠くなる思いがしたし、胸が苦しかった。



カなのかな・・・ぜんじー、いい大人なのに、こんなに恋にのめりこんじゃって・・・。そんなことも思ったけど


た感性・感覚を持っていて


緒にいると、安心できて、素のままでいられる相手ってイッチーしかいないんだ。だから、どーーーしても、イッチーを離したくなかったんだ。で、呼んじゃった!(テレ)




国ってこんな所に違いない、とマジメに信じてる、今のぜんじーです。







2008.12.17 (Wed) 00:48
じんわり、じわ~り


この頃、ぜんじーは、「じんわり、じわ~り」を心がけている。





2008.12.15 (Mon) 00:54
○の谷の○○○○

先日から、イッチーが鼻歌を歌っていた。


イッチー:「らん、らん ら ら らん らん らん♪」


「○の谷のナ○シカ」の挿入歌(?)である。



イッチーは、この作品が大好きだそうで

もう7回は観ているらしいのだが、

8回目が観たくなったらしい。



一方、ぜんじーはと言うと

時々テレビでやっているのを 何回もツギハギだらけに観ただけで

ひととおり全てを観たことがなかったので

イッチーと一緒にビデオ鑑賞会をしたのだった。



いや~、やっぱり あの世界って引き込まれるね~。



超有名な作品だから、きっとみなさんも観たことがあるだろう。

なので、内容を詳しく話すことは止めておこう。



作品の世界に引き込まれたと言いつつ、おっ○い星人としては

イッチーのおっ○いも気にかかる。


右手をイッチーの おっ○い と おっ○いの谷間に差し入れると

ぜんじー:「胸の谷のナ○シカ~!」

と、やっちゃった。


イッチー:「・・・。」



よく考えたら、「胸の谷のぜんじー」だったね(w)


snap_zenzzy_2008126221758.png



★ぽちっとよろしゅ~★
2008.12.13 (Sat) 22:37
だれか~
今、ぜんじーを抜かした人がおなら三発落としていきました!


★ぽちっとよろしゅ~★

追伸:
さすがに忘年会シーズンで、銀○も混み混みだったね~。
電車も圧死しそうでした。
んでもって、電車で立ってるぜんじーの肩に後ろから女子がおでこをのせて眠っており
「あう~~ファンデーションつけないでよ~?吐かないでよ~?」
とヒヤヒヤもんでした。
そしてようやく駅に到着したら、ある人の落し物三発くらっちゃいました。(w)

2008.12.13 (Sat) 00:56
こんがらがった
今日、仕事中、ある人からの折り返しの電話を待っていた。



ちょうどお昼に行ってしまい、席を外しているとのことで

ケータイ番号と伝言を残しておいたのだ。



ぼーっと待っていても仕方ないので、

ぜんじーも、同僚とランチに行っちゃうことにした。



2008.12.11 (Thu) 01:52
日常の1コマ


今日の仕事、会議が複数入っていたため

少し遅くなるだろうな・・・と、想像はしていたが

想像以上に遅くなった。



ま、電車が走っているうちに帰れるんだから

たいしたことは ないんだけどね。



ビルを出ると、雨が大降りになっていた。



傘を持っていなかったぜんじーは、

途中の駅で降りて、ショートカットしてタクシーに乗ろうと思ったが

駅前は、タクシーを待つ人たちで行列。



タクシーを断念して

ふたたび改札に入り、

何度か電車を乗り換えて、ようやく最寄り駅に到着した。




イッチーが、傘を持って、駅まで迎えに来てくれた。



すでにお風呂に入ってたのと、

慌てて着替えたせいか、

イッチーは、キャップをかぶり、

ジーンズの下にパジャマのスウェットパンツを履いたままという、

不思議な いでたちだった(w)

男の子かと思ったよ~。



家に着いたら、すぐにイッチーは

ぜんじーのために、晩御飯を用意してくれた。



チャーハンと、豚のしょうが焼きだった。



イッチーの料理は、手早くて、そして美味しいんだ。

いつもありがとう。



食べ終えて、満腹になった。

急いで食器を台所まで運んで、とりあえず水に浸ける。

部屋に戻ってきて、ウシになってもいいやっ!という勢いで、ゴローンと横になる ぜんじー。



ぜんじー:「そういえば、今日、イッチーに謝りたいことがあんねん・・・。」


イッチー:「何?」


ぜんじー:「えーっとね、んーと・・・。どうしようかな。」


イッチー:「どうしたん?」


ぜんじー:「言っても怒らない?」


イッチー:「話す前に そんな条件つけたら、怒りたくても怒れんやん・・・。」


ぜんじー:「・・・どうしようかな。」


イッチー:「ぜんじーが そうやって もったいぶる時は、くだらないことなんだよね~(w)」



ぜんじー:「じゃ、言うね。・・・実は、今朝、

イッチーが着替えてるところをチラッと覗いて、おっ○い見てもーてん。えへへ~。



イッチー:「なーんだ。やっぱり くだらないー(w)」



朝から、ぜんじー、ステキなものをバッチリ見てしまったよ~。

いつも着替え中を覗くと叱られるから黙っておいたんだけど、

嬉しくて、言いたくてしょうがなかったんだ。

(言っても、イッチーは何も感動しないけどね)


たった2秒間ほどだけど、今、目を閉じても おっ○いを思い出せるよ。

フラッシュを見たときの残像みたいに、目の奥に焼きついてるんだ~。




んーと、思い出して描いてみるね。
























2008.12.10 (Wed) 01:36
ミルクティー
喉が乾いたのでグラスに緑茶を注いだ。

イッチーの飲みかけカフェオレが入ってたことに気付かずに。

一口飲んで、マズ~!

それをそのままにして部屋を出てしまった。

想像を越える不味さだから、イッチーが誤って飲みませんように…。

いや、飲みますように…。

(確信犯ここに記す)
2008.12.09 (Tue) 08:56
夕暮れ時


夕暮れ時は、ただでさえ人恋しくなるのに

寒い日だとなおさらだね。




家から電車で2時間離れた土地の

バス停で

バスを待っていた。




なかなかバスが来なくて

しびれを切らした

おばちゃん2人。


友達どうしか姉妹なのか

にぎやかに話しながら

バス停から立ち去った。


後に残ったのは

マスクをつけたおばちゃん1人。

少し足をガタガタさせながら立っていた。

寒いもんね。



時刻表を確認した。


あと8分・・・。




ここは山に近いから


ねこバスが来てもおかしくないよ。




周りが薄暗くなってきたところで

ようやくヘッドライトを照らしながら

バスがやってきた。



あたたかいバスに急いで乗り込んだ。



1人じゃなくて良かったな。


こんな寂しいところで。。。



イッチーと寄り添ってバスの席に座った。

キャラメルをもらった。

甘い甘いキャラメルの味が、口の中にひろがって溶けてった。



進んでいくバスを見送る、マスクのおばちゃん。


早く、次のバスが来るといいね。



寒いから、風邪をこじらせないでね~。


夕暮れバスを待つ




★ぽちっとよろしゅ~★


どうしよう・・・マスクをはずしたら、口裂け女だったら!!!

きゃ~~~~っ!!!

2008.12.09 (Tue) 00:51
不協和音


今朝の通勤電車でのこと。



ぜんじーの左前の席に座っていた女性のイヤフォンから

ズズチャカ、ズンズンチャカ

と、漏れに漏れた音が、聴こえてきた。



時々、なんとなくサックスっぽい音も聴こえてくる。



ぜんじーも、iPodで音楽を聴きながら電車に乗ってることはあるが、

人様に迷惑、と言う理由よりも、

自分の音楽の趣味を、同乗している他人と共有するつもりはないので、

必ず密閉型のイヤフォンかヘッドフォンを使用するようにしている。



だから、その女性がズンチャカ鳴らしているのを聞きながら

「あ~、自分だったら恥ずかしい・・・*><*」

と思っていた。


ちょうど、前の電車が詰まっていたみたいで、電車がスピードを緩めたとき

30秒ほど、車内がシーーーーンとした。


その時だ。


ズズチャカ、ズンズンチャカ


ズズチャカ、ズンズンチャカ



音が二重に聴こえ始めた。


周りを見ると、もう1人、音楽を聴いている男性がいた。



そちらの方に意識を傾けてみると、

ズズチャカ、ズンズンチャカ

そして、聴いたことのあるサックスの音。



なんと、フタリの他人、男性と女性が、同じ時間に同じ曲を聴いていたのだ。

そして、両者とも音漏れ状態。



「きゃ~~~っ!はずかし~~~~!!!」

まるで、どちらかが自分であるかのように、テレテレしてきて仕方がなかった。



器用なことに、2人は、同じ曲を ビミョ~~~にずらして聴いていた。

(ピッタリ合っても怖すぎだが)



本人たちは気づいていないけれど、

この2人、同じ趣味を持っていて、気が合うのかもしれない。

もしかしたら、運命的な出会いなのに、それを逃してるのかもしれない。

でも、もし2人が付き合ったとしても、微妙にすれ違っちゃうのかな・・・。

2人が織り成す、不協和音が物語っている・・・。





そんなことまで想像してしまいました。






ちなみに、ぜんじーの右側に立っていたオッサンは、ずーっと何やら独り言をつぶやいていました・・・。

そして、音漏れ2人の間に座っていた女性は、ずーっと遠くを見て微笑んでいました。


月曜の朝から、ちょっとお疲れ気味になってしまった ぜんじーでした。



★ぽちっとよろしゅ~★

でも、帰ってイッチーの顔を見たら、すぐに癒されたよ♪
2008.12.08 (Mon) 23:58
呼ばれた?

ぜんじーがPCの前に座っていると


「チッチッチッチチッチー」


と、舌打ちのような、何か動物を呼ぶような音が聞こえた。




そんな音が聞こえたら


犬や猫でも、鳥でなくても、顔を向けて見てしまうと思わない???




2008.12.08 (Mon) 00:42
ぐるぐる巻きにするしかないだろ・・・


あれは、ぜんじーが大学に合格して

家を出る日のことだ。



新しい1人暮らしの部屋に持って行くものは何もなく、

ただ1つのボストンバッグだけ。



受験勉強で使った赤本や問題集は、全て紐でぐるぐる巻きにして

部屋の外に出しておいた。



これから ぜんじーは自由になるっ!!

ゲーム機買って、ゲームしまくるぞー!!

部屋に彼女も連れ込むぞー!!



と、希望だか野望だかに燃えていた。



しかし、1つ、気がかりなことが。。。



2008.12.07 (Sun) 00:13
未経験?経験済み?

イッチーは何度か経験したことがあるらしいのですが・・・


読者の中で、同じような経験をしたことがある人はいるかな???




2008.12.06 (Sat) 19:43
気づかなかったかもしれないね。


たとえば、教室で、クラスメイトの2人が自分の方を見て

ヒソヒソと話をしながら笑っているシチュエーションを想像してみてください。



さて、2人はどんなことを話しているでしょう???




2008.12.06 (Sat) 01:54
ごほうび


ぜんじー:「ねえねえ、イッチー・・・。買ってもらいたいものがあるんやけど・・・。(ゴマゴマスリスリ)」



イッチー:「何?・・・しかたないなぁ・・・。いいよ?


ぜんじー:「いい?やったぁ♪ ちょっと待ってね・・・。」



ぜんじーは、PCのブラウザを起動して、お目当てのサイトへ・・・。



ぜんじー:「これが欲しいんだぁ~





ぜんじーが開いたページは、amaz○nの、ある書籍の紹介ページ。


イッチーの大嫌いな、でも、ぜんじーは大好きな 虫の図鑑。

お値段、本にしては、けっこうするんだけど

情報量にしてみれば安いもんじゃない???(w)



あらゆる虫が、図解で説明されてるって、わくわくするやん???




イッチー:「わ・・・。引くわぁ~・・・。でも、ぜんじーが欲しいって言うんなら、いいよ?」


ぜんじー:「やったぁ~!イッチーありがとー。じゃ、欲しいものをショッピングカートに入れておくから、後で買ってね。」


イッチー:「うん。じゃ、イッチーお風呂入ってくるわ~。」



イッチーがお風呂に入っている間、その虫の図鑑をカートに入れて、

似たようなシリーズの図鑑をあれこれ見ていた。



そういえば、ぜんじー 子どもの頃は、自分の部屋の本棚にあった

文学全集やら大百科事典やら、家庭の医学やら、何でもかんでも読んでたなぁ~。

そんなワクワク感を思い出した。


仕事関係の本ばかりじゃなくて、たまには 子どもの頃に興味を持っていたこと、

自分の好きな分野の本を買うのもいいなぁ~。

そんなことを考えてると、どうしても、他にも買いたくなってきた(w)




一方、イッチーはイッチーで、

「ぜんじー、あの図鑑のほかに、動物図鑑も合わせてカートに入れてるんじゃないだろうか・・・。」

と、ある程度予想していたらしい。



イッチーがお風呂から出てきて、購入の手続きを済ませようとカートの中身を確認した瞬間

「あははっ」

ウケていた。





ズバリ、イッチーの予想的中!







ではなく、

イッチーの予想を超えて、カートには4冊の図鑑が入っていたのだった。





合計 35,000円也。





さすがに それをイッチーに払わせるのは申し訳ないので、

ぜんじーは先に、ネットでイッチーの口座に35,000円をお振込みしておいた。(w)




うんうん。

自分への ごほうびだ。



もうすぐ ボーナスだしね~。(←言い訳)

ま、景気が悪いとか言ったって、何も知的好奇心を抑えることはないよね~。(←言い訳)



ぜんじーが購入したのは、

 ・虫の図鑑

 ・動物の図鑑

 ・海洋生物の図鑑

 ・地球の図鑑

でした。




そしてぜんじーはぜんじーで、


「次は恐竜図鑑か、人体図鑑かな・・・。いや、それとも、危険生物の図鑑???」


と、1人で目論んでいるのであった。




あぁ~~~!!!想像しただけでワクワクするよ~~~~ん♪


snap_zenzzy_200812514622.png








イッチー:「あぁ・・・来た本、どこに置こうか・・・orz」




★ぽちっとよろしゅ~★
2008.12.05 (Fri) 01:37
もえるごみ
ぜんじーがイッチーに絡んで

いつものとおり ふざけていると、



えりくびのところを ちょい と つままれて

靴箱のところまで連れて行かれた。


2008.12.04 (Thu) 00:48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。