2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.07.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
2人が快適に暮らすためには

ぜんじーとイッチーの住むマンションには、

ゴミ収集日の前日夕方から当日の朝8時までゴミを出すことが出来る小屋(?)がある。


引っ越してからしばらくは段ボールなどの嵩張るゴミがけっこうあったので

資源ごみの前夜に2人でゴミ捨てに行っていたが、

1人でも運べるくらいの量になってからは、善意でイッチーがゴミを捨ててくれていた。


当日の朝8時までだと、2人にとって、会社に行くには少し早い時間であるため、

ゴミを捨てるのは前日の夜の方が都合が良い。

そして、晩御飯で出た生ごみも一緒に捨てることが出来るタイミングがベストである(とイッチーは言っていた)。


しかし、ゴミ捨て小屋に行くにはエレベーターを下りて駐車場の方に出なければならないため、

夜遅い時間になると、寒さも手伝ってイッチーも腰が重くなる。

(夏になったらなったで、今度はゴキブリ大嫌いなイッチーは、余計に腰が重くなりそう。)

捨てないわけにはいかないけれど、行きたくないなぁ~的な雰囲気になる。

もちろんぜんじーも既にパジャマに着替えていたりするので、そんな服装で外に出たくない。


そんな状況下で、ぜんじーがイッチーに、

ぜんじー:「そろそろゴミ捨てに行ってくれば?」

なんて、(ぜんじーにとって)言いたくないこと・(イッチーにとって)言われたくないことを言ったりするので、皆さんご想像どおりの雰囲気になってくる。


これまでケンカをしたことのない2人だけれど、

こんなしょーもない事がキッカケで、いつかケンカしてしまうんじゃないか…と、

ゴミの日が近づくたびに、ぜんじーは危惧していた。


 
そうなる前に、対処しなければ…と考え、ぜんじーが提案を出した。


"ゴミの日の前日に、先に帰ったイッチーがゴミをまとめておいてくれれば、ぜんじーが帰宅した時にそのままそれをゴミ捨て場に持って行くよ。"と。

"その代わり、その日の晩御飯の生ゴミは次回になるけれど…。"と。


提案はあっさり受け入れられ、今はそのルールで動いている。


引っ越す前は、イッチーに任せっぱなしでゴミの日もろくに覚えていなかったぜんじーも、

今ではちゃんとゴミの日が分かるようになった。


低レベルなんだけど、この歩み寄りで、フラストレーションがたまることがなくなった。

イッチーも、前よりもっともっとぜんじーのことを助けてくれるようになった。

本当に、痒いところに手が届くほどの優しさをもらっている。


2人が快適に暮らすためには、相手への思いやりが大切。


わかっていたようで、実は全然分かっていなかったんだなぁ~と思い知ったので、

ここに書き記しておくことにした。



★↑ぽちっとよろしゅ~☆
スポンサーサイト
2010.03.03 (Wed) 02:27
緊張したけど嬉しかった日。

今日(あ、この記事が公開される頃は昨日)、

ぜんじーにとっての記念日が1つ増えた。



けっこう緊張したけど、とても楽しい日だった。



忘れてしまわないように、記事にしておこうと思う。


( . .)φ メモメモ・・・





2008.09.10 (Wed) 16:00
一 年 の 計 は 元 旦 に あ り 。
ドモ、アケマシテ オメデトウゴザイマ~ス



2008年、スタート シタネ。



イニシエノ エライ ヒトガ コウ イッタヨ。

イチネン ノ ケイ ハ ガンタンニ アリ ッテネ~。



コノ イチネンノ ケイカク ヲ Jan. 1 ニ キメテオクト イイヨ~ッテ イウ イミ ダヨネ~?




2008.01.01 (Tue) 11:25
反省しました。ありがとう。
ぜんじーの前のエントリー「交渉。」に関して、匿名ですがコメントをいただきました。



2007.12.05 (Wed) 23:04
へなちょこな自分へ。
このエントリーは、9月15日つまり飲み会の翌日に
イッチーからぜんじーに届いていたメールの内容と
それに対するぜんじーの返事。


へなちょこぜんじーの、自分への戒めの気持ちをこめて
忘れないように、書き記しておきます。
(長いです)


2007.09.17 (Mon) 21:06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。