2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.07.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
イッチーの、現在唯一の趣味
このブログでも何度も紹介していますが、

イッチーは、AKB48の梅ちゃんのことが、まだ大好きです。



我が家のハードディスクレコーダーに録画されたデータの大半は、

梅ちゃんが出演した番組です。


AKBは毎日のようにテレビに出ているため、

何でもかんでも録画を残しておくと、すぐにハードディスクが一杯になってしまいます。

それに気付いたイッチーは、録画のムダを少しでも減らすため、

梅ちゃんの出演スケジュールをチェックしたり、出るかもしれないと予想した番組を録画するようにしているそうです。


そうして録画した番組は、早送りやスキップ再生で、イッチーの目視チェックによる「ふるい」がかけられ、選ばれた番組だけが、レコーダーの「梅」フォルダに蓄積されています。


レコーダー内の「梅」フォルダには3種類あります。

それぞれ「梅1」、「梅2」、「梅3」と数字が付いているのですが、

「梅1」フォルダは歌番組、「梅2」フォルダは歌番組以外のバラエティ等、「梅3」フォルダは1人で出演した番組、というように分類しているそうです(正確には違うかもしれませんが、こんな感じ)。


「梅」フォルダに蓄積された番組の映像は、その後、イッチーによって再三にわたり視聴されることになります。


その視聴効率を高めるための工夫が、「チャプター」を付けることです。


ある日の1番組の中で、梅ちゃんが(見切れも含めて)登場する場面に「チャプター」を付けることによって、すぐに梅ちゃんの映像に飛べるようにしています。


しかし、「チャプター」付けにもトレードオフがあります。


登録できるチャプターの数に制限があるため、

チャプターの数が多すぎると、ハードディスクの空き容量に余裕があるように見えても、新たな録画に失敗することが起こります。


また、上記のような物理的な制約だけでなく、チャプターの数が多すぎると、結局は目的の映像に辿り着くのが難しくなってしまいます。

これは例えば、1冊の本の中で、また読みたいと思った箇所に「しおり」や「付箋」をつけておくと、後で読み直すときに分かりやすいのですが、10箇所も20箇所もついていると分かりにくいのと一緒だと思います。



でも、イッチーの情熱はすごいので、テレビ番組の映像には留まりません。


ネット、ラジオ、スポーツ新聞や雑誌、CD等、あらゆるメディアから梅ちゃんの情報を集めてきます。

梅ちゃんの情報は溜まっていく一方で、減ることはありません。


いくら厳選しているとは言え、厳選したものをチェックするだけでも大変だと思いますが、全く苦にならないみたいで楽しんでいるようです。

(私もそんなイッチーを見ていると、ついついライブのDVDを贈ってしまうのですが・・・。)



それだけ大好きな梅ちゃんなのに、イッチーは二度と梅ちゃんの握手会には行かないと言っています。

実際に会うと、ふと現実に返って落ち込んだり醒めたりするからだそうです。



ところで、イッチーが梅ちゃんのファンになったのは、シングル選抜総選挙32位の頃でした。

なぜ、そんな目立たない子を見付けて応援し続けられるのか、ぜんじーには到底理解できなかったのですが、

イッチーが応援し始めた翌年には22位に上昇して、

この間の27thシングル選抜総選挙では遂に16位となり、梅ちゃんは選抜入りしました。



もしかすると、イッチーには、人を見る目があるってことなのかな?



なーーーーんて、暗に「自分上げ」してみたぜんじーでした。



↑ぽちっとよろしゅ~★
スポンサーサイト
2012.07.08 (Sun) 16:06
1人お花畑
平日の夜は、布団に入って少し会話しただけで、すぐにぜんじーは眠ってしまう。


イッチーは、ぜんじーほど素早くは入眠できないので、

寝床に入った状態で、しばらくiPadで遊んでいる。


iPadに飽きると、完全に眠ったぜんじーと戯れたりする。


時にはイッチーが先生、ぜんじーが生徒役で、

イッチー:「この問題わかる人!」

ぜんじー役のイッチー:「はーい、はーい!!!(と言いながら、ぜんじの腕を持ち上げて挙手させる。)」

このような小芝居をしてみたりする。


ぜんじーの眠りが深いときには、イッチーが何をしても、ぜんじーは目を覚まさない。

ぜんじーのいびきがうるさいときは、時に頭をポカポカ殴ったり、

えーいっ!と、布団の向こうに蹴っ飛ばしたりするが、それでもぜんじーは眠ったままだ。


ところがある日、ソファで1時間半ほどのうたた寝をしたぜんじーは

いつもよりも眠りが浅かったようで、

イッチーが隣でゲームをしていると、

iPadのスクリーンをシャッシャシャッシャとスライドする音にまで反応して

ぜんじー:「う~~~ん・・・」

と、目を覚ましそうな様子。

寝返りの頻度も、いつもより多くて寝苦しそうだ。


イッチーはゲームを中断すると、ぜんじーの体の向きを自分の方に向けさせた。

そしてぜんじーをハグすると、

イッチー:(安心して寝てね。私は隣にいるよ。)

と心の中で呼びかけ、ぜんじーの背中を、手でゆっくりと、ぽん、ぽん、ぽん、としてあげた。


ぽん


ぽん


ぽん


ぽん


イッチーが、自らの、母性と慈愛に満ちた振る舞いに陶酔してお花畑気分になったその時、


ぜんじー:「んあ? ぁあ??? 」


ぜんじーが突然、眉間にシワを寄せてうめいた。しかも結構な音量で。

あえて字幕を付けるなら、

「せっかく寝てんのに、トントンして呼ぶのはイッチー? 何? 何の用事?」

といった感じだろうか。


ぜんじーは、「ふんっ」と鼻息も荒く、

寝返りをぐるんぐるん打ってあっちの方へ行ってしまった。



イッチーは少なからずショックを受けたが、

ふと、小学生時代の、あるシーンを思い出していた。



小学3年生のイッチーが、母親に叱られ、部屋の隅で膝を抱えて泣いていると、

「ニャー。」


いつもは抱かせてもくれない飼い猫が、心配そうにすり寄ってきた。


イッチーが顔を上げて、

「おいで。」

と抱き寄せると、素直に膝の上に乗ってきた。


猫の温もりと匂いを感じて

イッチー:(こういうの、テレビで見たことある)

と思いながら、幸せお花畑気分で猫をぎゅっと抱きしめようとした途端、


「ギャーーーッ!!!!フーッ!!!フーーーッ!!!!!」


猫は鬼の形相に変わると、イッチーを威嚇しながら疾風のように去って行ってしまった。



イッチーの人生における「1人お花畑気分が、ぶち壊された思い出」が、2つに増えたのだった。



↑ぽちっとよろしゅ~★
2012.05.19 (Sat) 21:12
のめりこんでいるらしい。
この週末は、イッチーの買い物に付き合ってきました。


紙に絵を描くだけでは物足りなくなってきたようで

靴に絵を描き始めたイッチー。


そのための、布に絵を描くペンだとか

アクリル絵の具だとかを買ってきました。

その他、手芸用品もいろいろ見てきました。


ぜんじーが手芸用品のお店に行くなんて、

仮想用の衣装を作るための布選びをした高校生以来でしたよ。

店内があまりにも広すぎて、いろいろ品物を見ているうちにイッチーを見失い寂しくなって

何度電話したか分かりませんw


いつの間にか、イッチーの部屋にはキャンバス地の無地の靴が仕入れ(?)られており

やる気が感じられました。


普段は集中力が散漫なのに

好きなことをしていると、どっぷり のめりこむイッチー。


今日も部屋に閉じこもって、早速、靴に絵を描いていました。

どんなものができるのでしょうか?


めっちゃおしゃれな靴が出来たら、ぜんじーにもプレゼントしてくれるかな?

ちょっと楽しみです。


イッチーがお風呂に入った隙に、部屋をのぞいて写真を撮ってみました。

 
 
2012.02.19 (Sun) 23:56
ぎっくりしたこと。
ぜんじーが彼女のイッチーからのメールに気付いたのは、

彼女の身に悲劇が起きた4~5時間後だった。

 
 
2011.11.07 (Mon) 00:55
テーブルの上に何これ?
リビングテーブルの上に置いてあった白い紙に

描かれてあった絵。





何これ?


nanikore




脚、長過ぎない?






夢に出てきそうです。



★↑ぽちっとよろしゅ~☆

ほんまにイラストを仕事にしている人の絵なのだろうか。。。
2011.04.09 (Sat) 02:44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。